原発住民投票の行方


 原発はイエスかノーか。それを住民で決める住民投票を実現するには、険しいハードルと長い長い道のりが待ち構えている。署名集めから署名審査、条例制定請求、議会召集、条例案の議会付議、条例交付と、それはそれは気が遠くなるほどである。その第一歩となるのが署名集めであり、有権者の2%以上の署名が集まらねばならない。

 市民グループが大阪市と東京都において署名活動を行っているが、いまひとつ盛り上がらない。大阪市の場合は今月9日に既に署名期間が終了し、請求に必要な4万2673人を上回る6万1087人分が集まったと発表した。しかし東京では、必要な21万4236人に対して9万5000人程度しか集まってなくて、相当に苦戦している。

 苦戦の要因のひとつに、当の首長がそっぽを向いていることがあげられる。大阪の橋下市長は住民投票そのものに懐疑的である。東京の石原都知事に至っては、センチメンタルでありヒステリックであると突き放す。

 住民投票の条例制定までの道のりと手順は確かにまどろっこしい。それが橋下市長の懐疑に繋がるのであろう。しかし、石原都知事のセンチメンタルでありヒステリックであるとはどういうことか。住民投票の準備の署名集めをすることが、センチメンタルでありヒステリックなのか。それは、優柔不断な日本人の性格を見越した詭弁としか、私には聞こえない。

 そもそも、住民投票は原発の是非を問うものであり、原発推進でも原発反対の立場でもない。住民投票実現のための署名活動は原発の是非を我々の手で決める準備をしようというものだ。原発推進を腹に隠す首長が躊躇するのは理解できる。しかし、国民自体がどこか盛り上がらないのはどういうことか。今この国で最大の懸案事項を、最も民主的な住民投票によって選択しようとする動きに、住民すら躊躇しているのはなぜなのか。

 あれほどの災害や事故に見舞われながらも、まだ日本人は立ち上がろうとしないのはなぜなのか。どこか他人任せな気分や事なかれ主義に流されているのか。仮に当該住民が署名すらしないというなら、その住民は原発の是非について今後、意見をすることなかれと思う。大阪市民でも東京都民でもない私がやきもきしても始まらないのだが。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

geoさん オヒサ(-_-;)

住民投票は原発の是非を問う準備段階ではあるが、
現政権の腐った政策を考えると、寒い中署名を求める
人達の努力が水の泡となるのは目に見えている。
政府が躍起になって原発推進強行体制にある限り
東電は平気で値上げを打ち出している。
値上げ路線を突っ走る野田総理の白々しいウィンクに
あ~ぁ 腹が立って仕方がない。

Re: No title

マトンさん、お久しぶりですね。
お元気でしたか?
オフ会は楽しまれたようですね。

> 現政権の腐った政策を考えると、寒い中署名を求める
> 人達の努力が水の泡となるのは目に見えている。

実現するか否かよりも、そういう気運が大切ですよ。

> 政府が躍起になって原発推進強行体制にある限り
> あ~ぁ 腹が立って仕方がない。

国民のほとんどが腹を立ててますが、その割りに何も発しない
この国民性。
お人よしなのか、目立つのが嫌いなのか、
さもなくば島国根性なのか。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR