八百長論評に潜む日本人の深層心理


 また八百長問題なのかとうんざりされるのを覚悟で、あえて物申す。物申す発端は、八百長問題に関する識者の多くの意見を見聞きするに、八百長を概ね肯定するものがほとんどであることに呆れてのことである。最初にその代表的なものを紹介する。なお、紹介内容は要点を簡潔にまとめている。

 まず、政治学者の御厨貴さん(東京大学先端科学技術研究センター教授)の論評。彼曰く、例えば政治においても国対政治によるお金に絡んだ裏取引があり、国民もある程度、裏を知りながら政治がうまく廻ることをよしとしている。つまり、うまくやるのが大人の世界だと。

 次に、テレビでもお馴染み、国語学者の金田一秀穂さん(杏林大学教授)の弁。八百長には愛がある。日本社会の基本原理は人と人の情である。白黒つけないのが大人であり、日本人なのだと。

 さらに、ノンフィクションライターの柳澤健さん。八百長は番付を落としたくない保身が動機である。保身は人の常である。大部分が真剣勝負であればそれで何が問題なのか。
他にも多くの論評があるが、どれもこれも同じように肯定的である。

 これらの多くの識者・賢者を敵に回しても、私は敢然と異を唱える。私は2月3日、自身のブログで「茶番劇」と題して、八百長に関する意見の多くが茶番劇だと評した。その上で、大相撲が国技と思い公益法人であるから腹が立つのであって、大相撲をただの興行として見れば腹も立たないという内容を記した。このことは裏を返せば、仮に国技を主張し公益法人としての特典を得たいのであれば、断固として許されないことだと主張しているのである。

 前述した識者の主張は総じてこうである。「白黒させない、うまくやるのが大人の世界である。そこには義理も情もあろうし、多少の八百長も致しかたないのでは」と。そしてそのことの比喩に、政治の世界を持ち出したり人情相撲を持ち出したりしている。それに対して、「それとこれとはは違うだろう!」と敢然と言いたい。それではあなた方は子供に対して、「多少の嘘や偽りがあっても、うまく世渡りするのが大切ですよ」と教えるのですか。それは稚拙な意見だと私を愚弄できるでしょうか。私は甘んじてお受けいたします。

 御厨貴さんは「うまくやるのが大人の世界」と主張していますが、原文には「大きな声で言えないけどうまくやるのが大人の世界」と記しています。つまり、彼自身もそう言いながら後ろめたさを十分に感じているのです。金田一さんが例にあげている人情相撲に関してです。義理と人情を人一倍重く受け止め実践してきた私ですが、組み手の詳細までメールでやり取りしているのは人情ではないでしょ。これを人情だとすれば人情が汚れるというものです。政治や人情、大人の世界という言い訳で逃げんじゃないと言いたい。

 私とて政治の世界や経済の世界、大人の世界の随所に裏があることを十分に認識し、その必要悪を認め、ある意味、それを受容しています。しかし、それとこれとは違うでしょ。「あってはならないものは、あってはならない」のです。白黒つけることが稚拙な考えだと仰っている識者がいる限り、日本は自立できないのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お怒りごもっとも。
識者なんてまともに相手にしてはいけません。
八百長はショウビジネスの世界、お笑いの部類ですから、
真剣勝負、ましてや政治の世界であってはならないと思います。菅政権は大相撲並みのお粗末さですが、
根回しとか、交渉とかというのと、姑息な裏取引とは違うと思います。
恥ずべき事をそう思わないこの国がどこへ向かってゆくのか実に嘆かわしい。

No title

>仮に国技を主張し公益法人としての特典を得たいのであれば、断固 として許されないことだと主張しているのである。

まったくその通りだと思います。

結局、国の許認可を取り消し、補助金を受けないで
相撲協会独自の自己責任で行えばいいのでは?
無理だとは思いますけれどね・・・

Re: No title

兄貴、ご返事が遅れました。

> お怒りごもっとも。

貴兄にしてみれば、何を子供みたいなことをとお思いでしょう。

> 識者なんてまともに相手にしてはいけません。

識者より上は賢者でしょうか。

> 八百長はショウビジネスの世界、お笑いの部類ですから、

そうですか、ショーですか。青二才の私にはどうも。

> 根回しとか、交渉とかというのと、姑息な裏取引とは違うと思います。

そうだ、そうだ。それは理解できます。

> 恥ずべき事をそう思わないこの国がどこへ向かってゆくのか実に嘆かわしい。

羞恥心を持たないこの国、どこにいくのでしょうね。

Re: No title

こんにちは。久しぶりのお休みです。

> 結局、国の許認可を取り消し、補助金を受けないで
> 相撲協会独自の自己責任で行えばいいのでは?

まったくそのとうりだと思います。
一度、解体した方がとよい思います。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR