私のふる里は・・・(3)


ここ、山口の湯田温泉には数々の老旅館がある。

中でも、この「松田屋」は江戸時代に築庭され、
高杉晋作をはじめとする明治維新の志士たちが集った歴史ある旅籠である。


松田屋


さてそのお値段はというと、聞くのも恐ろしいくらいである。
私なんぞは、料金以前に、門構えから躊躇してしまうほどである。

ということで、「松田屋」さんのはす向かいのホテルに逗留した。

山口市には、中也や山頭火が口にしたであろう地酒も多い。
その地酒を酒屋で角打ちして足湯に浸かるなんぞ、申し分なきしあわせである。


山口地酒


その後、学生時代以来となる雪舟庭園に赴く。

正式には常栄寺雪舟庭園である。
500年前に大内の殿様が別荘として雪舟に作庭を依頼したものと言われている。

雪舟庭


この庭を目前に、座禅して過去の悪事を反省しようとしたが、とても寒くて止めた。

帰り道、学生時代に作詞作曲した曲を口ずさんだ。
題名は『こんな街だよ山口は』

(一)
雪の白さが眩しくて 見上げる亀山 ザビエルの
霧の緑に囲まれて 鐘がなるなる 道場門
こんな街だよ こんな街だよ 山口は

(二)
続く赤松 追いながら はるばる奥山 雪舟の
石の庭にも 思い出が 凍り付いてる 霜のよに
こんな街だよ こんな街だよ 山口は


今回のふる里への帰郷は
いろいろな意味で有意義であった。

山口を代表する歌人といえば、中原中也と種田山頭火、それに金子みすず。
私には中也のような孤高を真似することはできない。さりとて、山頭火のように邪心なき朴訥人にもなれない。さらに、みすずのように瑞々しき心広き人間にもなれない。

結局、私は私なのである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新年開けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。今年も宜しくお願いいたします。
何やらきなくさい年になりそうですが、お互い一踏ん張りですね。

No title

あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。いつも読み逃げで失礼いたします・・・

Re: No title

やまねこけんさん、
あらら、お珍しいこと。
温泉場に猫がいたが、
あの猫がここまで追ってきたのか。

冗談はともかく、今年もよろしく。

現在、社員の遣り残した北海道の仕事を
まとめてまして、カタカナの地名に
苦慮しちょります(山口弁)。

Re: No title

dorucasuさん、
お久しぶりです。
お元気でしたか?
あちこちで出没されているのは
知ってましたが。

>  本年もよろしくお願いします。いつも読み逃げで失礼いたします・・・

こちらこそ、よろしゅうに。
読み逃げ大歓迎どす。

No title

あけましておめでとうございます。
私も読み逃げ?のくちです(*^^)
いつもお勉強させて貰っています。
山口は維新の志士ばかりでなく、詩人も結構いらっしゃるんですね。
金子みすずは以前ドラマで見て
身近に思えていました。

よいお正月されたんですね。

Re: No title

greenさん、こんばんは。
今年もよろしく!

> 私も読み逃げ?のくちです(*^^)

はい。逃げちゃってください。
追っかけますから。

> よいお正月されたんですね。

はい、おかげさまで。

No title

山口県は、観光スポットが多いんですね。
折があったら、、この湯田温泉の「松田屋」にも
是非泊まってみたいなぁ~♪
どんなもてなしがされるのか、体験してみたい。
でもイチゲンさんは、ダメなのかしら?

Re: No title

トパーズさん、
こちらは只今午前零時です。
こんにちは。

> でもイチゲンさんは、ダメなのかしら?

最近はどなたでもいいみたいですよ。
ただし身なりだけは御注意ください。
私みたいにジーンズでは駄目のようで。

是非、おいでくだされ。
案内しますよ。

No title

↑ geoさん、優しいお言葉有難うございます。
その時が来たら、お世話になりますので
宜しくです。

Re: No title

トパーズさん、
まかしてくだい。
遠慮なく。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR