とんど



 昨日は1月15日の小正月。近所の公園で「とんど」をやっているので、久しぶりに参加した。西日本では「とんど」と言われているが、関東などでは「どんど」と言い、こちらの方が正式な呼び名である。また、古くは「左義長(さぎちょう)」と言う。毬を打つ長柄(ながえ)の槌である毬杖(ぎっちょう)を三本立てたのが語源らしい。

 今では、長い竹を円錐形状に組み立てて火を焚く、冬の風物詩となっている。正月の門松、松飾、しめ縄、七五三飾り、書初めなどを持ち寄って焼く。子供が小さかった頃、西日本では町内会や子供会の行事として定着しており、あちらこちらの町内で一斉にやっていた。しかし、最近ではあまり見なくなってきた。少子化のせいなのか。それとも、最近ではやれ危ないとか防火安全上とか、何かと小うるさい連中が多いためなのか。いずれにしても、寂しい限りである。

 長い竹の先を割って餅を挟んだものを町内会で用意し、集まった子供たちに配る。子供たちは竹の先っぽを炎に差し出し、餅を焼いて食べるのを楽しみにした。また、アルミにくるんだ薩摩芋を投げ入れて焼き芋にする。正月に何した、どこに行ったとか、雑談の輪が広がり、町内の連帯も深まる。大人はその延長でお酒を飲んだりしたものだ。

 燃えたぎる炎を見ていると、昨年の悪夢をすべて焼いてしまいたい気になる。ともあれ、火で焼いた餅を食べて無病息災を祈った。



とんど
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

懐かしい!とんどの風景。
子供の頃を思い出しました~♪
竹の先に挟んで焼いたお餅。
こちらでは、神社で去年の御札をささやかに焼くくらいです。

No title

お飾りをしない
燃やせないものが多い
燃やす場所がない
どんどん焼も
すたれる一方ですね

Re: No title

greenさん、こんばんは。
昨日は「歩こう会」があったようですね。
関西にいると、お仲間が集まり易くていいですね。

> 子供の頃を思い出しました~♪

greenさんが子供の頃にもあったのですか?
私は自分の子供の頃には記憶がないですね。
知ったのは結婚後です。

> こちらでは、神社で去年の御札をささやかに焼くくらいです。

次第に、町内の行事が少なくなって寂しいですね。

Re: No title

rippleさん、こんばんは。

> 燃やせないものが多い
> 燃やす場所がない

そうか、プラスチックもありますからね。
何かと環境だのと、小うるさいですからね。

どんど焼きですね

geotechさん
お早うございます。懐かしい風景を拝見しました
長野では仰る通り「どんど焼き」です。
子供にとっては楽しい遊びでした。特に町内の子供達が一致団結して町内のしめ飾りを集め、他の町の連中に浚われないようにする事が大事でした。逆にこちらから他の町に攻め込んで、より多くの注連を集めて火勢を強める狙いもありました。
私なんぞは最も下っ端でしたが、お兄さんたちとの協同作業に加わらせてもらえて、一所懸命だった記憶があります。

Re: どんど焼きですね

爺さん、おはようございます。

> 長野では仰る通り「どんど焼き」です。

やはり、「どんど」ですか。

> 子供にとっては楽しい遊びでした。・・・・・

このような遊びが地域にとって大切なのですが、
次第になくなり、寂しい限りです。

No title

やっぱり西日本はとんどと言うのですね。
私は自分が間違って覚えているのかなぁと、思いました。

とんどの火で焼いたお餅は、美味しいでしょう。
私は、素朴な味で好きです。
火にも当たったし、きっと今年は無病息災となるでしょう。


Re: No title

まこさん、こんにちは。

> やっぱり西日本はとんどと言うのですね。
> 私は自分が間違って覚えているのかなぁと、思いました。

「とんど」で間違いないです。
とんと忘れてました。(←駄洒落のつもり)

> 火にも当たったし、きっと今年は無病息災となるでしょう。

ええ、シニアの皆さまともども無病息災であることを
祈ります。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR