どうせ「どじょう」なら

 「どじょう」は金魚にはなれぬ。しかし、「どじょう」にも、ピンからキリまである。柳川の「どじょう」は立派だが、有明の「どじょう」はそうでもない。立派な筋金入りの「どじょう」もいれば、ひ弱な「どじょう」もいる。

 その「どじょう」が住みよいように、平野家では立派な泥を仕込むという。しかし、一歩間違えばすくわれて、「どじょうすくい」となりかねない。

 鍋に四角い豆腐と生きた「どじょう」を入れて火をつける。次第にグツグツと煮えてくると、「どじょう」は熱さ逃れに豆腐の中に逃げ込む。結局、「どじょう」入りの豆腐ができあがる。これに味を付けて食べるのが「地獄鍋」である。豆腐が小沢屋謹製の極上物だと、「どじょう」の逃げ場には最適というもの。これがほんとうの「地獄鍋」である。

 もともと「どじょう」は江戸の郷土料理である。食べやすくした「骨抜きどじょう汁」が江戸で人気を呼んだそうだ。しかし、骨抜きになっちゃ、お終えだ。

 しかし、「どじょう」には「どじょう」ならではの特性がある。もともと雑食性であり何でも食べる。口髭が10本もあるから、敵と味方を嗅ぎ分けるのが得意である。えらでも腸でも呼吸する。だから、打たれ強い。ぬるぬると逃げるのも得意である。

 泥臭さで売る「どじょう」なら、最後まで泥臭さを貫いた立派な「どじょう」でいて欲しいものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 >泥臭さで売る「どじょう」なら、最後まで泥臭さを貫いた立派な「どじょう」でいて欲しいものである。

そう願います。
泥の具合は少し不安ですけれど
このどじょうなら泥を選ばず何があっても
長生きしてくれると信じたいですね。。。

前回の訂正
「気」が合ううのではなく「意見」が合うでした。

Re: No title

maiさん、こんばんは。

> 泥の具合は少し不安ですけれど

泥の具合は、そうですね。
どじょうが動きやすい泥であれば
いいんですけど。

ま、様子をみましょ。

No title

東京は森下の「どぜう」で柳川鍋を食べたことがあります。
骨付きでした。なんとなく元気になるような気がしました。
泥の中に棲むという逞しい生き物ですからね。そのドジョウも
種類によっては絶滅危惧種になっているとか。

Re: No title

rippleさん、こんにちは。

> 東京は森下の「どぜう」で柳川鍋を食べたことがあります。

「どぜう」聞いたことあります。
美味しかったでしょうか?

> 骨付きでした。なんとなく元気になるような気がしました。

やはり骨抜きですか?

どじょうって、ど根性サカナみたいなものですね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR