読書の秋によせて


 読書週間にちなんで、毎日新聞は小中学生と高校生を対象にして、好きだと思う伝記を毎年、アンケートしている。その順位は、小中学生と高校生とも男女で順位が同じだそうだ。男子の場合、小中学生、高校生ともに、1位がイチロー、2位がエジソン、3位が野口英世である。また女子の場合は、1位がヘレン・ケラー、2位がマザー・テレサ、3位がナイチンゲールという。

 男子、女子ともに1位から5位まで、同姓の伝記を選んでいるのが興味深い。それと、選んだ理由について、男女とも「努力しているから」をあげている。いかにも日本的感覚であり、なんだか懐かしくて嬉しいような気分がするが、逆に少しつまらない気もする。エジソンや野口英世など、その顔ぶれは昔とちっとも変わり映えしないが、男子の1位のイチローには驚いた。伝記というのは、大人が勝手に故人の偉人伝と思っているだけであって、その定義はない。それも現役バリバリの選手を選ぶあたりは、如何にも型にとらわれない現代人の考え方ともいえる。さらに、織田信長や真田幸村などが武将者人気に押されて上位に位置している。テレビやゲームの影響も大きい。

 そういえば、10月24日、作家・北杜夫さんが亡くなられたことが報じられていた。「どくとるマンボウ青春期」などの「マンボウシリーズ」が再び、ブームになることだろう。北杜夫さんといえば、大歌人・斉藤茂吉の息子であることはあまりに有名である。父親と同様に医学と文学を志した青年であるが、父の存在に畏怖を抱き、反発を覚えた青春であったろうと想像する。そのことがペンネームを変え、父とは違う文学を切り開いたことに現われている。

 斉藤茂吉といえば、私が住んでいる地にも馴染みがある。今はプレジャーボートの整備で埋め立てられた広島西端・五日市港の海岸線の土手を茂吉が歩いていた。当時、結核療養のために五日市の沖土手に移住していた歌人・中村憲吉を見舞うてのことである。広がる瀬戸の海。はるかに厳島の島影が浮かぶ風景を、憲吉は2階の下宿から毎日眺めていた。





沖土手
(写真は「五日市の今昔」より引用した明治初期の五日市)



 医者でもあった茂吉は早速、憲吉を診察した。が、憲吉の死期が近いことを茂吉はすぐに悟った。茂吉の心の中に、人知れず響く落涙の音はいかばかりであったろうか。憲吉が世を去るのはこの翌年のことである。茂吉52歳、憲吉45歳。

 『友のこと 心におもひ 寝つかれず 幾時か聞く 海鳥の声』
(茂吉)

 この「幾時」というのは、茂吉は「逝くとき」を案じてのことではないかと、私は思う。それにしても、後輩歌人の憲吉を思う茂吉の心情が痛いほどよくわかる句である。

 読書の秋に、読書週間から始まって、マンボウ、茂吉、憲吉へと、徒然に、思いを巡らせた秋の夜長であった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も

私は大人ですが、やっぱりマザーテレサの伝記が、1番心に残っています。
マザーテレサの言葉や、ノーベル平和賞を取るまでの偉業。
人として、教えられる事がいっぱいです。
マザーテレサの名言から、生き方を考えさせられました。

Re: 私も

まこさん、こんばんは。

> 私は大人ですが、やっぱりマザーテレサの伝記が、1番心に残っています。

いやー、偶然ですが、この世で誰を一番尊敬しますかと聞かれれば、
私は意の一番にマザーテレサをあげます。
私利私欲のない博愛のこころとはこういうものかと、
尊敬しても尊敬しても足りません。

ありがとうございます。

私の場合

読書の秋に相応しい話題を取り上げて頂きました。ありがとうございます。
折角ですから私の場合もコメントさせていただきます。
小学校低学年の時、絵本で現代の偉人を最初に知ったのは「野口英世博士」です。
4年生になった頃でしたか、その前年だったと思いますがノーベル賞を受賞した湯川博士の伝記を父が買ってきてくれて読んだことを覚えています。

Re: 私の場合

爺さん、おはようございます。
いつの間にか、夜長の季節になりましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

> 小学校低学年の時、絵本で現代の偉人を最初に知ったのは「野口英世博士」です。

野口英世は定番の筆頭でしょうね。
あいにく我が家は貧乏で本は買ってもらえませんでしたが、
友達の本を借りて読んだ記憶があります。

> 4年生になった頃でしたか、その前年だったと思いますがノーベル賞を受賞した湯川博士の伝記を父が買ってきてくれて読んだことを覚えています。

いいお父さんですね。まだご健在でしょうか?
湯川博士の本を読ませたいというのは、
お父さんがあなたに期待する大きさを感じます。
お父さまはロマンの持ち主ですね。


プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR