続・小沢一郎考



 私は23日に「小沢一郎考」というタイトルのブログをアップした。消費増税に反対する小沢一郎に対する嫌悪感、その小沢氏に秋波を送る野田首相のだらしなさに言及した。その翌日、24日の朝日新聞の社説には「ああ、この仰々しさ」という記事が掲載された。その内容は私のブログ記事とほぼ同じであった。会うだ会わないだのといった仰々しさに対する嫌悪感を記していた。

 同じ紙面の朝日川柳に次なる句があった。
「会ってくれ ふられる男の言うセリフ」

 また同じ紙面には、強面(こわもて)のブタと柔面(やわもて)のブタを歪んだ顔のミイラがキューピットとして引き合わせる絵柄が、風刺マンガとして掲載されてあった。(説明文は私の文責による)

 国民の政治へのうんざり感はいずこも同じという印象である。このようにして国民と政治の距離を広げていくのだと感じる。まだ言い足らぬので、さらにひと言加える。いつも勿体顔で登場する小沢さん、あなたは何さまですか。一兵卒の被告の身であったのでは。それでも小沢一郎を弁護するという方がいるのであれば、その理由を聞かせてもらいたいものである。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR