エジソンの命日に寄せて


 「発明王」なる異名をもつトーマス・エジソンが没して、今日で80年となる。時同じくして、先日はスティーブ・ジョブズ氏が没した。考えてみれば、エジソン没からジョブズ没までの80年間において科学・技術は飛躍的な進歩を遂げた。この勢いは、これからさらに双曲線的に加速されるであろう。

 その一方、そうした科学・技術の進歩に人間がついていっているだろうかという疑問をもつ。通信機能だけとってみても、スマートホンだi-Padだi-Phoneだと次から次に便利なものが出てきているが、民衆がほんとうにそれらを使いこなしているだろうか。GPS機能においては人が人を監視することに使われ始めている。ましてや、原発に至っては人が制御不能なものになってしまっている。

 科学・技術の進歩によって人間の手で開発したものを人が使いこなしていないばかりか、むしろ人が科学・技術の産物に支配されてはないだろうか。そしてそれに比例して、主役の人間が「人間らしさ」を失ってきてはいないだろうか。

 エジソンの数々の名言の中にこういう一節がある。
『私の発明は、すべての人にとって役に立つ物でありたい。そして、世界の平和に貢献するような物でありたい。もし私の発明で一人でも死んだとしたら、私には人生を生きる意味も資格もない。』

 この名言は80年後の今を予言したようでならない。今がまさに、科学・技術の進歩の岐路にあるといえる。今のままのスピードで科学・技術を進歩させることが真に人の平和と幸せに貢献することになるのか。さらに人類の滅亡に至りはしないのか。さすれば、もうひとつの道を選択してはどうか。少しスピードを緩めて、「人間らしさ」を回復しつつ、科学・技術を制御する科学・技術の道へと進路変更してはどうか。



エジソン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日のA誌夕刊のコラム「窓」に足尾鉱毒事件の責任追及に生涯を捧げた「田中正造の警告」として、彼の日記から「真の文明は山を荒らさず川を荒らさず、村を破らず、、、」足尾鉱毒事件を現代の放射能公害に重ねてみるとの執筆者の言があり、たまには新聞も良いことを書くもんだとの思いです。
私はi-Padもi-Phoneも区別が付きません。放物線が時間側に緩やかであることを切に望みます。

Re: No title

永遠のハードバッパーさん、
こんばんは。

> 今日のA誌夕刊のコラム「窓」に・・・

朝日新聞の夕刊でしょうか?
私もÅ紙という表現しますが。
ただ、あいにく夕刊とってないもので。

>「田中正造の警告」として、彼の日記から「真の文明は山を荒らさず川を荒らさず、村を破らず、、、」

なかなかの表現ですね。
勉強させてもらいます。

i-Padもi-Phoneも区別がつかない方が
いいですよ、
のんびり、気楽にやればいいと思います。

No title

へぇ~偶然。
昨日、スマホのウィルスがニュースになっていましたね。
ちんぷんかんぷんの世界ですが、
福島からこっち意識が変わってきつつありまますよね?

ここまで破壊が早いと私、生存中?かもと表を眺めました。

Re: No title

みかんさん、こんにちは。
今日は真夏日だにゃあ~。
暑くてたまらんっす。

> へぇ~偶然。
> 昨日、スマホのウィルスがニュースになっていましたね。

そうそう、危ないよ~。
会話履歴から何から全部、盗まれちゃうから。
あまり急いで目新しいのに手を出さない方が・・・
ちゅうか、手を出せないです。

> ここまで破壊が早いと私、生存中?かもと表を眺めました。

みかんさんは若いからわかんないけど、
少なくとも私はいないです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR