遠方の友を見舞う



 仕事の閑散期を利用して、気になっていた遠いふたりの友を訪ねることを思い立った。

 ひとり目の友は、今年2月にくも膜下出血で倒れて入院した彼である。彼は仕事で知り合った地元建設会社の40歳代の若き社長である。環境調査の仕事を依頼された延長に裁判があり、裁判のための鑑定書作成から最後は証人まで頼まれた。固辞したが、彼の男気に惚れて請けた。

 愛車ベンツを所有するも現場では軽トラをうならせ、喧々諤々と裁判のことから人生論まで現場で語った仲である。現場の田んぼの中に立つ一軒の小汚いうどん屋がある。そこのうどんが、今まで食べたこともない美味しさで、他府県ナンバーの車も来るほどの盛況である。そのうどん屋で待ち合わせをするのを常とした。そろそろ腐れ縁の仲になろうとしている友である。

 くも膜下出血で緊急入院して大手術をしたものの、発見と処置が早かったお陰で、脳や手足に支障は全くなく、現在はリハビリ専門病院に入院していた。突然の訪問でびっくりしていたが、大そう、喜んでくれた。帰り際に、退院したらうどん屋で快気祝いをやろうと、固い契りを交わした。

 もうひとりの友は建設資材会社の社長である。10年前までは会社の羽振りが良く、ヨーロッパ旅行にも一緒に何度も同行した。家族ぐるみで拙宅にも招待した。しかし、吾が拙宅とは大違いで、彼の自宅にはベンツとジャガーがガレージに収まり、ベルサイユを髣髴させる自宅庭園のパーテイーに何度も招待された。

 贅沢三昧の果てに、彼の会社は10年前から調子が悪くなり、最後は銀行管理下に置かれた。70歳を越す彼は実質的主導権から降りて、今は奥さんと娘さんが取り仕切り、100人ほどの社員を維持している。

 今は本社ビルを工場内に移転し、土地やビルを売却して落ち着いたという。酒を断って数年になる彼は以前よりもふくよかで健康的な生活をしているという。今はもうお金は要らないという彼の社長室には彼の唯一の趣味であるプラモデルが壁面一杯にずらりと並んでおり、それを見ているだけで幸せだと言う。彼も私の突然の訪問にびっくりしていたが、大そう喜んでもらった。

 人間、羽振りが良くて調子が良いときは、黙っていても周囲に人が集まるものだ。しかし、一端、下火となり弱り目になると、ひとりまたひとりと、人は離れていくのが常である。しかし、友の真価はそこから始まる。弱り目に祟り目になったときにこそ、会って励ますことが真の友ではなかろうか。今回、思い立ってふたりの遠方の友に会いに行って満足している。実は一番励まされたのは、弱り目の私なのである。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 「人間、羽振りが良くて・・・」以降、全く同感です。
サラリーマンの吾喰楽ですが、オーナーとしっくり行っているときは、みな寄って来ます。
反対のときは、実に酷い。
亡妻の葬儀にオーナーが来て下さいました。
すると、役員や部長も、大勢、来てくれました。
勿論、有り難いことですが・・・

Re: No title

吾喰楽さん、
こんにちは。

> 亡妻の葬儀にオーナーが来て下さいました。
> すると、役員や部長も、大勢、来てくれました。

それは吾喰楽さんの日頃の人間関係によるところ大でしょう。
奥様も、皆さんから慕われる夫であることに、安心して旅立ちされたことでしょう。

No title

金の切れ目が縁の切れ目なんていいますね。
geotechさんの訪問がどれほど嬉しかったことでしょう。

Re: No title

rippleさん、
こんにちは。

> 金の切れ目が縁の切れ目なんていいますね。

そんなことにならないように、
お金の貸し借りだけはしないのが信条です。

No title

羽振りが良くて、調子が良い時は人の真価は見えないものかもしれませんね。
本当の意味で寄り添ってくれる人は、落ち目のときこそ離れないものですね。
お二人共嬉しかったことでしょう。

度々ですが

こんばんは!

言葉足らずでした。
オーナが来ない(or来れない)と、来てくれる役員や部長は、途端に減る筈です。
香典だけ、誰かに預けるんですよ。
誤解が原因で、窓際族だったことがあります。
とはいえ、今、この年で同じ会社で働けるのは、有り難いことです。

No title

落ち目の三度傘になったり、窮地に立たされた時に、
何人が、温かい手を差し伸べてくれのか・・・・・・・
自分の真価を問われる機会でもありますね。

Re: No title

ミルフィーユさん、
お久しぶりです。
いつも楽しいブログを読ませていただいてます。

> 羽振りが良くて、調子が良い時は人の真価は見えないものかもしれませんね。

ほんとそうです。

> お二人共嬉しかったことでしょう。

はい、とっても嬉しそうでした。
私んとこにも誰か見舞いに来てくれてもいいんですがね~。
私の不徳のいたすところで・・・・・。

Re: 度々ですが

吾喰楽さん、

> 言葉足らずでした。

私こそ、早合点でしたね。
すみません。

> 誤解が原因で、窓際族だったことがあります。

そういうことはよくありますね。
サラリーマン世代のことを
いろいろ思い出します。

Re: No title

トパーズさん、
こんばんは。

> 自分の真価を問われる機会でもありますね。

人の価値について、いろいろと考えされられます。
少なくとも、私は人を裏切らないで生きようと思います。

友の真価

geoさん弱り目なんですか?
友の真価、、、、geoさんのおっしゃる通りです。
ま、お互い様だけど窮地に立ったときの友の
援護は嬉しいですね。
そんな友が何人いるか・・・それで男の真価が
分かりますね(^_^;)
ところで高知、、、時間があれば一献いかが?

Re: 友の真価

やまとおのこさん、
こんばんは。

> geoさん弱り目なんですか?

すっかり仕事も少なくなって弱り目です。

> そんな友が何人いるか・・・それで男の真価が

はい、進化しない分、真価に磨きをかけます。

> ところで高知、、、時間があれば一献いかが?

ありがとうございます。
今回は相手会社と食事することになっていますので、
早い時間は無理だと。
やまとおのこさんは高知
の繁華街にすぐ出れるところに
お住まいですか?
念のため連絡方法があれば
教えてくだされ。

こんにちは

ジオ様 こんにちは~
拝見していると、皆男っぷりのある人たちですね。
ジオ様の訪問を喜ばれた様子、浮かんで来ます。

ホント!状況が変わると、人はよく見えてますね。
弱っている時にかけてくれる言葉は、有難い。
ジオ様元気出して下さいなぁ~~


おはようございます^^

すっかりご無沙汰をしてしまいました。

ひとつ前の記事へのコメントからです。
テレビで何かが紹介されると、あっという間に売り場から商品が
消えるという現象が続きます。
私は買いません。一度も振り回されたことがありません。
そのため普段食べているものが売り場から消えると腹が立ちます。

ふっと気弱になった時、友達を思い出す事があります。
直接会っておしゃべりしたいな、と思いながら電話をかけます。
あんなに幸せそうだったのに・・・と驚くこともありますね。

みんな年を取っていきます。生活の変化に耐え、頑張っている友達に
会うと、自分も頑張らねばと思います。

No title

そうですか、やはり取引先の方と食事がね。

ボクは市内ではなく郡部に住んでいるので
市内へは車で一時間近くかかります。
だから、はいそれじゃぁ、、、てな訳にはいきませんが。
一応携帯のメールをボクのブログに載せておきます。

Re: こんにちは

まこさま~、
こんにちは。

> 拝見していると、皆男っぷりのある人たちですね。

はい、男気のある人に恵まれてます。

> ジオ様元気出して下さいなぁ~~

私は案外打たれ強くてしなやかですよ。

Re: おはようございます^^

おしゃれな猫さん、
こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰です。

> 私は買いません。一度も振り回されたことがありません。

偉いっ!その意思の強さ。

> そのため普段食べているものが売り場から消えると腹が立ちます。

なんか普通に生活している者がとばっちり受けますね。
迷惑な話です。

> みんな年を取っていきます。生活の変化に耐え、頑張っている友達に
> 会うと、自分も頑張らねばと思います。

そうそう。逆に勇気づけられますね。

Re: No title

やまとおのこさん、
こんにちは。

> ボクは市内ではなく郡部に住んでいるので
> 市内へは車で一時間近くかかります。

そうでしたか。
それじゃ今回は無理ですね。
また行く機会がありますので、
その時は是非とも。

> 一応携帯のメールをボクのブログに載せておきます。

ありがとうございます。

No title

年を取ってきますと誰しも健康を損ね、経済的には窮乏し、社会的交流が減ってきます。
私も友人達も殆どその例にもれません。
更に考えれば、家族すら疎遠になってきます。

条件を同じにする友とたまに語り合うのが、私にとっても最大の楽しみかも知れません。

Re: No title

爺さん、こんにちは。

> 更に考えれば、家族すら疎遠になってきます。

案外と、親戚が疎遠になりますね。

> 条件を同じにする友とたまに語り合うのが、私にとっても最大の楽しみかも知れません。

友が現在、どのような境遇にあるのか、推し量ることができない場合は、
遠慮してしまいますね。
旧知の友であれば、できるだけ付き合うようにしています。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR