形見分け

 義母が亡くなってもう半年が経過する。義父は福岡の長男に引き取られたので、義父と義母が住んでいた古い実家は誰もいない留守宅となっている。長男は誰もいない留守宅のガスを止めるようにした。冷蔵庫も整理して電気も止めた。水道水だけは残した。義父の自動車は、もう乗らないほうがいいだろうという周囲の意見に従って、処分した。将来は、家の物を全部整理して取り壊そうという話が出ている。義父は義母との思い出まで削ぎ取られるようで思いで反対している。義父の気持ちも分かる。しかし、残しておいても固定資産税だけ取られてもったいない。将来的には更地にして売りに出すことになるであろう。

 そんなことから、月に1回のペースで兄弟が集まって、ボチボチと家の物を整理しようということになった。義母は日本舞踊の師範だったため、着物や扇子が山ほどある。中には大島紬など高価なものもある。また、ネックレスや宝石類も沢山、出てきた。これは高そうだとか、これは価値があるとか、品定めしながら整理している間はまだ良い。

 ある日、私の同居人が形見のことで妹と電話で話をするのを耳にした。どうやら同居人の妹は、高そうなものに目をつけて自分はこれこれが欲しいがどうだろうかとか、遺品のそうしたものの値段を鑑定してもらったらどうだろうかと、私の同居人である姉に話を持ちかけているらしい。

 結婚してから生活の苦労が耐えないという妹はそういう面に目ざとい。一方、私の同居人は最初からそのような話に興味はない。ただ、形見の品として、どれかひとつだけいただきたいと思っている。妹とのそうした会話は付き合いでしているだけだという。しかし付き合いにしろ、妹と一緒になってそのような会話をするのは「さもしい」ことである。品性が問われるというものだと、厳しく諭した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

寂しいですね。

お義母さまが亡くなられて、もう半年になるのですね。
伴侶であるお義父さまは、まだまだ哀しみの渦中に
あると思います。
ご長男さまのところに住み、生活環境は安泰ですね。
でもそんななか、本人の意図しないことが次々と
まわりによって決められていき
お義父さまは、淋しさひとしおのように感じられます。

人が逝くって大変なことなのですよね。
遺された人の気持ちやいかに・・・ですね。
もうしばらくお義父さまの気持ちを尊重して差し上げたいですね。
お気の毒でなりません。

すみません、勝手なことを言って・・・
いろんな立場がありますものね。

わたしのところも、義母が先に逝き義父が残りました。
同居でしたが、まだわたしたちも若かったせいか
充分に慮ることができず、いま少し悔いているのです。
渦中にあるあいだは、なかなか理解できないことです。
どうぞ、やさしく見守ってくださいませね。

Re: 寂しいですね。

しあわせさん、こんにちは。

> でもそんななか、本人の意図しないことが次々と
> まわりによって決められていき


ブログでは義父に相談なく事を進めているように
受け取れますが、すべて相談しながら進めているのですよ。

> ご長男さまのところに住み、生活環境は安泰ですね。

環境は抜群ですよ。世の中、伴侶をなくしても
悲しんでいる暇がないほど生活に苦慮しているお年寄りも
沢山いますから、それを考えれば義父は幸せだと思います。

> お義父さまは、淋しさひとしおのように感じられます。
> お気の毒でなりません。

寂しさは消えないし気の毒なのもわかりますが、
廻りも各々、生活があるし、見守ることしたできないですね。

伴侶をなくした悲しみについて、私は意見する資格はないです。
しあわせさんは経験されているから、貴女の言葉は重いです。
また、いろいろ教えてくださいね。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR