広島発・平和の祈り

平和式典


 ここ広島に住んでいると、否応がなしに日常的に原爆を意識する。市内には原爆ドームがあり、原爆記念病院があり、原爆放射線研究所がある。

 明らかに原爆の閃光を受けたと思われる茶褐色を帯びた石橋や石畳を目にする。それに被曝建物が未だに残る。病院に行けば原爆手帳が普通に取り交わされる。原爆後遺症の話が日常的に交わされている。

 その広島にて、明日8月6日、例年通り平和式典が催される。今日の広島市内は明日の準備で既にざわついている。首相出席とあってSPも多い。

 この平和式典は1947年に「広島平和祭」として第1回が催された。しかし、1950年、朝鮮戦争勃発に伴い米国が核兵器使用を検討していたことから、GHQにより式典が中止された経緯がある。

 原爆詩人・峠三吉らはこれを弾劾した原爆詩集を発表した。この運動が朝鮮半島にける米国の核使用を押しとどめた一因ともいわれている。

 広島平和記念公園が建設された1954年以降、現在の形式で平和式典は行われてきた。しかし、その式典に日本の首相が出席したのは、1971年の佐藤栄作が始めてであった。なぜ日本の首相が平和を祈る式典に25年間も出席しなかったのだろうか。不思議なことである。

 それは、原爆を投下されてもなお、米国に気兼ねせねばならなかったことの証であろう。戦後、日本は少なくとも25年間は米国の支配下にあったと言う他ない。否、今もなお支配下にあるのかも知れぬ。

 戦争は決してあってはならない。しかし、負けた戦争による悲惨さは未来永劫、子孫にまで続くことを、今更ながら思うものである。

 平和式典の精神は、もとより原爆を投下した米国への憎悪ではない。恩讐を超えた世界の恒久平和への希求である。それではその式典に、プラハで核廃絶を宣言しノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領はなぜ出席しないのか。

 それは、核廃絶を宣言しながらも核実験を続けることの自己矛盾に悩む、偽善者・オバマの、せめてもの良心の呵責であろう。

 今年の平和式典は例年とは異なる。原爆とともに原発を意識しなくてはならないからだ。この意義ある年に、核廃絶とともに脱原発を宣言しようという気運はあった。

 しかし、原爆と原発は違う、だから切り離して考えないといけないという連中が邪魔をする。そういう連中は原発を残す立場であることに間違いない。

 原爆と原発はともに、人の手により被害をもたらすものである。同時に人の手に負えないものであることに変わりはない。核による被害に変わりないのである。

 昨年の今日、もともと社会党系である広島の秋葉市長は英語スピーチにより核廃絶を明確に宣言した。その市長は、広島西飛行場再開とオリンピック誘致で議会と衝突して職を辞した。その秋葉市長であれば脱原発をも宣言したであろう。しかし、自民・公明推薦で当選した松井新市長が脱原発を宣言することはあるまい。
 
 世界の恒久平和のために核廃絶と脱原発を推し進め、食糧難と難病のために世界が協力するため、国や地域を越えて宣言する「真の平和宣言」が実現する日はいつのことか。ここ広島の地において、ただただ、世界人類の平和への切なる願いを祈りに託すばかりである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

8月6日

広島では、今も日常に原爆を意識されている様子が伝わってきました。
8月6日が近づくと、原爆の唯一の被災国である日本人の悲しみを痛感します。アメリカのHistory channelでは、第二次世界大戦の事は頻繁に放送していますが、原爆の悲惨さにふれる番組は見た事がありません。
朝鮮戦争の際にも、原爆投下を考えていたなんて、ただ呆れるばかりです。

オバマ大統領の核廃絶宣言ですが、アメリカ人は、まず文書化し、規則でがんじがらめにしないと、何も実践しません。宣言をしたというだけでも進歩と思ってあげてください。
黙祷を捧げます。

Re: 8月6日

続けて、ありがとうございます。

> 広島では、今も日常に原爆を意識されている様子が伝わってきました。

よかったです。こういう風に書かないと、なかなか理解してもらえないんじゃないかと。

>アメリカ人は、まず文書化し、規則でがんじがらめにしないと、何も実践しません。宣言をしたというだけでも進歩と思ってあげてください。

アメリカの文化でしょうね。
とてつもなく大きく複雑な文化ですから。
わからないでもないです。

> 黙祷を捧げます。

ありがとうございます。
広島市民は明日午前8時に全員が黙祷します。
電車も一時、ストップします。
町行く人もみなすべて黙祷します。

No title

広島へは一度も行ったことがありません。
アメリカの高校では、パールハーバーのことは学んでも
広島・長崎の原爆のことは深くは勉強しませんでした。
そんな私がアメリカ史・アジア史の時間に、「原爆の話をしてくれ」
と言われ、まともに話せなかった事が残念でなりません。

もうあの時には戻れないけれど、あの時、堂々とした態度で
ちゃんとした英語で話したかった。

原爆の歌

geotechさん、こんばんは!

私の好きな歌人・故、竹山広の歌を3首ご紹介させて下さい。

2010年8月9日に、私のブログで原爆のことを、
私なりに短歌で発信しました。

人さまのブログで私事の紹介で誠に相済みませんが、
きよしさんのどうやらお嫌いらしいB子にて、
図々しさはお見逃し下さいませね(笑)



「人に語ることならねども
        混葬の火中にひらきゆきし てのひら」

「くろぐろと水に満ち 水にうち合える死者満ちて
          わがとこしえの川」


2010年の3月に90歳で逝ってしまわれた、原爆の語り部ですが、
淡々と、あるがままの情景を見事な歌にされて、
経験の持つ重みにただ、打たれるばかりです。


「まぶた閉ざしやりたるかたはらに
          兄の残しし粥をすすりき」

自分を助けに来てくれた兄が、身代わりとなって
救護所となった林の中で、配られた粥を啜ることなく、
息を引き取った。

そのかたわらで、生きていれば、空腹にも襲われる存在で、
兄の屍の隣で、兄に出された粥を啜った。


壮絶な情景を私達は記憶にとどめなければいけないのですね。

戦争はただ、愚かで悲惨だと伝え続けなければ。

明日の8時には、私も黙とうをささげます。

Re: No title

おしゃれ猫さん、こんばんは。
今日もお疲れでした。
お盆の関連で忙しんじゃないかと。

> 広島へは一度も行ったことがありません。

それは珍しいですね。
今度、案内しますよ。

パールハーバーのことから原爆まで、
事実を正確に伝えないといけないですね。

Re: 原爆の歌

ミルフィーユさん、こんばんは。

> きよしさんのどうやらお嫌いらしいB子にて、

だから嫌なんだよな。
必ず身に帰ってくるもの。

> 「くろぐろと水に満ち 水にうち合える死者満ちて
>           わがとこしえの川」

これは手にとるようにわかります、
今の縮景園あたりは死者の上を歩いたそうですから。

> 明日の8時には、私も黙とうをささげます。

ありがとうございます。
一緒に祈ってください。

No title

おはようございます。
今日ですね。
隣県なので身近に被爆者も少なくありません。
当市役所ロビーでは毎年、原爆の写真、絵展が催されています。
無差別殺人…惨過ぎて…毎度、正視できません…
この世からこんな惨い兵器は消えてほしいと切に願います。

広島の復興繁栄を見れば、福島に「大丈夫」と言える気がします。
先日、バスセンターから役目を終えた広島球場の草ぼうぼうが見えました。
ひと時代終わった気がしました。
ドームは変わらずそこにありますね?
9.11の跡地が整地されて、きれいな公園ができるとか?
日本人遺族の方が全部撤去しないで一部残して欲しかったと言われていました。
すぐに広島の平和公園と原爆ドームが浮かびました。
忘れてはいけないことは、しっかり反省として後世に伝えたいものです。
合掌。

No title

原爆と原発は
同じもの
どこが違うの?
と何人もの
被爆者が言う

Re: No title

みかんさん、おはようございます。

無事、今年も式典が済みました。
死者や今なお苦しんでいらっしゃる方へ、
祈りをしてきました。
ほんとうに世界が平和になればいいと思います。

Re: No title

rippleさん、おはようございます。

原爆と原発は
同じプルトニウム
同じ被曝の危険性
なぜそれがわからぬか

No title

今年の春に原爆記念館を40年ぶりに訪れました。
その悲惨さに、じっくり見ることが出来ませんでした。
色んな叫びが聞こえてきそうで。

両親は広島の中国山脈の中ほどで、原爆の怖さは
実際に経験していないのですが
広島って言うだけで、原爆にあったの?ってよく言われました。

Re: No title

greenさん、こんにちは。

> 今年の春に原爆記念館を40年ぶりに訪れました。

そうでしたか。40年ぶりでは、初めて見るような
感覚だったでしょうね。

> 色んな叫びが聞こえてきそうで。

そう、ここに行くと、毎回、叫びが聞こえて
くるような気がします。

> 両親は広島の中国山脈の中ほどで、

あ、そうでしたね。

> 広島って言うだけで、原爆にあったの?ってよく言われました。

広島にいるだけでそう思われます。
結婚とかでも被曝二世ではないかと疑ったり。
将来、福島県出身というだけで
そういうことになりはしないかと
心配です。

犠牲者を悼む

この日は日本人として永遠に忘れることは出来ないでしょう。
それにしても総理、市長共々メッセージが心に響きません。秋葉前市長のメッセージはいつも総理より素晴らしく思っていただけに残念です。

>ただただ、世界人類の平和への切なる願いを祈りに託すばかりである。

倣わせていただきます。合掌

Re: 犠牲者を悼む

爺さん、おはようございます。

>秋葉前市長のメッセージはいつも総理より素晴らしく思っていただけに残念です。

ですよね。心に響く言葉かどうかは、言葉の文言ではなく、気持ちだと思います。
気持ちがないから響かないのだと思います。

> 倣わせていただきます。合掌

ありがとうございます。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR