敵は財務省なり


 今ここで、消費増税の是非を議論するつもりはない。しかし解せないのは、「4年間は消費増税しない」と華々しく宣言した民主党がなぜそれを反故にしてまで消費増税に奔走するのかである。もっと言うならば、あの泥鰌総理はなぜ「命をかける」とまで消費増税に血気するのかを問いたい。

 その答えは、役者を見れば一目瞭然であろう。今の泥鰌総理は前財務相であり、泥鰌総理の親分でもあり恩人は税調会長の藤井さん。この藤井さんも元財務相である。内閣府の事務次官には財務省出身の松元氏を置く。おまけに、密室談合や大連立が噂される自民党の谷垣党首も元財務相である。すなわち、泥鰌内閣は発足と同時に消費増税のためにキャステイングされているのである。

 消費増税は、もとより財務省が自らの既得権益を守るための悲願である。大きな財布が財務省の権益に繋がる。その財務省と結託しての消費増税である。「脱官僚」を謳った民主党であるが、発足当時からこのようなシナリオは見えていた。当時、現総理も前原氏も国土交通省や農林水産省を叩いても財務省とは手を握ると明言している。

 なぜ民主党の政権交代は失敗したのか。官僚主導を打破して統治のあり方を根本から変えるとした民主党が、なぜこういう体たらくになったのか。無駄遣いを減らすにも財務省の支援が必要であったからだ。

 民主党は発足当初、財務省を使って無駄遣い削減のキャンペーンを大々的に行った。その見返りの消費増税である。おまけに、財務省事務次官の勝栄二郎氏の退官花道に間に合わせようという魂胆だからひどい話だ。さらに、財務省事務次官の勝栄二郎氏は東電の勝俣会長と繋がっている。消費増税問題と原発問題は、実は繋がっているのだ。

 結局のところ、民主党政府は肝心要の予算編成の主導権を財務省から奪っていないのである。敵は財務省にある。なのに、その敵の財務省と結託している。まさに、ミイラとりのミイラとはこのことだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういうことでしたか・・
泥鰌総理も使われているだけなんですね。
何が何だか・・下々は呆れ果てるばかりです。
関係ないですが
野田さん 少し太りましたよね。
それにまつ毛が伸びた気がしますww
何を見ていたのでしょうか・・

Re: No title

チカさん、おはよう。

> 野田さん 少し太りましたよね。
> それにまつ毛が伸びた気がしますww

動かぬ泥鰌は、太るし、髭も伸びるでしょうよ。

では今日も行ってらっしゃい!

その通り!

今最優先されるべき課題は、原発事故の終息と大震災災害からの復興復旧である事については誰にも異論が無いでしょう。こちらをお留守にして消費税に命を懸ける神経はどうしても理解できません。
法案成立のためにとして、野党との協力をテーマに、出来ない事を互いに承知の上で言葉の遊びをしているようです。
次の選挙が終われば協力するなら、それでいいじゃないですか。どんなに待ってもたった1年半です。どちらが与党になるかは知りませんが。

財務省の官僚は何を考えているのでしょう?少なくと国家の優先課題を取り違えているようにしか思えません。

おはようございます(^-^)/

勤務中です(ーー;)

チカさんと同じく、デブになったと感じていました。
睫毛が長く見えるのは、下を向くことが多くなったからだと思います。
前を見ろ!しっかりと!

Re: その通り!

爺さん、おはようございます。

> 今最優先されるべき課題は、原発事故の終息と大震災災害からの復興復旧である事については誰にも異論が無いでしょう。

全くもって同感です。

> 法案成立のためにとして、野党との協力をテーマに、出来ない事を互いに承知の上で言葉の遊びをしているようです。

ほんと、政争遊びしてますね。
情けないです。

Re: おはようございます(^-^)/

おしゃれな猫さん、おはようございます。

> 勤務中です(ーー;)

あらら、機用ですね、仕事中にi-phoneとは。

> チカさんと同じく、デブになったと感じていました。
> 睫毛が長く見えるのは、下を向くことが多くなったからだと思います。
> 前を見ろ!しっかりと!

アッハ、言うよね~。
はい、前を見るようにします(背筋伸ばして)!
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR