科学における専門の馬鹿と壁



 およそ専門家と呼ばれる科学者や研究者の多くは、すごく狭い専門的知識に長けているものの、専門分野から少し外れたことには案外、無知である。まして、多くの研究者は社会常識からは逸脱した人間が多い。いわば社会から隔絶された大学という闇なる巨塔の中で、専門的分野のさらに専門性の深い特定のテーマをひたすら研究しているからである。また、そうでないと国からの科学研究費は下りないというジレンマがある。長年、いろいろな大学と分野の研究者と付き合ってきたからよくわかる。

 これが所謂、「専門馬鹿」という奴である。だから、優れた専門家ほど自分の研究分野と関連性があっても専門から少し外れた問題には案外疎いものである。しかるに、科学技術の進歩は数多くの専門分野を補間するように多岐に発展していき、分野を跨ぐように多面的かつ巨視的な物の見方をしないと問題の本質は解決できないのである。

 この「専門馬鹿」に加えて、「専門の壁」が問題解決の大きな障害となる。例えば地震予知に関連する分野においては、工学系の地震屋が集う地震学会、理学系の地質屋が集う地質学会の他に地形屋、気象屋などが集う学会などがあり、それらは互いに見向きもしない。それに加えて、東大派、京大派といった派閥があって、これらの専門と派閥という大きな壁が科学技術の発展にとって大きな障害になっている。

 地震予知の大きな柱である地震と地質の壁について説明する。一般に工学系の地震屋は理学系の地質屋を卑下する傾向がある。工学が理学より偏差値が高いのもあるだろう。工学系の研究者は一般に社会や企業との繋がりが大きく、社交的で商売も上手である。方や地質屋というと、リュックにハンマーのイメージだから想像もできるでしょう。口下手で非社交的で、商売する気などさらさらない訳である。必然的に油と水の如き両者に大きな壁が生じる。ちなみに私は異色の工学系の地質屋なのです。

 この壁が大げさな言い方をすれば、東日本大震災を救えなかったとも言える。地質屋は東北地方を襲った過去の大津波の痕跡を丹念に掴み、大津波の発生間隔は平均して800年から1100年に1回と結論づけた。さらに、貞観11年(西暦869年)の貞観津波が歴史的に東北地方を襲った最大級の津波であり、それから既に1100年の時を経ていることを警告した。この警告は1986年の地震学会を発端に幾度も発したが、地震屋は見向きもしなかった。それどころか、地震屋はせせら笑い、1960年代に登場したプレート・テクトニクス理論にばかり傾注したのである。残念なことに社会もメデイアも力のある地震屋の意見ばかりを登用してきた。今もなお、テレビに登場する地震に関する研究者は地震屋ばかりである。

 最近になって一部の地震屋が地質屋と共同研究する動きが出てきているが、遅きに失する。科学の真実なるものは、多岐にわたる分野から多面的に総合的に研究しなければ見えてこない。それには、専門の馬鹿と壁を補間するコーデイネーター的役割を担う研究者が必要である。それと、社会とメデイアにも大きな責任がある。偏った意見ばかりを登用することによって、あたかもその考えが真実かのように定着するのである。その背景にはどうしても金が絡む。防災ビジネスや環境ビジネスが蔓延(はびこ)り、それが科学の真実を偏見へと導く。市民がスポンサーなる公正な情報チャンネルなるものも必要であろう。科学者だったら誰しも異論を唱える地球温暖化理論。この誤った理論が今ではあたかも真実のように定着し、世界がそれを基軸に回っているというおぞましい現実を、我々は決して見逃してはならない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Geoさん オヒサ

科学者の脳みそは凡人の脳みそとは異質なのがわかるよ
しかし、難しすぎて髪の毛をかきむしりたくなったよ
科学者ってナルシストのかったまりだと思っていたけど・・ね

地球温暖化理論って、温暖化は進んでいないって事なの?
世界中で温暖化対策をしているのは、アホの骨頂なの?



Re: No title

マトンさん、
こんにちは。

> 科学者ってナルシストのかったまりだと思っていたけど・・ね

そういうところはありますね。

> 地球温暖化理論って、温暖化は進んでいないって事なの?
> 世界中で温暖化対策をしているのは、アホの骨頂なの?

科学者の10人中7人位はどちらとも言えない、3人位は逆に寒冷化というでしょう。

No title

ええ~~寒冷化ですか?
混乱してきました

報道されている事が全てではないという事は判っては居るのでが・・・
でもやっぱり信じてしまいますね

Re: No title

さくら子さん。。
こんばんは。

> ええ~~寒冷化ですか?

ユーチューブでも
紹介してますけど、
今、URLは覚えてません。
調べて送ります。

納得です

ここにもバカの壁ですか、成程と変なところで納得してしまいました。
専門家の研究もナノ単位の世界まで来ると、生物と鉱物の境さえ超える必要があると聞いたこともあります。
私は毎月泌尿器科に通っていますが、お医者さんも専門医がいいのかどうか疑問を感じる時があります。
政治の党派も同じかもしれませんが、geotechさんがご指摘のように、何事も派閥の壁を超えないと、普遍的な真理みたいものに辿り着けないようにも思います。

Re: 納得です

爺さん、おはようございます。

> ここにもバカの壁ですか、成程と変なところで納得してしまいました。

どこにも馬鹿の壁はありますねえ。

> 私は毎月泌尿器科に通っていますが、お医者さんも専門医がいいのかどうか疑問を感じる時があります。

専門医と総合医の連携が一番望ましいでしょうが。

先日の宇宙線の動画をすべて見ましたよ。
あの地質学者は知ってます。
あそこで言っていることはそのままだと思います。
巨大な権力の前に真実が折り曲げられている現実があります。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR