ヤマト魂

 震災直後、現場が見せた危機対応力の高さが評価された企業がいくつかあった。その代表格がヤマト運輸である。政府による救援物資の輸送が困難を極める中、同社のドライバーたちは自発的に自治体に協力を申し出て、物資の行き届かない避難所への配送を手がけた。本社がこの活動を知ったのは、しばらく経った後のことである。急遽、「救援物資輸送協力隊」を組織し、グループを挙げて物資の輸送に尽力することを表明した。

 「宅急便」の生みの親である故小倉昌男氏はこう言っていた。「ヤマト運輸では、社長も営業部長も1円も稼がない。セールスドライバーが1個1個集荷する以外に収入の道はない」と。一番上にドライバーを、一番下に支店長などの幹部を記した「逆さまの組織図」が存在した。

 「時間指定」は東北、「スキー宅急便」は北信越、「ゴルフ往復宅急便」は関東の支社といった具合に、同社の新サービスは現場の提案から生まれたものが数多くある。

 震災で見せたドライバーの機転は決して偶然の産物ではない。故小倉氏の指導のもと、経営者が理念ばかり言うのではなく、現場の判断が最重要であることの実践と言える。

 多くの企業は社訓で「顧客第一主義」を掲げる。しかし、真に「顧客第一主義」なのか否かは、こういった非常時に試される。逆境の時こそ、人間や企業の本性が垣間見える。理念の浸透と不断の努力。それが非常時にどれだけ生かされたのか、それがよくわかる事例である。真の「顧客第一主義」というのは建前だけのものや紙に書いたものではない。現場第一主義にある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

荷物を出すなら、ヤマトで、っていつの間にか
そうきめてる私がいました。

やっぱり信頼って、いつの間にかしみ込んでいるものですね。

某、大手の昔、政府がバックボーンだった所より確実に
届けてくれると確信している。
現場主義を理解できているトップが居るからこその社員の行動、
だったのですね。

そうですね

PC修理のための宅急便がヤマトでした。
とてもサービスがよく、完全と言われるほどでした。

ナイス!

いやあ、、、いいお話であり、嬉しい話しです。
やまと繋がりだからよけいに嬉しいなあ!!!(*^_^*)

こんばんは~

いいお話で安心しました・・・
長女はヤマトのシステム部門に勤務なので^^

Re: No title

ミルフィーユさん、こんばんは。

> 荷物を出すなら、ヤマトで、っていつの間にか
> そうきめてる私がいました。

そうですか?ヤマトのお兄ちゃん、恰好いい人多いしね。

> 現場主義を理解できているトップが居るから・・・・・・・

私も現場主義で頑張ってます。
っうか、私自身が現場作業人ですから。

Re: そうですね

dorucasuさん、こんばんは。

先日のPCの不具合の時ですね。
そうでしたか。それじゃ、期待を裏切らなくてよかったです。
別に私はヤマト運輸とは関係ありませんけど。
運輸業界も熾烈のようです。

Re: ナイス!

やまとおのこさん、こんばんは。

> やまと繋がりだからよけいに嬉しいなあ!!!(*^_^*)

「やまと」は漢字でもカタカナでも同じ。
やまとは大切ですね。
大和魂を我々段階の世代は持っているはずです。

Re: こんばんは~

おしゃれな猫さん、こんばんは。

> 長女はヤマトのシステム部門に勤務なので^^

エエッ、そうなんすか?
そりゃまた失礼しました。
世間は狭いですね。
いい話でよかった。
娘さんにも紹介しておいてくださいね。

公僕のつとめ

古い話ですが、湾岸戦争勃発の時、いち早く
情報をキャッチしたのは、ラーメンから飛行機までの
現地の「商社」だったと聞いています。
また、危険なため、現地から一時帰国させる
派遣員家族を乗せる飛行機も、現地大使館や
領事館では埒があかなかった(危機感の欠如)ので、
商社がお互いに連携して手配したと聞いています。
それは、私がスペインを旅行中、コルドバでバスが横転事故を
起こした時も同じでした。 連絡するも領事館員は、まったく
何もしてくれなかった。
この時は、同行していたアメリカ人達が連絡した
アメリカ領事館員は、マドリットからコルドバまで自分で車を
運転し、同日に駆けつけて、皆の面倒をみてくれたのです。
公僕としての意識の違いがあまりに顕著で、いまでも
忘れられない出来事です。
今回のヤマト運輸の活躍もむべなるかな・・・

No title

以前ヤマトの営業所でパート事務をしていました。
社員教育はとても厳しく、特に交通事故、違反などは再教育が
厳しかったのを覚えています。

企業の姿勢が信頼に繋がりますね。

Re: 公僕のつとめ

トパーズさん、おはようございます。

> 古い話ですが・・・・・・・・

海外でのいろいろな話、参考になりました。
海外での旅行、生活の経験が多いので、
日本と比較してしまいますね。

このヤマトの話、当たり前といえば当たり前のこと
なのですが、裏を返せば、公僕のつとめが
なされていないということですね。

ユダヤ人にピザを発給した杉原大使のように、
尊敬される日本人が久しく出ていないですね。
悲しいことです。

Re: No title

greenさん、おはようございます。

> 以前ヤマトの営業所でパート事務をしていました。
> 社員教育はとても厳しく

そうでしたか。実は私の同居人も以前、そこでパートして
いたんですよ。
でも、厳しくてすぐに辞めました。
彼女曰く、理不尽な怒られ方をしたというのですが、
会社というのはそのようなものだと諭しました。
パートをすることで金銭的にほとんど家計を助けるには
至りませんでしたが、社会勉強のつもりで、できるだけ
パートに出させました。

No title

「きよしのつぶやき」にもっと耳をさば立てて聞きたいね

宅急便のドライバーは、短距離のアスリート並に、兎に角
走る、走る・・そうだったのですか?

セールスドライバーが1個1個集荷する以外に収入の道はない」と。
屋台骨を支えるための走りだったのですね
よ~く 解かりました。

Re: No title

マトンさん、こんにちは。

あらら、平日でもパソコン開くのですね。

> 「きよしのつぶやき」にもっと耳をさば立てて聞きたいね

ありがとさん。

> 屋台骨を支えるための走りだったのですね

私も会社の屋台骨を支えるため老骨に鞭打ってがんばってます。

No title

一流新聞のコラムを読んでいるような内容で、うなりました。
うちのそばにヤマト運輸の集配所がありますが、サービスも
よく社員教育が行き届いているのが分かります。
ほんものはつよいですね。

Re: No title

rippleさん、まいどです。

> 一流新聞のコラムを読んでいるような内容で、うなりました。

それは少し褒めすぎです。

> よく社員教育が行き届いているのが分かります。

結構厳しいみたいですよ。
運輸業界自体が生き残りをかけて大変なときに、
真の顧客第一主義を押し通すあたり、すごいですね。
やはり、トップの力は大きいですね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR