B型の話

 血液型の話をすると決まって、“血液型だけで性格を判断するのはけしからん”、“血液型と性格とは別だ”などとお叱りを受ける。そして、お叱りするのは決まってB型の人である。居酒屋で血液型が話題になると、決まって真っ先にB型の話になる。B型の話で盛り上がっていると、決まって横の席の客がB型だったりして、気まずくなる。

 だから血液型の話は気をつけないといけない。人によっては人種偏見だと糾弾するかも知れない。それを承知の上で、血液型性格信奉者である私の独断と偏見でB型を語る。良くも悪しくも、軽く流していただきたい。とくに、B型の方にはご容赦願いたい。

 B型の典型的な例が「ミスタージャイアンツ」こと長島茂雄さんである。感覚だけで行動する。感覚だけで言葉を発する。時々、変なジェスチャーが出る。英語のようで英語でないカタカナが混じる。いいように言えば、天才肌であり、芸術肌ともいえる。何かがすばらしく長けている。しかし、普通の感覚とどこか違う。どこかおかしい。

 私の会社の数少ない従業員にもB型の男子と女子がいる。よく似ている。良く言えば、一点集中型で物事に専心する。こうだと思えばそれに向かって猪突猛進する。決して振り返らない。悪く言えば、全体が見えていない。おっちょこちょいで短絡的である。 全体が見えていないのに、どうでもいい細かいことをやたらと気にする。変に気真面目で時々、怒りっぽくなる。

 B型の男子が運転する車で一緒に出張に出かける。トンネルを抜けるたびにライトを消し忘れていると助手席から注意をする。次のトンネルでも、その次のトンネルでも同じことを繰り返す。本人は運転していることに集中しているのだか、他のことを考えているのだか、聞いてみるのが怖い。

 朝、会社に一番に出社してみると、パソコンのモニターの電源が点いていたり、エアコンの電源が入ったままのことがある。決まって、最終退出者はB型である。私が出張から会社に帰って、しばらくしてから思い出したように慌てて伝言を伝えるのもB型である。別に本人に悪気はない。私よりも正直者で真面目である。
 
 そういえば、「私はちょっとB型で短絡的なところがある」とは、例の松本前復興相の辞任前の発言であった。血液型による性格判断に馴染みのない欧州メデイアは「B型のせいに出来るのか」という記事を掲載していた。南アフリカ紙は「これから閣僚は血液型で人物を任命すべきだ」と提案している。ただ、松本前復興相さん、「あなたの場合は血液型以前の問題ですから」と言いたい。

 まあ、ざっとこんなところですが、これをお読みになっているB型のあなた。あなたはきっと例外です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
始めてコメント参加させて頂きます。

昨日のお父様を思う気持ちには感動したのですが…
今日はチョット、ショック受けました(笑)

思い当たる事が有るような無いような…
それに長嶋茂雄さんとはなぜか誕生日同じです。
私決して感覚だけでは行動してないと思うけどなぁ~

友達にもよく「えっ~B型なの」と言われます。

でもgeotechさんにするはじめてのコメントが
これって云うのはやはり「B型」なのかも!?

Re: No title

neneさん、こんにちは。

> 始めてコメント参加させて頂きます。

えっ、コメント初めてですか?
今まで何度もいただいたような気がしてます。

その初コメントがこれですか?

> 今日はチョット、ショック受けました(笑)

いや~、ごめんなさい。
こんなコメントあると思って
相当、気は使ったつもりですが・・・・

> それに長嶋茂雄さんとはなぜか誕生日同じです。

えっ、それは奇遇な!

> 私決して感覚だけでは行動してないと思うけどなぁ~

ですから、天才肌で芸術肌ということです(ポリポリ)。

ヘーッ!!

私はA型なのですが、ここに書かれてある特徴は私の性格です。
でも、私はジョークで「私はA型で几帳面で頑張りやでーす」というと聞く人たちはみなさん笑ってくださいます。ハテ!!

No title

おおまかな傾向はあるのでしょうが、
血液型はあんまり当たらないみたい。
1億2千万の人を4タイプに分けるのは
どう考えても無理があるでしょう。
でもバーで女の子を口説くときなんか
いい話題になりますね。(^-^)

B型の話

こんにちは!

座右の銘「やるときはやる」ミルフィーユです。

最後の行は本音ですか??(笑)

松本大臣、そんな所で血液型を持ち出すなんて・・・・

そこがやっぱり、って言われてしまうんですね。

私が経営者だったら、満遍なく雇うかな~~

だって、補い合うという点で、異質なものは有った方がいいでしょ。

几帳面な人、牽引力のある人、ムードメーカーも必要だし、

でも、知ってました?

血液型の本を書いた人はA型です。

geotechさんは当てて見ましょうか?

O型ではないですか?

No title

おはようございます。
恋愛論、山篭り、血液型・・・・最近のgeotechさんは、
今までと違うご自分の側面を開陳されていらっしゃいますが、
それをさせる心境の変化が起きたのかしら?

Re: B型の話

ミルフィールさん、こんにちは。

> 最後の行は本音ですか??(笑)

気遣いです。
こういう話は結構、気を使いますね。

> 私が経営者だったら、満遍なく雇うかな~~

そりゃそうです。
私も賛成です。

> 血液型の本を書いた人はA型です。

そうなんですか。
知りませんし、読んだこともないんです。

> geotechさんは当てて見ましょうか?
> O型ではないですか?

半分ハズレで、半分アタリかな?

A型ですが、AOです。

限りなくOに近いかもしれません。

Re: No title

トパーズさん、おはようございます。

> 今までと違うご自分の側面を開陳されていらっしゃいますが、
> それをさせる心境の変化が起きたのかしら?

いえいえ、ただの好奇心旺盛で浅学なだけです。
それに、いつも堅い話じゃ嫌がられるでしょ。
何もありませんよ~。

No title

おはようございます~。
博士が、血液型信望者だったとは意外ですわ。
そういうギャップが世の女性を惹きつけるのでは?(笑)

ちなみに博士の血液型は?

No title

☆友達持つならB子が○・・楽天的でマイペース
★飲み会するならB子は×・・自分のペースで飲んで勝手に帰る
☆秘密を打ち明けるのはB子が○・・聞いてるようで上の空
★恋人にするならB子は×・・お金の管理が下手、欲しい物は泣いて
  すがってでも手に入れる
★旅をするならB子は×・・ユニークでアイデアはあっても、具体案に
  かけるので、重荷になる
☆恋人を紹介するならB子は○・・明るくて話好きなので、知らなかった
  事まで聞き出す、人間観察が大好きだから手ごわい

☆★B子は複雑、気分屋でマイペースを崩さないので、束縛を一番
   嫌う、正直で情も深く涙もろいところもある、深入りは禁物、
   フランクに付き合えば楽しい人生間違いないよ

ちなみに私はB子です


Re: No title

Kurumiさん、こんにちは。

> 博士が、血液型信望者だったとは意外ですわ。

そうですか?
話してみて、少なくともAじゃないってのは、ほぼ100%当たりますよ。
BとOはわかりづらいところがありますが。

> そういうギャップが世の女性を惹きつけるのでは?(笑)

そんな~。惹きつけてないですよ。
ズバズバもの言うので、
案外、嫌われものかも。

> ちなみに博士の血液型は?

Aです。でもAOですから、
Oの人と気が合います。

Re: No title

マトンさん、こんにちは。

ここんとこ、幾分過ごしやすいですね。

B子の詳しい情報、ありがとうございます。
面白いですね。

それなら、マトンさんは友達として
秘密を打ち明けるのに恰好ということですか。

A子やO子の情報、お持ちでしたら教えてくださいな。


Re: No title

rippleさん、返事を忘れてました。

申し訳ないです。

> でもバーで女の子を口説くときなんか
> いい話題になりますね。(^-^)

「バー」とは懐かしい響き。
今で言う「キャバクラ」ですね。
ということは、rippleさんもその手で
女の子を口説いたのですね(^-^)/

Re: ヘーッ!!

dorucasuさん、
返事が遅れました。
申し訳ありません。

> 私はA型なのですが、ここに書かれてある特徴は私の性格です。

dorucasuさんはA型だと思ってましたよ。
でも、ここに書いている特徴は私の性格とは、
おどろき(☆_★)です。

アメリカ人の血液型

geotechさん、、

堅い話題だと、納得して読むのですが、コメントが出てきません。

この手の話なら、いけます。
>全体が見えていない。おっちょこちょいで短絡的である。 全体が見えていないのに、どうでもいい細かいことをやたらと気にする。

アメリカ人は全員、B型だと思います!

Re: アメリカ人の血液型

Tiffanyさん、どうもです。

> 堅い話題だと、納得して読むのですが、コメントが出てきません。

堅い話が多くてすみません。できるだけ、ときどき柔らかくしてます。

> アメリカ人は全員、B型だと思います!

よくぞ言ってくれました。私もそう思います。

欧米人はBかOじゃないかと思うくらいです。
「お前欧米か?」なんてのは、BかOか?の隠語です。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR