原発について考えてみよう(3)

 今となって誰もが思うことである。どうしても原発に頼らなくてはいけないのかと。日本は世界のエネルギーの約5%を消費するネネルギー消費大国である。しかし、日本はエネルギー資源が乏しく、その多くを海外に依存しなければならないという厳しい現実がある。

 それに化石燃料には限りがある。今のまま世界が化石燃料を使用した場合、世界の石油埋蔵量はあと41年で底をつくといわれている。天然ガスはあと63年、石炭はあと218年で底をつくといわれている。この数字の真偽はいざしらず、早晩、枯渇することになる。

 それでは、太陽光とか風力といったクリーンエネルギーはどうだろう。環境に良い、無限に存在するというメリットもあるが、エネルギー密度が低く、発電効率が低い。従って、原発に比べてコストも割高である。加えて、供給の安定性も課題である。
 
 例えば、原発1基の発電量を得るのに、太陽光の場合だと山手線の内側一杯に太陽光パネルを張りつめなくてはならず、それにかかるコストは原発の約22倍かかる。風力発電にいたっては山手線の内側面積の実に3.5倍の範囲に風車を乱立させなくてはならない。このように、原子力発電のすべてをこれらクリーンエネルギーに代替するのは非現実的であることは間違いない。


原発
 

 それでは他に手立てはないのか。ここで注目すべきはバイオマスエネルギーである。バイオマスエネルギーとは、ひとことで言うと「生物体(バイオマス)から得られる自然界の循環型エネルギー」である。薪を燃やしたり、動物の糞を燃料にするといった伝統的なものから、サトウキビをエタノールにして車の燃料にしたり、生ゴミで発電を行うなどの近代的な技術までさまざまである。いずれも光合成によって生物の体内に蓄えられた太陽エネルギーを資源として活用する点では共通する。木や生ゴミ、動物の糞尿などに含まれる炭素や水素を、発酵・分解・燃焼することによってエネルギーを取り出す技術が脚光を浴びている。このバイオ燃料にはあのビル・ゲイツも投資している。

 さらに最近、ある小さな植物がエネルギー問題解決の鍵を握るか知れないと注目されている。それは「藻」である。一般的には池に浮かんでいる藻を思い浮かべてもらえばいい。藻がある条件下で水素を生成することが発見されたのは、今から60年以上も前のことであるが、最近になって藻の水素生成をコントロールする研究が飛躍的な進歩を遂げた。ただ商業化には未だ多少の時間がかかるらしい。

 このように原発に代わるエネルギーにはいろいろな問題があるが、重要なことは、これ以上原発を増やさないと一端、決めたら、断固たる覚悟である。バイオマスエネルギーの導入促進など新しいエネルギーの開発も急がれるが、それとともにエネルギーの効率改善が求められる。具体的には、一般家庭においては基本的に太陽光発電を促進すること、大企業や大きなビル・病院では六本木ヒルズにように自家発電を強制する、エネルギー効率使用のためのサマータイムなど勤務と生活の工夫などである。

 いずれにしても、エネルギーにも電力にも限りがある。であれば、我々が少し前の良き時代に戻れば済むことである。ロウソク1本の居酒屋で飲む酒もおつなものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きよしさま、こんにちわ今までの記事を見て紹介した紹介したYOUTUBEが載せたつもりでしたが、、すみませんでした。
話しておられたのは広瀬隆さんでした。この方の話は分かりやすかったです。私は原発のことも地震のこともなにも知りませんが、現在の問題をとても分かりやすく話しておられました。記者の方なのかなー

何も分からない者に分かるように話すというのは大変ですね。

No title

きよしさま、先日いれたコメントでいれたつもりで入っていなかったYOUTUBEの話しておられた方は記者の広瀬隆さんでした。
すみません聞いてみて下さいませ。

No title

藻は「オーランチオキトリウム」ですね。以前この話をきいたことがあります。筑波大学の先生が大分前から研究していたとか。
ブログで書こうかなと思ってそのままになっていました。
クリーンエネルギーは確かにコスト高ではありますが、
安いと言われている原発も一旦このような事故が起これば、
高いの安いのなんて話ではなくなりますね。
まともに考えればすぐさま原発から撤退する方向へ進めるべきです。
フクシマ原発事故はそうは簡単に終息するとは思えません。

Re: No title

dorucasuさん、こんにちは。

TouTubeには、広瀬さんはじめいろんな方の話とかシュミレーションまで、満載ですね。

条件設定によって結果はかなりかわりますから何とも。
何をどこまで信じてよいのか、正直、私にはわかりません。
ただ、言えることは、日本だけの問題ではなく、深刻だということです。
「悲観的に考えて楽観的に行動しよう」があたってると思います。

Re: No title

山猫軒さん、こんにちは。

> 藻は「オーランチオキトリウム」ですね。以前この話をきいたことがあります。筑波大学の先生が大分前から研究していたとか。

そうです。

それよか、フクシマはほんと大変ですね。
ま、私らは放射能で死ぬよりも老後で死ぬ確率の方がはるかに高いからいいですが。
若い人や幼い人がかわいそうです。

原発廃止

仰る通りですね。
原発は恐ろしいが現状では頼らざるを得ないものです。
それを廃止するためには国家をあげての一大プロジェクトを
組まなければなりません。
それも早急に。

Re: 原発廃止

俊介さん

コメントありがとうございます。

というか、コメントの内容云々ではなく、
コメントいただける状況にあることに
感謝です。

ありがとう。
ほんとうに生きててよかったです。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR