国家犯罪



 正に、「あいた口が塞がらない」という表現が的確だろう。米エネルギー省提供の「放射線汚染地図」を日本政府が住民避難に活用しなかった「事件」である。経済産業省原子力安全・保安院は「住民避難に活かされなかったことは誠に遺憾で・・・・」と謝罪する。文部科学省は「情報が共有されるべきだった」と弁解する。

 この場に及んで、そのような謝罪や弁解は聞きたくもない。謝罪や弁解で済む話ではなかろう。SPEEDYによる予測図と違って、提供された汚染地図は信頼できる実測図である。それも震災直後の3月17日~19日に提供されたという。にもかかわらず、住民は国が指示するように、よりによって最も汚染濃度が濃い北西方向に避難したのだ。汚染を免れたかも知れない住民をむざむざと汚染させたのである。これは、れっきとした国家犯罪である。住民を放射能汚染地獄へと落とし入れた責任を、国はどう取るというのか。

 報道によると、情報は大臣にも官邸にも上がらず一部の人間に握りつぶされていたという。これも、にわかには信じられない。米国から爆弾情報を与えられて、右往左往した挙句に、知らず存ぜずで封印を決め込んだと思われる。万一、情報が発覚した場合は情報伝達の不手際にしようと決め込んでいたに違いない。さらに、震災から15ケ月経った今になって明るみになったことの不可解さが、不信をさらに募らせる。

 相も変らぬ情報隠しに呆れるばかりであるが、本件ばかりは呆れるだけでは済まされない。首相は大飯原発再稼動に際して、「私の責任で」と軽々に言う。が、何をどう責任とるというのか。何かあれば自決も辞さぬというのか。「責任を取る」とは、そういうことではないだろうか。もっとも、泥鰌一匹殺してもどうにもならないのだが。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マスコミは知っていたはずです

私は、この問題がこの時点で取り上げられたことに違和感を感じました。
今日「なるほど」と思うネット情報に接しましたので、ブログを書きました。
問題はマスコミにあるように思います。

Re: マスコミは知っていたはずです

爺さん、

この事実をマスコミが知っていたとしたら、

マスコミは知って隠すことによって
どのような得があるのでしょう。
今頃明かすタイミングとは何でしょう。

いろいろと疑問が出てきます。

何が真実なんだか。

この件について情報お持ちでしたら、
教えてください。

No title

国が、大事な情報を握りつぶした事実を
知らされても、国民は動かないし、大人しい。
自分が、誤った情報により殺されるかもしれないのに。
本当に、不思議な国です。
国家に責任はあるが、国民も、原因究明のため
声を上げ、行動しなくては・・・・

No title

言いたいことは
いろいろあるが
北朝鮮に
生まれなかったことは
幸運だと思う

Re: No title

トパーズさん、
こんにちは。
相変わらずの梅雨空です。

> 国家に責任はあるが、国民も、原因究明のため
> 声を上げ、行動しなくては・・・・

そこなんですよ。
日本国民の真の自立を願います。
私も行動します。

Re: No title

rippleさん、
良い話がありませんね。

> 北朝鮮に
> 生まれなかったことは
> 幸運だと思う

そりゃ、そうだ。
こんな不平不満も口に出せないんですから。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR