今年の秋


 秋の瀬戸は、何もなかったかのように、今日も穏やかである。



秋の瀬戸

    夜長にて
    かすみの瀬戸の
    陽はすでに
    さんじゅうどから
    いさめしようで

 時を経て、季は移り、今年、62回目の秋を迎える。今年の秋もいつもと同じ秋であり、いつもと少し違う秋でもある。

 あれほどうるさかった蝉の鳴き声がピタリと止み、虫の音にとって変わった。道路畑のムクゲが色あせ、代わって活きのいいコスモスと金鶏菊が群れ咲く。ひんやりとした風に金木犀の甘い香りが漂う。もうどこからみても、秋なのだと実感する。

 その金木犀の芳香に包まれて、穏やかに安泰な生活を営みながら、人にも恵まれ、秋の風情と味覚を味わうことができれば、それはもう天国というもの。このしあわせな「とき」にまず感謝したい。

 みのりの秋である。果実がふんだんにある。二十世紀梨のみずみずしさが美味しい。店頭には柿が出始めた。栗やみかんも出番である。天高く・・・の秋である。何もかも美味しくいただけるこの秋に、健康に食することの喜びを感じる。

 街のあちらこちらに「奉寄進」の幟が立ち、家々の軒下をしめ縄と白いのし紙が連ねられる。子供みこしが今年も家々を練り廻る。田畑と縁遠い身なれど、豊作を祝う気分に浸ることができる秋でもある。

 しかし、今年の秋祭りはどこか違う。豊作も大漁もない地のことを思えば胸が痛む。暴力団排除条例の施工により、祭りの露天商もめっきり減った。少し寂しい今年の秋である。

 10月に入って電気料金もガス料金も値上げする。乳製品をはじめとして、食料品が軒並み値上げしている。子育て支援も変わる。何かと経済的に憂鬱な今年の秋でもある。

 秋にはコスモスがお似合いである。それも、そよ風に揺られる道端の名もないものがよい。まるで旅立ちを可憐に祝福しているようである。


コスモス


 秋というのにまだ蚊がいる。今どきの蚊は必死に人にまつわりつく。まるで老齢の域にさしかかった私の中の邪心のようである。

 秋は旅のシーズンである。どこに行こうか、何をしようかと思案する。きっとその間に、あっという間に秋は通り過ぎるのであろう。

 今年も、もう3ケ月を切った。私の仕事は原発から別の方向にシフトしたが、苦戦を強いられている。無信心の私であるが、こんなときこそ、神もいないこの神無月に神頼みする。

 今年の秋刀魚は油がのって美味しい。しかも大漁で安い。大根すりを添えて、酢橘をギュッと搾れば、こんな贅沢はない。ただ、今年は大根が高い。こんなときは大根の半切りを買うとしよう。

 金木犀をはじめとして、金色の稲穂、金鶏菊など、華やかな黄金が景色を染める時節である。そこには艶やかさはあっても、私には何の後ろめたさも感じない。が、人の心もちによって、いろいろなことを考えさせられる時節でもある。

 それは、灼熱の夏と暗黒の冬との間に秋があるからであろう。太宰治の「ア、秋」に記されたように、「儚い蜻蛉」、「焦土」、「無残」、「悪魔」などと、秋を後ろ向きに感じることも、だからあるのかと。

 それぞれが、それぞれに感じる今年の秋であろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~

昨日と今日は連休なので、のんびりしています。

四季の中で「秋」が一番好きです。
なんとなく、すべてが枯れて行くイメージですが、
その枯れる前の美しさは、春の美しさの何倍もあります。

枯れていく季節の中で、人間はあれこれと感じたり考えたりします。
焦りを感じたりもします。

秋刀魚を焼きながら、煙に包まれて、このままドロン!って
どこかへ行けたらなぁ・・・と考えてしまう私です。

No title

以前は春が好きだったけれど、花粉症が段々重症になるにつけ
秋が気候も精神的にも落ち着いて良いかなと
思えるようになりました。
でも、陽が暮れるのが早くなり、寂寥感を感じます。
宮島の紅葉綺麗でしょうね。

Re: こんにちは~

おしゃれな猫さん、こんにちは。

> 昨日と今日は連休なので、のんびりしています。

久しぶりの連休でしょ?
のんびりがいいですね。

> 四季の中で「秋」が一番好きです。

そうですか。
イメージ的には夏がお好きだと思いました。

> 枯れていく季節の中で、人間はあれこれと感じたり考えたりします。
> 焦りを感じたりもします。

だから、暗いイメージをもつこともあるのですね。

>このままドロン!って
> どこかへ行けたらなぁ・・・と考えてしまう私です。

えっ、おしゃれな猫さんでもそのような心境になること
あるんですか?
すべてが円満で幸せ一杯の感じですが。
人間には二面性があるのですね。

Re: No title

greenさん、こんにちは。
いつもコメント、ありがとうございます。

>花粉症が段々重症になるにつけ

花粉症ですか。
私はなったことなくて、花粉症のつらさが
わかりません。
なった人でないとわからないといいますが。

> でも、陽が暮れるのが早くなり、寂寥感を感じます。

寂寥感は私も感じます。

> 宮島の紅葉綺麗でしょうね。

その年によって綺麗さが違いますが、
さて今年はどうでしょう。

No title

本格的に生活の糧として働き始めてからはそれぞれの季節を感じ楽しむ事が出来ずに過ごしてきたかも知れません
やっと今年の春から仕事以外にも目を向ける心と時間が出来たかな?

それでも何か出来るはずなのに・・・と思いながら何もしないで4カ月が過ぎました
まだ一歩を踏み出せずにいる私です


Re: No title

さくら子さん、こんばんは。
コメント初めてでしたでしょうか?

> 本格的に生活の糧として働き始めてからはそれぞれの季節を感じ楽しむ事が出来ずに過ごしてきたかも知れません

そうでしたか。生活の糧として働いている間は、季節どころじゃないですよね。
でも、そのときの方がかえって充実していることも。

> やっと今年の春から仕事以外にも目を向ける心と時間が出来たかな?

その心と時間を大切にしてください。

> それでも何か出来るはずなのに・・・と思いながら何もしないで4カ月が過ぎました
> まだ一歩を踏み出せずにいる私です

あせることはないです、
しばらくは、ボーっと。
なるにまかせて。
すべては自然に。
ときが経てば、踏み出しますよ。

秋生まれです

こんにちは!

 このところ、秋の晴天続きで、連休で楽しい予定があった人は
ラッキーでしたね。
我家のベランダには、姫路から持って来た、ブルーの杜鵑が
先日から咲き始めて、楽しませてくれます。
10月生まれの私は、秋が大好きです。
寒くも,暑くもなくて、何をするのも快適ですね。
仰るとおり、秋は、あっという間に行ってしまいます。
今の内に大切な順にやりたい事をやってしまいましょう。

  カサコソと
 銀杏散り敷く
  朝の路
 愛犬の声
  爽やかに聞く

Re: 秋生まれです

レチチアさん、こんにちは。
今日は、日中暑いです。
気温の変化が激しいので、
着るものに困りますね。

> 我家のベランダには、姫路から持って来た、ブルーの杜鵑が
> 先日から咲き始めて、楽しませてくれます。

「杜鵑(トケン)」?ふむ?「ほととぎす」?ほととぎすが咲くはずないし。
調べてみてわかりました。山つつじですね。

> 10月生まれの私は、秋が大好きです。

もうすぐお誕生日ですね。
何か予定ありますか?

> 仰るとおり、秋は、あっという間に行ってしまいます。
> 今の内に大切な順にやりたい事をやってしまいましょう。

そうですね。冬支度もありますし。

>   カサコソと
>  銀杏散り敷く
>   朝の路
>  愛犬の声
>   爽やかに聞く

愛犬との楽しい散歩の様子がわかります。
おや、もう銀杏が落ちていますか。
早いですね。

No title

”内海の波が育てたのんびりや”

なんて句をかつて作った記憶があるんですが、
どうしてこんなゆったりした海を見てそだって、こんな性格か?
謎です^^;

今夜は十五夜みたいですね。
きれい

Re: No title

みかんさん、あらら、連荘でありがと。

”内海の波が育てたのんびりや”

瀬戸内海育ちは何かとのんびりですね。
台風・地震・雪害・津波などの災害が少ないので、
確かにのんびりしてますね。

> 今夜は十五夜みたいですね。
> きれい

ええ、今日はきれいです。
お月見したいですね。

おみそれ

いやあ、、、、、geotechさん、詩人ですなあ!!(^_^)b

Re: おみそれ

やまとおのこさん、こんにちは。

悲しい別れをしてきましたね。

> いやあ、、、、、geotechさん、詩人ですなあ!!(^_^)b

ありがとうございます。
でも、とんでもないです。

No title

NYの春と秋は、短いです。
毎年今頃になると、カナダ雁が戻ってきて
朝夕にV字や棹の形に編隊を組んで空を飛んでいます。
これを見ると、いつも秋が来たなぁと感じます。
もうすぐ、寒くて長い冬の訪れが来ます。

Re: No title

トパーズさん、今日は3連発ですね。
新しいブログから次第にめくって
丁寧に見ていただいて、ありがとうございます。

> NYの春と秋は、短いです。

そうなんですか。
NYというと、寒~い冬を想像します。
確か、緯度は札幌より北でしたよね。
「カナダからの手紙」ならぬ、
「カナダから雁」が来るのですね。
それにしても最近のNYのデモは激しいですね。
貧富格差は世界中に広まっていますものね。
トパーズさんは1%の中に入っているのでしょうか?
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR