同窓会

 夏のこの時期、毎年、同窓会がある。私の場合、さすがに小学校の同窓会はないが、中学、高校、大学と、毎年のように開催される。できるだけ参加するようにはしているが、この時期に集中するため、日程調整が難しい。

 同窓会というのは、学生の頃を懐かしみ、その後の進路を確認し合い、容姿の変化に驚く。かっての友と思い出話をするのはとても楽しいことである。しかし、同窓会に出席するということは、現在の生活や体調、心境などが概ね安定していることの証でもある。だから、どうしても出席者は毎年、同じようなメンバーになり、それが残念である。

 そういえば、一昨日の土曜日、私の出身高である山口県立宇部高校の同窓会が東京のホテルであった。残念ながら私は出席できなかった。友達からの情報によると、2年先輩の菅首相も出席したという。野党やマスコミに叩かれていることを愚痴っていたという。これも、気のおける友だからこそ言える同窓会の良さであろう。

 ただ進学校の高校の同窓会というのは、受験のライバル同士というイメージが強く、思い出は少ない。何しろ、私の高校の場合、生徒会の決定によって修学旅行も体育祭も、学業以外の一切の行事は中止された。高校2年で3年までの勉強を終え、3年の1年間は受験勉強に充てられた。浪人するのも当たり前の時代である。何番以内だったら東大・京大、何番以内だったら一期校といった番付表が掲示板にあった。高校の中に予備校もあった。そんな環境では良い思い出は少ない。

 今週末には大学の同窓会がある。大学となると、大きな枠では進路が同じであるため、発注者と企業の関係、顧客と下請け関係など、利害関係が存在する。だから場が白けることも多い。ただ同じ進路の枠組みの中で、受注環境、景気動向、人の移動などの情報交換の場として非常に役立つ。

 一番面白いのが中学校の同窓会である。その後の進路は千差万別である。それこそ、泥棒から警察官まで集まる。容姿の変貌が著しい。私の頃は1クラス60人、1学年25クラスの時代であった。人数も半端ではないが、殴る蹴るの事件も多かった。一番多感な時期でもある。あの子とこの子の誕生日会に呼ばれただの、あの子とできてただの、男女の話は逸話や想像も交えて尽きない。
 
 還暦を過ぎた頃から、同窓会に出席して物故者の報告を聞くのが辛い。年をとればとるほど、昔を懐かしむことを好むのか、同窓会は益々、盛んになっている。安定な時代であればこその同窓会である。いつまでも同窓会が継続できる世であって欲しいものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

クラス会がない

geoサンこんにちは
 中学のクラス会は20代に1.2度出席しただけで、この数十年1度も出ていません。というよりクラス会そのものがあるのかどうかも分からないのですよ。
東京の下町、隅田川沿いの懐かしい中学校のことは最近よく夢に見ます。しかし古希を過ぎた爺さん婆さんとなっている現実は見ないほうが良いかもしれませんね。
 

No title

同窓会ですか。
2年前に高校の同窓会に出席しました。
大学生の時に一回出てきりだったので、実に30数年ぶり。
まぁ、kurumiもいずれブログで書くとしましょうか。

同窓会好きです^^

私は同窓会への出席はできるだけしたいと思っています。
中学のクラス会は、geoさんと同じく、一番面白いですね。
実家へはめったに帰ることがないので、東京での開催の時には
必ず出席しています。

高校、大学はいまのところないので残念に思います。

>同窓会に出席するということは、現在の生活や体調、心境などが概  ね安定していることの証でもある。

確かにその通りですね。

Re: クラス会がない

永遠のハードハッパーさん、こんばんは。

> 東京の下町、隅田川沿いの懐かしい中学校のことは最近よく夢に見ます。

いいですね。懐かしいでしょうね。
江戸の隅田川のほとりの中学校なんて、情緒ありますね。

 

Re: No title

Kurummiさん、おばんです。

> 2年前に高校の同窓会に出席しました。

どうでした?
楽しくなかったです?

> まぁ、kurumiもいずれブログで書くとしましょうか。

えっ、ブログ始めますか?
楽しみです。
Kurumiさんの真実、知りた~いですぅ。



Re: 同窓会好きです^^

おしゃれな猫さん、こんばんは。

geotechです。

> 私は同窓会への出席はできるだけしたいと思っています。

だと思いました。
今日も快調ですね。

> 中学のクラス会は、geoさんと同じく、一番面白いですね。

でしょ。

今度はシニアナビの同窓会、しましょうか?
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR