放射能汚染は今始まったことではない

 連日のように放射線量の測定が行われる様子や結果が報道されている。それを見て、私の会社にも放射能測定器があるのを思い出した。早速、ジュラルミンの格納箱を開けて放射能測定器を取り出してみた。会社廻りの放射線量を測定してみたところ、値は0.15マイクロシーベルトを示した。平常値であり、ひと安心。

放射能測定器


 この測定器は温泉探査において使用する。地中内部から放出されている微量な放射線量を測定して温泉井戸の候補地点を探すのである。とくに、西日本の花崗岩地帯においてラドン温泉を探査するのに効果を発揮する。

 考えてみれば、放射性元素は我々の仕事においては身近な存在である。放射性同位体が一定の半減期で一定の崩壊形式をとることを利用して、地層や岩石の年代測定を行う。1940年代~1960年代の核実験や核事故によって放出されたトリチウムの減衰傾向を利用して、地下水の起源となる降雨の年代測定を行うなど、放射性元素の存在の恩恵に預かっている部分もある。

 

 そうこう考えてみると、今、「フクシマ」周辺の放射能数値で大騒ぎし、「フクシマ」が放射能汚染源の元凶ように世界中から非難されていることが、やや滑稽にもみえる。

 無論、「フクシマ」の事故は決して許されるものではない。しかし、だったら、1940年代~1960年代の核実験や核事故によってどれほどの放射能が放出されたというのか。例えば、1960年代前半において日本人は1日に1ベクレル以上のセシウムを摂取していたと推定されている。チェルノブイリ事故直後、ヨーロッパ全土でのセシウム汚染の量は1m2当たり2000~4000ベクレルとも言われている。これらの核実験による放射能汚染の量は「フクシマ」の比ではないのだ。
 
 繰り返される核実験やそれに対する核実験反対デモを、我々はどこか人事のように眺めてきたのではあるまいか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

癌って?

きよしさまこんにちは。
本当に  繰り返される核実験やそれに対する核実験反対デモを、我々はどこか人事のように眺めてきたのではあるまいか。
そのとおりです。
話は違うかも知れませんが、それで今の世界で癌が二人に一人ということになっているのでしょうか???

福島

福島では大変なことになっていますね。
宮城にも女川原発があり、やはり不安です。
企業はどうしても利益を追い求め安全性は二の次になりますから。
この際、東電並びに政府は徹底して原発の安全性を確保するように
しなければなりませんね。

No title

->トリチウムの減衰傾向を利用して、地下水の起源となる降雨の年代測定を行う

そういうことですか
今回の原発事故で半減期というのを始めて知りました
文系で化学、科学はさっぱりです

ギャラリーの画像に拍手ありがとうございます。

Re: 癌って?

dorucasuさん、メールにて返信いたします。

Re: 福島

俊介さま、ご来訪ありがとうございます。

改めて、ご無事で何よりです。
それにしても、貴殿のブログを見るにつけ、
生と死の境目、運命というものを思い知らされます。
大変貴重な経験をされたのですね。
お母様をさらに大事にされてください。

Re: No title

我太郎さん、おはようございます。

文系でしたか?
シニアはほとんどが文系ですね。
それにしても、写真はプロ並みですね。
いつも感心しています。
あのような綺麗な写真が撮れるといいですね。
また、訪問させていただきます。

No title

ジオテクさん地方では、線量計数値が平常値で特に異常なしですか?県内でも場所によりバラツキがあるらしいですね、今更、数値の高い
低いにマンネリ状態になりつつあります。
汚染物質ヨウ素が検出された時、専門家が甲状腺に付着しやすく
成長期の子供に悪影響を与えると説明した、セシュウムが検出され
た時は、骨髄、腸管にたまり30年間くらい排出されないと言った。
またストロンチュウムは骨髄にはいり白血病の要因になりうると・・・
寝た子を起こす様な説明をし、放出量が少ないので、心配ないと後だしした。
これらの事は本当ですか?一度インプットされた恐怖心は、そう
簡単にはリセット出来ないんだけど・・なぁ~~

これからの季節、紫外線をあびる方が怖いんだけど、老若男女を問わず襲い掛かってくるからね、ブロック対策を考える今日この頃です。

ブログを読んで頂きありがとう 

Re: No title

マトンさん、おはようございます。

> ジオテクさん地方では、線量計数値が平常値で特に異常なしですか?県内でも場所によりバラツキがあるらしいですね、

私が所有する測定器は土壌の放射線量測定器なのです。大気の測定だとバラツキが大きいと思います。

> 汚染物質ヨウ素が検出された時、専門家が甲状腺に付着しやすく
> 成長期の子供に悪影響を与えると説明した、セシュウムが検出され
> た時は、骨髄、腸管にたまり30年間くらい排出されないと言った。
> またストロンチュウムは骨髄にはいり白血病の要因になりうると・・・

専門家は発言に注意しないといけないですね。
これでは不安を煽るだけですね。

> 寝た子を起こす様な説明をし、放出量が少ないので、心配ないと後だしした。

だったら、言うな!といいたい。

実際のところ、タバコを吸う危険性の方がはるかにリスクが高いんだけど。
車の事故とか、大きなリスクは身の回りに沢山ありますよね。
ただ、原発は人災という点が大きな違いですね。





プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR