父の生い立ちと青春(その七)

 専門の学部に進学した当初、配属された教室はもの静かな助教授が主任であったが、その助教授がすぐに留学してしまうと、その親分たるすご腕教授が直接、我々の面倒を見ることになった。巨漢もさることながら、もの言いからしぐさまで、まるでその筋の人間そのものであった。

 教授の言わんとすることは一貫していた。丁稚(でっち)(学生)たるもの師匠(教授)にすべて従え。大学は実験するところであり、勉強するところではない。専門書を読むんだったら家で読んで来い。人まねはするな。汗と努力だけが研究の成果となる。要領よく振舞うな。正々堂々とかかって来い。

 そんな教授のもと、教室はピリピリとし、寝袋での研究生活が続いた。ひとつ間違えば、唾を飛ばしながら学生をガンガン叱り飛ばすことの連続に、泣き崩れる学生、耐え切れなく辞める学生も続出した。親を連れてくる学生にはもっと厳しかった。なぜ親を呼ぶのかってことから始まって、ついには親まで説教する。親とともに大学を去る学生もいた。

 そんな教授のことだから、飲むのだって半端じゃなかった。正月明けの飲み会だと、各自、郷里の酒を一升瓶ずつ教室に持参するのが掟であった。その酒をまず教室で全部、飲み干すのが決まりであった。その後、やおら街に繰り出すが、ひとりの脱落者も許さなかった。とある大雪の最中、街に繰り出し、しこたま飲んだ勢いで、相撲を取ろうと教授が言い出した。「俺は学問だって何だってお前らに何ひとつ負けやしない.かかってこい!」雪の中で裸の巨漢が吠え、裸の学生がひとり、またひとりと、雪の上に放り投げられた。最後に相撲部の主将が勝負した。さすがに両者みじろいもせず、互角の勝負となった。裸と裸がぶつかって湯気が出る中、突然、パトカーがサイレンを鳴らして急行した。どうやら近所の人が通報したらしい。喧嘩じゃないんだと何とかおまわりを説得し、教授の務所行きだけは阻止した。

 団塊の世代は就職難でもあった。炭鉱が閉山して鉱山が斜陽の頃であった。大学教授に、とある会社に行くよう命ぜられた。命ぜられたというのはそのとおりで、当時、その教授のもとでは学生個人に就職の選択自由はなかった。仮に教授が勧めた会社を固辞すれば、教授の面子が立たないばかりか、二度とその会社はこの地方国立大学に求人に来ないであろうことが予想できた。私が命ぜられた会社はそれまで旧帝大ばかりを採用していたが、冷やかしのつもりでその時、始めてこの地方大学に求人にきたらしい。

 旧帝大から都(みやこ)落ちしてきた私の大学教授にしてみれば、都に対する意地もあった。結局、命ぜられるままに私はその会社に就職したわけであるが、就職して十年くらいたった頃、就職した会社の社長がこの地方大学をわざわざ訪れた。そして教授にこう言った。「東大、京大よりも是非、先生とこの学生さんが欲しい」と。なぜかと教授が尋ねたら、「ほとんどの学生がつらいと言ってすぐに辞めていくんですが、先生とこの子(私のこと)だけは辞めないんです」と社長は答えた。どうやら、頭が良いからでも仕事がよくできるからでもなく、我慢強くて辞めないこと、歩留まりが良いことが魅力であったらしい。

 思い返せば、高校、大学、就職、資格と私には選択肢はなく一回きりの勝負の連続であった。後ろがないどころか、半分、徳俵を割った状態が続いた。かえってこれが良かったと思う。人間、後があると思うと必ず失敗する。また、文系を目指した私は、よりによって苦手な工学の道を歩むことになったが、これがまた幸運を招いた。苦手を先に克服することで、後が楽であった。それどころか、大学に行けたこと自体が幸せであり、母親や兄弟やその連れのお陰であることを忘れてはいけない。片親しかいないこと、極貧であったことなど、何て不幸なんだろうと嘆くより、これで良いのだと考えることで前向きに生きれることができた。その時々、生きるためのひとつの工夫として、そう思うようにしてきた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

苦労は買ってでもせよ。

体験に勝るものはないですね。
その時そのときを一生懸命歩んでこられたことが
今のきよしさんにつながっていますね。
迫力あります。

貧しさ

いろいろな事、極貧・・・でも、今思えば思い出になります
ま、なかには思い出したくないこともありますが・・・

昔辛くても、時が過ぎれば今は辛くないですものね
昔痛くても、時が過ぎれば今は痛くないですものね

でも、きよしさんは強いな
僕も自分では強いほうだと思っていますが・・・
きよしさんには負けますわ
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR