生と死の境目

 まさに、地獄絵図とはこのことか。大津波は家も車も道路も鉄道も電柱も、すべての物という物をなぎ倒して呑み込んだ。物だけではない、人の心も、人と人との絆をもすべてを呑み込んでいった。未曾有の大地震と大津波が発生してこのかた、ペンを握る気力も失い、ただただ途方もなく、繰り返し速報を見守るすべしかなかった。

 あの地はもともと風光明媚なリアス式海岸である。入り込んだ小さな海岸線は、太平洋からの荒波が鋭角的に入射する海からの営力と河川から海に流れ出す営力のせめぎあいの場である。わずかに自然堤防がそのせめぎあいの境界を印すものの、もともと海と陸との境界に「境目」はなく連続的であった。堤内地は時に荒波が越流し、時に河川が氾濫する自然淘汰の場であった。縄文時代より人は高台で暮らしていたが、徐々に住みの場を低地に移し、自然が淘汰する戦の場を人間の理由によって埋め立てて宅地化したものである。

 学者は言う。想定していた宮城沖地震とは桁外れの規模であったとか、同じ太平洋プレート上で震源が移動する可能性もあるとか、甲信越の地震は触発されたものだとか。さらに、福島原発の揺れは設計震度をはるかに超えるものだったとか。ここで明確に言えることは、どの学者も起きた事象を結果論として展開しているのであって、的中した学者は誰もいないということである。私は、自身の会社のホームページにプロローグとして明確に記している。「地震予知は何もわかっていない」ということを。

 地震学者には予想屋が多い。東南海地震だの南関東直下地震だのと、来たるべく大地震を警告する。プレート理論でもって、まことしやかに運動のメカニズムを説明する。しかしながら、こと予測となると、その根拠たるや非常に希薄で貧弱なものである。有史以来のほんのかけらばかりの実績でもって、その頻度から推し量っているだけである。今回と同じような規模の地震は、日本のどこで起きても不思議ではない。なぜなら、概括的にみて日本は複数のプレートの境界に位置し、全国いたるところに無数の活断層が存在するからである。その意味で、地震被害による死と生の背中合わせの「境目」は日本全国のどこも同じである。

 今回の未曾有の大地震と大津波による被害は家族も友人も離れ離れにした。大津波が来て家族で手を取り合って逃れてたまたま助かった夫は、妻や子供の名前を叫ぶ。一人だけ助かったことを責める。大津波の激流の中で電柱にしがみつき助かった人がいる。しかし、助けを求める人を助けることができなかったと悔やむ。屋根の上に登り、沖合いまで漂流しながら助けを求めた男性がようやく救助された。たまたま流れてきた畳につかまって助かった女性もいた。夫婦別れでもう諦めていたら助かって抱き合う夫婦もいた。ちょっとしたことで生死の「境目」がある。それを見るのは痛ましい。

 地震発生の直前、我々は一体、何をしていたのか。政治においては、菅さんを降ろせとか、予算を通すや通さないとか。超就職氷河期だとか不正受験の話題とか。今にして思えば、どおっということもない話題で盛り上がってた。我々といえば、どっぷりと当たり前のように幸せな日々を送っていた。

 しかし、今回の大災害で改めて実感する。我々の幸と不幸、生と死は常に背中合わせなのだと。生と死の「境目」、それは明確ではないことを。その上で、今、生を与えられて生きていることに感謝して精一杯生きなければならないことを教えられる。家族や友を大切にしなくてはならないことも。相反する意見の人ともできるだけ話し合い、手を取り合って生きていかなければならないのだと。この災害は我々に「生きる」という原点を教えてくれたようでならない。そして何よりも戒めなければならないのは、何もかもわかったような振りをする科学における人間の驕りである。最後に、この災害でお亡くなりになった方、被害に遭われた方、その家族にお悔やみを申し上げる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きよしさま。こんばんは!!

>我々といえば、どっぷりと当たり前のように幸せな日々を送っていた。 しかし、今回の大災害で改めて実感する。我々の幸と不幸、生と死は常に背中合わせなのだと。生と死の「境目」、それは明確ではないことを。その上で、今、生を与えられて生きていることに感謝して精一杯生きなければならないことを教えられる。

本当にそうですね。平和ボケしていました。この大災害は何が
一番大切なのか??を問われたような気がします。
TVを見るたびに、惨状に体が震え、何も出来ない自分に苛立ちと
焦りも感じます。今出来る事は何かを考え、やっていきたいです。
こんな時、頑張ってなんて言えないけど、少しでも前向きに
なれるよう、皆で力合わせ。心合わせ。知恵を出し合い乗り越えて
いけたら良いなと思ってます。

Re: No title

ミー子姫さま、こんにちは。

コメントありがとうございます。

> 本当にそうですね。平和ボケしていました。

日本はほんと、平和ボケですね。

> 一番大切なのか??を問われたような気がします。

ミー子さんにとっては、何が一番大切でしょう?
旦那、恋人、ペット?

> 皆で力合わせ。心合わせ。知恵を出し合い乗り越えて
> いけたら良いなと思ってます。

そうですね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR