あの鳩は正義の使者か不正義の使者か?


 今日は別のテーマを考えていたが、折角のご意見を頂戴したので、急遽、変更した。
 
 物の見方は人それぞれによって異なる。異なる意見が出るから議論が深まる。議論が深まるから互いの「違い」と「同じ」が見えてくる。これぞ民主主義の根幹であり、異なる意見は大いに歓迎する。主人公は他でもない、あの鳩である。

 私があの鳩に「恥を知れ!」としたことに対して、憂国の詩人こと山猫軒さんが反論をぶつけてきた。私が恥鳩とした理由は、一端は辞任すると明言した人が今だに国会議員でいること自体が恥だと。次に、のこのこ単独でイランに行って、言っただ言わないだのと、向こうの術中にまんまと引っかかった恥である。これに対して山猫軒さんは、あの鳩はアメリカに隷属しない崇高な行動を示したと。さらには、イランとアメリカの険悪の仲裁役を担ったもので、逆に賞賛すべきだと。

 イランに対するアメリカの横暴的な仕打ちに正当な根拠はなく、日本はそのアメリカにこぞって隷属していることに何の疑いもない。その意味で、あの鳩は日本人にはないある種の信条をもった、文字通り平和の使者なのか。しかし、朝令暮改もはなはだしいあの鳩に確たる信条があるのだろうか、はなはだ疑わしいのである。さらに、いくら何でも彼は民主党員であり、二元外交と揶揄されれば日本の恥にもなる。彼が離党しての行動であればまた違う。それに一番大切なことは、彼がイランに行って何か改善されたのか。政治は結果がすべてである。恥を上回る結果があればまた違う。

 結局のところ、あの鳩は平和を運ぶ正義の使者なのか、規律を無視した能天気な不正義の使者なのか。どちらにしても、鳩の真価を語る以前に、我々はあの鳩そのものを信じていないのではないのか。

 これだけは間違いない。私も山猫軒さんも、こんなことを議論してるってことは、4月に入ってどちらも仕事が暇なのだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

化けの皮

あれが鳩というのはまったく信じられませんな。
羊の皮を被った狼という言葉がありますが・・・
このばあい、、、鳩の皮を被った宇宙人と
言うべきですかなヾ(@^▽^@)ノアハハハ
何しろあれが鳩だとは到底考えられませぬ。ヾ(▼ヘ▼;)

Re: 化けの皮

やまとおのこさん、
こんばんは。

>鳩の皮を被った宇宙人と

なるほど。
どちらにしても、人の子じゃないのでは。

普通の尺度では?

私も山猫軒さんのブログを読んで、一理あると思いました。
でも、鳩山さんに廉恥心が欠如しているのは否定できないと思います。彼は元々他人の女房を寝取るぐらいですから、普通の人間とはかなり違う感性に育ったのでしょう。勿論褒められた話ではありません。

一方山猫軒さんが指摘されている、IAEAの問題点(米国の代理人じゃないか)やアラブ諸国との友好関係の維持はわが国にとって大切ではないか、等については同意したいと思います。
両兄とも仰ることはよーくわかります。

無責任ですが、私の気持ちを少し書きます。
総理を辞める時に何故すぐに銀を辞めなかったのか?彼に聞いてみたいところです。元総理で一民間人として同じ行動をしていたら(イランの大統領が会見に応じたかどうか分かりませんが)随分男を上げたでしょうに。
政治に私財をつぎ込んできたことも評価したいのですが、バッジに拘っている限り評価が出来なくなってしまいます。思えば藤山愛一郎氏も最後はバッジとポストに拘りましたね。
しつくづく思いますに政界とは、訳の分からない特殊な人種、魔物の世界ですね。

Re: 普通の尺度では?

爺さん、おはようございます。

> 総理を辞める時に何故すぐに銀を辞めなかったのか?彼に聞いてみたいところです。元総理で一民間人として同じ行動をしていたら(イランの大統領が会見に応じたかどうか分かりませんが)随分男を上げたでしょうに。

そこですよね。カーター元大統領のように。

>政界とは、訳の分からない特殊な人種、魔物の世界ですね。

普通の尺度ではないってことですね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR