AB子の話

 「B子の話」をアップしたところ、早速、詩人よりダメ出しをいただいた。それじゃもう終わりにしようと思っていたら、そのダメ出し詩人から、「今度はAB子を頼む」とのコメント。そりゃ、どういうことなのか。

 推測するに、詩人を執事と任命する、かの楊貴妃がAB子であろうと。師と仰ぐ詩人からのたっての願いとならば、応じるしか仕方あるまい。ただし、私の見解は、そこらのネットに掲載されているものとは訳が違う。経験からほとばしる独断と偏見によるものである。

 ということでAB子について以下に記す。ブログは基本的に1日1本と決めているが、これは夏休みの増刊号ということで。

 AB子は趣味の幅が広い。多くのことに興味深々であり、趣味も多才である。自分のことは何もできていないのに、他人のことが気になるタイプ。救急車や消防車が通ると、真っ先に出てみるのがAB子。近所の火事の現場にもすぐに駆けつける。

 自分はなっていないのに、喧嘩の仲裁など、お節介なことをする。その反面、臆病で引っ込み思案なところがある。つまり、臆病なくせにちょっかいする。訳がわからんタイプである。

 ミステリアスな雰囲気を持ち、実際、何を考えているのかわからない。自分を素直に表現できない。というより表現が下手である。そうしたミステリアスな部分が、返って男性の魅力を引く。

 概して人とのつきあいが苦手である。人間関係が苦手である。穏やかそうに見えるけど、不意に反抗的な態度に豹変する。論理的に物事を考えるのが苦手である。物の本質を見極めようとしない。結果的に相手が傷つく言動をとってしまうことがある。

 しかし、良い面もある。基本的に優しい。ただ、うまくそれが表現できないだけだ。思いやりもありボランテイア精神が旺盛である。ただ旺盛なだけに他人にも強要したりして誤解を招く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ABの男は?

主人はAB型ですが、男も同じでしょうか?

女性には自分からは決して手を出さないのですが、
迫られると拒めないタイプです。
私は迫っておりませんが、数年前にそんなことがあったような・・・

>訳がわからんタイプである

時々そう思います。

Re: ABの男は?

おしゃれな猫さん、おはようございます。

先ほど、「バスタオル」を寝床で見ました。

男と女で少しニュアンスが違います。

> 迫られると拒めないタイプです。

それは、血液型とは違って、基本的に
男はみな助平ですから。

「訳がわからんタイプ」
これは男女同じですよ。

私のような私でないような・・

geotechさん、はじめまして。
「AB子の話」に興味をそそられて お邪魔しました。
私はAB子。
自分でも自分の事がようわからんタイプです。
優柔不断で表現が下手!
「優しい」と言われるけど、きつい事が言えないだけのこと。
人付き合いが苦手、まさにピッタリですね。

Re: 私のような私でないような・・

グノンさん、はじめまして。

ようこそです。
こんなところへ。

> 私はAB子。

そうでしたか。ま、お遊びということで
勘弁してください。


プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR