菅降ろしPart2

 何も言わなければ指導力がないと叩かれ、何か言えば思慮がないと非難される。どうしてこの国は人の批判ばかりに専心するのか。どうしてもっと建設的な意見が出ないのか。情けなくなる。

 仮にも自分たちで選んだ一国の首相である。その首相をどうして支えようとしないのか。言動に問題があるとすれば、具体的にどうすべきだというのか。だったら、誰が首相になればよいというのか。決まって、誰もそれには答えないのである。

 これだけは言おう。「浜岡の中止」の決断を菅首相以外で誰ができたというのか。決断に思慮があろうがなかろうが、決断自体に意味があるのである。大げさに言えば、今後の原発政策の転換を意味する重い発言である。今の自民党だったら、誰も決断すまい。否、ひとりだけいた。河野太郎である。自民も公明も復興対策本部になぜ入らないのか。菅首相が信頼できないからだと言う。どこがどう信頼できないというのか。それでは「嫌いだから一緒に遊ばない」という駄々っ子と一緒である。

 自公がなぜ菅さんを信頼できないと言うのか、教えよう。自民や公明が恐れているのは菅さんの本気さである。脱原発の覚悟が恐いのである。長期にわたって醸成してきた原発の利害構造を根本から覆されるのが恐いのである。

 ここに集う良識あるシニアが指摘するように、日本のメデイアの凋落は明白である。政府の批判ばかりを繰り返し、自らは泥を被らない。20Km圏内に入るのは外国メデイアばかりである。

 そのような体たらくなメデイアに惑わされることなく、我々は何が真実かを見極めなければならない。「菅降ろし」の構造にどのような真実が見えるのかを。早くも原発利権を再構築する動きを。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

永遠のハードバパーさん、毎度です。

原発中止と地震予知のこと、メールで送りましたので見てください。

>  誰がやってもうまく行くとは思えないこの非常時に、あれだけ批判されても投げ出さない菅さんは偉いと思いますよ。

ありがとうございます。高校(宇部高校)の2年先輩なんです。
ホームレス詩人・公田耕一こと田上等さんが言ってました。
若い頃、菅さんから「お前はブレるからだめなんだ」と叱られたそうです。
彼は決してブレませんよ、と。

>  私は親父の代から朝日しか読んでいないので自分でも偏っていると思っていますが、批判しかしない他のメディアはどうしても読む気にはなりません。

朝日新聞党、一緒ですね。

No title

全く同感です。
別に菅さんの肩をもつつもりはありませんが、野党の態度を見ていると、口では国難と言いながらチャンス到来と喜んでいるとしか思えません。

Re: No title

爺さん、おはようございます。

いつもブログを読ませていただいてます。
なるほど、なるほどと、同感するものが多いです。

自民党もあれじゃ駄目ですね。
やってることが逆に国民から嫌われていることが
わかってらっしゃらない。
なんて、国会議員とういのは鈍感なんでしょ。

また寄ってください。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR