情報の功罪

 福島原発がかなりヤバイという信頼に足る情報を入手し、同居人に詳しく教えてあげようとした。すると、本人曰く、教えてもらいたくないと。知ると体調がまたおかしくなるかも知れないから、恐いと言う。確かに。彼女は3.11以降、体調を崩し、一時はひどい帯状疱疹を患った経緯がある。

 同居人だけではない。私の廻りの多くの人が3.11以降、体調を崩している。胃が痛む、頭が痛む、眠れない、憂鬱であるなど、症状は人によってまちまちである。しかし、少なくとも国民の多くが心の奥底に3.11によるPTSDを患っているといえるかも知れない。

 テレビで繰り返される3.11の悲惨な情景を見る度に具合が悪くなる人もいる。福島原発の改善しない状況を知る度に体調を崩したりもする。政府や東電の曖昧な見解を聞く度にむしゃくしゃする人も多い。これらはすべて情報を入手することによる弊害である。

 現在の情報化社会においては、情報はできるだけ多く、詳しく、正確であることが基本である。しかし人によっては、知らなければ知らないほうがよいという人もいる。それでは、どのように人によって情報の選別をするのか。

 負の情報による弊害を受けやすい人は、できるだけテレビを見ないとか、新聞を読まないとかの努力は可能である。しかし、病院の待合室でテレビが放映されているなど、本人の意思とは無関係に、知らず知らずに情報が入ってくることもある。また、地震速報などの重要な基本情報は、逆に知っててもらわないと困る。

 非常に危険な情報をそのまま正直に提供すると国民は混乱する。さりとて、安心情報として提供すると隠蔽だと批判される。どういう内容をどのタイミングで情報として流すべきか、このような未曾有の、しかもまだ継続中の災害においてはとくに難しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きよしさま、情報の受け取りに私自身も難儀しています。一時期体調不良をおこし、長年ぶりに風邪などひきました。でもやはり気になり、今日もYOUTUeで「映画『東京原発』」を見ました。ブラック・ユーモアの映画とはいえ福島原発の現在の状況から笑えませんでした。そして、同じ検索でその映画の間違いを示している文章も出ていました。
本当に、、、、

Re: No title

dorucasuさま、おはようございます。

夜はほとんどネットをしないので、いつも返事が明くる日になってしまいます。

> 一時期体調不良をおこし、長年ぶりに風邪などひきました。

やはりどうでしたか。とくに女性に多いですね。精神的にも参ってしまいますね。
役に立つ情報もありますが、ガセネタも多いですね。
情報の取捨選択もこの時代の宿命ですかね。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR