活断層論議


 最近、活断層の話題がにわかに再浮上している。千葉県東方沖や敦賀湾の海底において新たな活断層が発見されたとし、それらが連動すれば想定外の巨大な地震が予想されるといった風潮である。これに対して、「ちょっと待て!」と、ひとこと言いたい。

 私自身、地質屋の端くれとして長年、断層を扱ってきたし、原発の断層調査にも関ってきた。数多くの活断層をこの目で見てきた経験から物申す。

 そもそも断層とは、読んで字のごとく地層を切るものである。1mm程度のシーム(超薄い層)でも地層を切ってれば、それも断層。若い断層は軟弱なガウジ(粘土や砂礫)を形成するが、古い断層はカタクレーサイトと呼ばれる堅い断層岩になっているものもある。このように断層は千差万別であり、断層はそこいら辺に無数にある。

 それが活断層となると、話は違う。活断層とは最近活動した断層であり、最近とは一般に地質年代の第四紀をいう。すなわち、およそ100万年以内のごく最近に活動した断層という定義がある。

 活断層であるか否かの判定には、100万年以内の新しい地層である更新統(洪積層)や完新統(沖積層)を切っているかを確認する必要がある。そのために、ボーリング調査をはじめとした地質調査を行い、最終的にはテストピット(観察溝)を掘削して断層周辺の地層を観察する。それでも学者によって地層の見立てが異なり、活断層の判定には個人差が出てくる。岐阜県の根ノ谷断層など有名な活断層はテストピットごと資料館になっていて、このような断層は誰が見ても活断層とわかる。しかし、多くの活断層はその判定が難しいので確実度を三段階に分けている。

 地表の断層であって直に見ても活断層の判定が難しいものを、海底の活断層の判定は至難の業である。音波探査などで海底の地形や岩盤の状況を探査すれば、断層らしきものが掴める。そこいらを海上ボーリングによって地層を確認すれば、どの地層をどのように切っているのかわかる。しかし、こと海底の話である。海底に潜水夫が潜ってわかるものでもない。地層を直に観察できるわけではない。それに、海底には鍵となる更新統(洪積層)の存在が少ない。

 海底における活断層の抽出と認定はそれほどに難しいものである。地質学者は恐らく見向きもしないであろうものを。だとすれば、彼らはなぜ活断層と言うのか。発表する人間はみな地震学者である。地質学者はひとりも出ていない。彼らの常識では海底に掘りこまれた明瞭な溝はイコール断層であり、断層イコール活断層であるとの認識であろう。

 念のため、私は日本における活断層の第一人者のひとりである私の恩師に電話で確認した。千葉県東方沖や敦賀湾の海底で新たに発見したとされる活断層について。案の定、にべもなく笑って突き返された。活断層だったという情報がいきなり出るのもおかしい。原発建設のために今まで隠していた情報を今になって出したのか。あるいは海底の断層を安全のために活断層と認定した場合を検討し始めたということか。それにしても、それらが連動するなんて、どのような理屈で予想しているのか、地質屋の立場では全く理解できないのである。





活断層
(所蔵の活断層文献の一部です)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

専門的なことはわかりませんが
ジオさんが述べていることは何となく理解できるような・・・

浅薄な国民・・いや、わたしなどすぐに真に受けてしまいそうな
事象を、したり顔で話す地震学者・・・おぞましいです。
専門的立場から見ると失笑に値するのでしょうね。

ジオさん、大きく声を挙げてね~~

No title

<それにしても、それらが連動するなんて、どのような理屈で予想しているのか、地質屋の立場では全く理解できないのである>

私はてっきりそれぞれの活断層の動きによって連動した動き(?)があるのだと思ってましたよ~~

お話は少し方向がちがうかも知れませんが、山を歩いている時に気付くのですが、谷を過ぎるといきなり周囲の土の色が代わります
あるところでは素人の私にも判るような堆積層が見えます

そんな事を考えながら周りをキョロキョロしながら歩いてます
前から誰かくると恥ずかしい時があります

あの叔母さん崖を見つめて何をやってるのだろう・・・?ってね(笑)

メディアも問題?

なになに?
条件満たしていれば1mmでも断層なんですか~
4年以内に70% 千葉県東方沖に活断層・・
また惑わされちゃってる訳ですね?

No title

専門的な内容で正しく理解できたかどうか、地震は、あ、いえ自信はありませんが、<活断層とは最近活動した断層であり、~~~最近とは100万年以内に・・・・>最近、が100万年前!!

地質学というのは気が遠くなるような時間軸の中に居るのですね。

おおむね、地震学者がTV出演し、断層については専門家である、地質学者は表に出て発言していない・・・・

要は、千葉県東方沖の海底の活断層が巨大地震の引き金になるかどうか、・・・geoさんの先生が、ダイジョーブ・・・やったあ!
でも、取り敢えず色々用意はしておきますが、何しろ千葉県在住、なので。(太平洋環状地震滞?に思いっ切りいますね~)
しかし、何を根拠にマスコミで大々的にしているんでしょうか?
私なんぞには良く分かりませんが、あのような予想もつかない大地震の起きた時の言い訳をあらかじめ用意している?
益々分かりません。
しかし、江戸時代に銚子から勝浦・鴨川辺りまで九十九里一帯で約3万人の死者が出た、という記録は残っていますし、また隣町の平野部には地震で亡くなった人の霊を慰める、道祖神、お地蔵様、慰霊碑等が至る所にあるようです。
その江戸時代の地震から、二百数十年~三百年近く経っています。
そろそろ、という危機感は拭えません・・・・・
それは何処に居ても一秒後の未来には何が起こるかは分からない、ですから。
送信・・・・無事、届いたかな?

Re: No title

しあわせさがしさん、
おはようございます。

> 事象を、したり顔で話す地震学者・・・おぞましいです。
> 専門的立場から見ると失笑に値するのでしょうね。

ですです。何をこのおっさん言ってるん?
てな感じです。

> ジオさん、大きく声を挙げてね~~

私が吼えても、田舎侍の馬鹿の遠吠えで終わります。

Re: No title

さくら子。。さん、
おはようございます。

> 私はてっきりそれぞれの活断層の動きによって連動した動き(?)があるのだと思ってましたよ~~

連動って言葉は容易いのですが、
どのようなメカニズムで連動するのか
言ってもらわまいとね。
素人騙すのには都合のいい言葉です。

> お話は少し方向がちがうかも知れませんが、山を歩いている時に気付くのですが、谷を過ぎるといきなり周囲の土の色が代わります
> あるところでは素人の私にも判るような堆積層が見えます

えらい!そこですよ。そのような現場での感性が大事です。

Re: メディアも問題?

チカさん、
おはようございます。

> 条件満たしていれば1mmでも断層なんですか~

1mm程度の断層、そこいら辺に無数にありますよ。

> 4年以内に70% 千葉県東方沖に活断層・・

そんな具体的な数字が出ること自体、
眉唾ものです。

Re: No title

ミルフィーユさん、
おはようございます。

> 最近とは100万年以内に・・・・>最近、が100万年前!!
> 地質学というのは気が遠くなるような時間軸の中に居るのですね。

そうです。私たちの感覚では100万年はごく最近。
まだ1万年も生存していない人間が偉そうなこと言うなと。

> おおむね、地震学者がTV出演し、断層については専門家である、地質学者は表に出て発言していない・・・・

地質学者はシャイで不器用でお金儲けが下手で口下手なんです。

> 要は、千葉県東方沖の海底の活断層が巨大地震の引き金になるかどうか、・・・geoさんの先生が、ダイジョーブ・・・やったあ!

日本海溝、その程度の断層はどこにもあります。

> でも、取り敢えず色々用意はしておきますが、何しろ千葉県在住、なので。(太平洋環状地震滞?に思いっ切りいますね~)

そう。環太平洋という宿命が一番大切です。
その環太平洋の先端に千葉があるということです。

> しかし、江戸時代に銚子から勝浦・鴨川辺りまで九十九里一帯で約3万人の死者が出た、という記録は残っていますし、また隣町の平野部には地震で亡くなった人の霊を慰める、道祖神、お地蔵様、慰霊碑等が至る所にあるようです。
> その江戸時代の地震から、二百数十年~三百年近く経っています。

地質学者は以前からそのことを訴えてますが、地震学者は聞く耳をもちません。

流石です

geotechさん 流石にご専門だけ説得力十分です。
100万年前の地層が新しい地層もびっくりです。
地表はしわくちゃで断層だらけなんでしょうかね。
どんな意図があってこの発表になったか分かりませんが、マスコミは何も分からずに受け止めて垂れ流すだけでしょう。
地震学会の先生に、国内で地震発生の可能性が無い場所を教えてもらいたいものです。

Re: 流石です

爺さん、こんにちは。

> 地表はしわくちゃで断層だらけなんでしょうかね。

しわくちゃもしわくちゃです。
海外なんかはすっきりしてますが。
地質が悪いから日本は青函トンネルや黒部ダムなど
地質学の腕をあげてきました。

> どんな意図があってこの発表になったか分かりませんが、マスコミは何も分からずに受け止めて垂れ流すだけでしょう。

おそらく前々から断層の存在はわかっていたのではと思います。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR