もう一度言いたい

 どうしても解せないのだ。いつ辞めるのかと迫る政治家の大義とは、一体、何かということが。内閣不信任決議案が反対多数で否決された事実以上の大義があろうはずがない。それ以外のことは、覚書のことにしろ、議員総会で言ったことにしろ、無に等しい。

 菅直人の心の内を代弁しよう。あなたたちが辞めろと騒げば騒ぐほど、私は辞めません。総理の座にしがみついてとか、延命とか批判していますが、それには及びません。やれるものだったらやって下さいと、今すぐにでも啖呵(たんか)を切りたいのが本音です。でも、今はどうしても辞められないのです。復興の道筋をつけるまでは、どうしても辞められないのです。なぜかって?もうお察しでしょう。騒ぎの裏でエネルギー政策の画策があることを。

 自民党議員を中心に今、急速に地下原子力発電の構想が練られている。原子力行政を継続するのか、一端、中断するのか、撤退するのか、今まさに試金石である。これはこれからの補正予算やエネルギー買取法案などに大きく関連してくる。なぜ菅では駄目というのか。なぜ菅降ろしにあなたがたは執着するのか。日本の原子力行政の岐路にあるからである。

 再度、確認しておく。内閣不信任決議案は反対多数で否決されたのである。これだけが国民の預かり知る事実である。それ以上でもそれ以下でもない。被災者にとっては今のゴタゴタ、どうでもいいことです。一刻も早く国会で審議すべし、通年国会とすべし、法案を通すべし、国会議員としての本来の仕事をすべし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR