原発について考えてみよう(1)

 シニア・ナビの山猫軒さんに、平井憲夫さんのブログを紹介していただいた。「原発がどんなものか知ってほしい」というタイトルのブログは、「私は原発反対運動家ではありません。私は20年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。」という書き出しで始まる。原発のずさんな管理体制や周辺地域住民への差別、風評被害などを指摘した告発文である。
http://www.iam-t.jp/HIRAI/

 平井憲夫さんなる人物を少し調べた。実在した人物であるが、既に1997年1月に逝去している。彼の文章は、原発反対派の教本的存在として数年前からインターネット上で増殖しており、今回の福島原発事故を契機に注目されていることもわかった。

 一方この文章に対しては、原子力事業に携わる者を中心として、反論や批判も多いこともわかった。反論や批判のブログも多い。一部、原発の事実が含まれてはいるものの、そのほとんどが間違いである、というのが反論意見の大筋である。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~asashi/genpa/

 私が平井さんの文章を読んだ印象としては、全体に反体制的な思想が強いのがとても気になる。それは、数々の原発差止め裁判の原告補佐活動をしてきた彼の履歴からも想像できる。一方で、原発現場に従事した者でしか知りえない情報も含まれていることも確かである。また、少なからず原発のずさんな管理体制については、さもありなんと納得できることもある。さりとて、すべてが真実とも思えない。そもそも、1997年に亡くなった彼の遺稿が誰の管理のもとに受け継がれているのかさえ疑問である。

 このように、原発についての推進意見も反対意見もある。ここで我々国民にとって重要なことは、一部の情報だけを鵜呑みにしないことである。自らの手で原発に関して調べることであり、自らが納得できる回答を得ることである。なぜ日本が原発の推進に邁進したのか、なぜ国民は原発を容認したのか、原発に代わるエネルギーはないのか、なぜ日本だけが今なお原発を続けているのか。福島原発事故を契機に、国民自らが原発について今一度、考えてみよう。

 防災意識の心のハードルを上げようと、先日、私はこのブログで記した。原発問題もしかりである。この国民には自らの手で自らを防衛する意識が足りない。そろそろ、自分で自分を守り、自分たちでこの国を守る意識改革と危機感が求められる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR