『「その、あなた」でよい』


 郵便受けによく、宗教関係の冊子が投函されてある。無宗教無信心者の吾が輩には関係ないと、いつもはその場で捨てる。もしくは、見慣れない冊子の場合はしばらく玄関先に放っておく。なぜなら、後で宗教関係者が来て「見られましたか?見てなければ返却ください」と言われでもしたら大変だから。

 昨日も見慣れた冊子が投函してあった。すぐに捨てようと思ったが、玄関先に置き忘れた。ところがその冊子を、日頃、新聞も本も読むことのない間近な者が真剣に読んでいた。読書嫌いな者を読ませる冊子には、一体、何が書いてあるのか。冊子の内容に変に感銘して、その世界に入りでもしたらヤバイと思った。

 それで、冊子の中身を私が検閲することにした。『「その、あなた」でよい』は冊子のタイトルであり、著者は某有名宗教団体の、名が広く知れた創始者である。その中身を見ると、心にほころびを持つ者には、なるほどと思わせる内容である。しかし、方々に神や仏が散りばめられて、誘(いざな)う雰囲気が満載である。そのまま信奉されては困ると思い、神と仏から離脱した私の言葉によって編集し直し、それを代わりに読むように与えた。以下はその要約である。

第1章『「その、あなた」でよい』(吾は吾、わが道を生きる)

他の人々の存在を肯定するなら、
自分自身の存在も肯定しなさい。
「その、あなた」でよいのです。
あなたは、あなたの生き方をすればいいのです。

第2章『私もまんざら捨てたものではない』(自分を信じて生きる)

苦しみや悲しみのさなかにあるとき、
人は自己否定的になりがちです。
そうすると、ますます苦しい。
そんなときはむしろ、もっとさばけた目で
自分自身を見つめることが大切です。
「私もまんざら捨てたものではない」と。
それは、過信でもうぬぼれでもなく、自信です。
水辺から飛び立つ水鳥は、羽毛の表面にある油で水を弾く。
自信はその油です。
どのような不幸が訪れても、自信という油があれば、
心の奥底に引き込まれなくて済みます。

第3章『力を磨き、自分を大切に』(前向きに生きる)

与えられた不幸を負とばかり捉えず
前向きに考えられるように、
常々、自分の力を磨いて、自分を大切にしよう。
「肉親の死によって、私はいっそう強くなれる」
「友人が離れて、私にはまた別の素晴らしい人と出会える」
このように、前向きに考えることが大切です。

第4章『感謝の気持ちを持とう』(感謝の心がわが身を救う)

この世の万物に感謝の気持ちを抱けば、
そこから教訓が得られる。
自分は一見、不幸なようでも、
それは大きな時間の流れの中では、たいしたことではないと。
自分はいかに大きな愛を与えられているか、
自分はいかに恵まれているか、
そのように思えてくるのです。

 編集してみて思った。宗教冊子は無論、宗教への誘いを目的とする。だからして、表現方法などが一種、独特である。しかし、中身の本質は人生訓であることに違いはない。この冊子が言いたい人生訓は以下のように要約できる。

 今、身の回りに起きていることを、あれこれと神経質に考えずに、ゆっくりとした時間の流れの中のひとつの事象と捉えれば、また別の展開が開ける。私は私でいいのだ、仮に間違いがあっても、どうということないのだ、また良いこともあるさ。そう考えるだけで楽になれる。「降り止まぬ雨はない」、「明けぬ夜はない」、「悪いことも良いことも長続きはしない」大きな時間の流れに任せて生きると楽なもの。感謝する気持ち、自分を磨く努力を大切にしながら。悪い自分探しをするのではなく、自分の中にある良い子を信じて。

 まあ、こんなところです。ただひとつ確かなことは、救世主になれるのは神でも仏でもない。この私をおいて誰もいないということです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

貴兄は無宗教、無信心ですか。
私は日本人の典型かもしれません。家に神棚も仏壇も無いのですが、神様仏様のくちで、出歩く先に神社仏閣があれば、小銭があれば必ずお賽銭を上げて、自分の健康と家内安全を祈願します。
菩提寺は曹洞宗ですが、親鸞の「善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや。」を手前勝手に解釈で、非常に好きです。

Re: No title

爺さん、こんにちは。

> 貴兄は無宗教、無信心ですか。

はい。根っからの無信心者です。
無論、普通に墓にも神社仏閣にも祈りますが。

> 私は日本人の典型かもしれません。家に神棚も仏壇も無いのですが、神様仏様のくちで、出歩く先に神社仏閣があれば、小銭があれば必ずお賽銭を上げて、自分の健康と家内安全を祈願します。

それは私もいたします。
でも、神や仏に頼んでるのではありません。
自分の中の真心を呼び覚まそうとしているだけです。

> 菩提寺は曹洞宗ですが、親鸞の「善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや。」を手前勝手に解釈で、非常に好きです。

親鸞など名僧が残した言葉は大切にしたいですね。

No title

私も神社、仏閣があればお参りしますが、
無宗教です。
geotechさんが、改定された「その、あなたでよい」の
人生訓は分かり易く、説得力がありますね。

Re: No title

トパーズさん、
おはようございます。

> 私も神社、仏閣があればお参りしますが、
> 無宗教です。

やはりそうですか。
そういう人、結構多いですね。
何に対して拝むか。万物に対する感謝ですかね。
要は気持ちの問題ですね。

No title

どんな連休をお過ごしですか?
ゆっくりされていらっしゃいますか?

私は前半の激しい渦と後半の静かな時間との間で
何と言うか生きることの切なさみたいなものに出会っています。
柄にもないでしょうww
新聞によると
かつて銀座で長く英語ガイドのボランティアをしていた老人が
息子さんと二人ひっそり亡くなっていたのを発見出来なかったそうで
人はどんな功績を残しても その存在が明るい内に人生を終えなけれ
忘れ去られてしまう・・
どんなに鮮やかに生きても痴呆になればお荷物になる・・
上手く「終える」って難しい・・

何やらブログ記事のコメントにはふさわしくありませんが
救世主がいる内は十分幸福なのだと思いました。

Re: No title

チカさん、こんばんは。
この返事は、
思うところあって少しゆっくりして
差し上げます。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR