余生の生き方

 ある年齢以上の知識人に人生観を尋ねると、よく「生かされている」という言葉が出てくる。それを聞くと、少し違和感を覚える。その言葉が受動形であること。そして、だったら「一体、誰に?」と考えてしまうからである。そう考える時点で、私はもう十分に理屈っぽいのだろう。

 この場合の「生かされている」とは、別に誰からでもないのだろう。言葉を発する本人すら、多分、意識していないと思う。あえて誰からかと尋ねられれば、神からだと答えるだろう。すなわち、「生かされている」とは“生きていることに感謝する”または“万物に感謝しながら生きたい”という「生きることへの感謝と願い」の気持ちなのであろう。

 私の場合、30歳のときに大病を煩って生死をさまよった。以来、その後の人生は「おまけの人生」だと自分に言い聞かせた。気負いすぎるとまた大病すると、自分への戒めの気持ちでもあった。が、それに乗じていい気になり過ぎた。そして気づけば、その「おまけの人生」は仮の生前よりも長くなってしまった。

 「生かされている」にしろ「おまけの人生」にしろ、その日その日を有意義に真剣に生きることが大切なのだろう。私の場合、取りあえず、今月末の締め切りに間に合うように報告書を作成しなければならない。毎日、毎日、期限を意識しながら生きていること、これすなわち「生かされている」というなのだろう。改めて、現役で働けることに感謝である。

 「余生をどう生きるか」ということと同時に、「余生をどう終えるか」という命題もある。人によっては、ある日、突然ポックリ死にたいとか、ひっそりと終えたいとか、できるだけ他人に迷惑をかけないで終えたいと言う。しかし、こればっかりは自身の思いのようにはならない。

 しかし、「余生をどう終えるか」という自身の希望に沿って、準備だけはできる。たとえば、「故人の希望により家族だけで密葬しました」なんてのがある。そうするのかどうか、準備は今からでもできる。ちなみに私の場合は、そんなのまっぴら御免であり、飲めや歌えの大盛況にやってくれと、常々、申し伝えてある。そのために、いざという場合の連絡網をエクセルで準備中である。

 それでも「断捨離」ではないが、少しずつ身辺整理も必要だろう。最後は母がしていたように、ダンボールに白装束など旅立ちの準備までするのか。その前に私の場合には、あくまでも筋道を通して語り、謝るべきは謝ろう、すなわち「談謝理」を貫こうと。

 今日で63歳となる、まだ明けきれぬ寝床の中で、つらつらとそんなことを思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

誕生日、おめでとうございます。

心臓や脳など
自分で動かしている
という意識はない
たしかに大いなる力に
生かされている

いつまで生かしてもらえることやら。(^-^)

Re: No title

rippleさん、こんにちは。
急に寒くなりましたね。
お変わりありませんか?

> 誕生日、おめでとうございます。

ありがとうございます。

> 心臓や脳など
> 自分で動かしている
> という意識はない
> たしかに大いなる力に
> 生かされている

そういえば、そうだ。
確かに。
やはり、生かされているのか。

やはり生かされている

geotechさん  こんばんは~

 私もやはり rippleさんとおなじです。
今日一日自分ひとりの力で過ごせたとは言えないと思います。
目に見える人、見えない人の見えるもの、見えないもの何らかの
お蔭があって過ごせたと思います。 
大切なのは「感謝の心」だと思います。

誕生日おめでとうございます

1年に一度の「自分の生まれた日」と言うのは
いろいろ考える契機になりますね。

目に見えないものへの感謝・・・
大事にしたいです。

No title

お誕生日でしたね。
勿論、おめでとう、で宜しいのですよね。

生かされている、という感覚は年をとればとるほど、おそらくピュアになるのでは無いかと思っています。

若い頃ほど気負いはないし、しかし経験がどっしりと宝のように、ときには重石のようにのしかかり、気だけは若くて一筋縄ではいかない自分と向き合って、これから最後の時を想像することが多くなるだろうと思います。
私などはまだ、明確には浮かんで来ません・・・・
きちんと生きてこなかった、罰でしょうか。

Re: やはり生かされている

レチチアさん、こんばんは。

> 今日一日自分ひとりの力で過ごせたとは言えないと思います。
> 目に見える人、見えない人の見えるもの、見えないもの何らかの
> お蔭があって過ごせたと思います。 

さすが、そうだと私も思います。
こう思えるようになったのも、
最近のように思えます。

> 大切なのは「感謝の心」だと思います。

ありがとう、大切な意見、私しかと受け止めます。

Re: 誕生日おめでとうございます

しあわせさがしさん、寒くなりましたね。

> 目に見えないものへの感謝・・・
> 大事にしたいです。

そこです。目に見えないものが多いんです。
それに気づいてないことも。
じっと目を凝らして感謝の相手を探すとしましょう。

Re: No title

ミルフィーユさん、こんばんは。

> 勿論、おめでとう、で宜しいのですよね。

今日、一番でお祝いメッセージいただいて超、嬉しかったです。

> 生かされている、という感覚は年をとればとるほど、おそらくピュアになるのでは無いかと思っています。

普通はそうですが、私はますますドロドロしてるんですが、
これって、私の不徳ですね。

> きちんと生きてこなかった、罰でしょうか。

いえいえ、貴女はしっかりとその時々を生きてらっしゃったと思います。

No title

目覚めに、頭を過ぎる事は私にもよくあります。
それにしても談捨離は少し早いのでは?と思います。
余り早く済ませると生きる欲まで気薄になるように思います。
人それぞれでしょうが、私は古希を迎えてから全てを整理しました。

余生をどう終えるか? 
「ありがとう」の言葉で終わりたいですね。

No title

涅槃への旅立ちの準備・・・・年齢的には
決して遅くはないと思うのですが、どうも
人事のようで、ピンときません。
皆さんの心構えなどを拝読して、我ながら
呑気だとつくづく感じました。

おめでとうございます

1日遅れになりましたがお誕生日おめでとうございます。
益々お元気でご活躍ください。日記も楽しみにしています。
旅立ちの準備にはまだ少し早い気もしますが、周到な準備をするのは悪い事ではありません。むしろ見習いたいのですが、どこから手を付けていいものか分からず、結局何もしていません。

Re: No title

奈良の与作さん、
本年もよろしく。

> 余り早く済ませると生きる欲まで気薄になるように思います。

そうですね。やはりということのないように。

> 人それぞれでしょうが、私は古希を迎えてから全てを整理しました。

そうですか。すべてというのは、どんなものなのでしょう?

> 余生をどう終えるか? 
> 「ありがとう」の言葉で終わりたいですね。

いい言葉をいただきました。
まさに、そうですね。
いただきます。

Re: No title

トパーズさん、おはようございます。

> 涅槃への旅立ちの準備・・・・年齢的には

すみません。「涅槃」とはどう読むのでしょう?
辞書で調べてみたのですが、わかりません。
「涅」はゼツ、ネツ、「槃」はハン?

> 皆さんの心構えなどを拝読して、我ながら
> 呑気だとつくづく感じました。

私もそういいながら呑気なのですよ。

Re: おめでとうございます

爺さん、おはようございます・

> 1日遅れになりましたがお誕生日おめでとうございます。

はい、ありがとうございます。

>日記も楽しみにしています。

つたない駄文ですが、おつきあいください。

>どこから手を付けていいものか分からず、結局何もしていません。

多くの方がそうだと思います。
あまり早くやりすぎると、向田邦子さんの二の舞にならないとも。

No title

涅槃→ねはん と読みます。
涅槃とは仏教用語で、極楽浄土という意味と聞きました。
私は、極楽浄土行きを希望していますが、こればっかりは
死んでみないと分かりません。

Re: No title

トパーズさん、おはようございます。
こちらは10時30分です。

> 涅槃→ねはん と読みます。
> 涅槃とは仏教用語で、極楽浄土という意味と聞きました。

いろいろ辞書を調べましたがわからなかったのです。
ひとつ勉強になりました。
それにしても、いろいろご存じなのですね。

> 私は、極楽浄土行きを希望していますが、こればっかりは
> 死んでみないと分かりません。

私も行きたいですが、たぶん、行いが悪いから
そうならないと思います。
あの世ではトパーズさんとは離れ離れですね。
寂しい(泣)。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR