他人の評価

 人は本能的に他人に嫌われたくないと思う。「誰に?」と聞かれても漠然と、誰にでも、とくに、親や子供や親しい人に。とりわけ、好きな人や大切な人には嫌われたくないと思う。

 他人に嫌われているということを本人が悟らない場合はよい。嫌われていると感じない場合もよい。しかし、面と向かって自分が否定されたり受け入れられなかったりすると、そのことをさほど気にしない人と落ち込む人に分かれる。

 さほど気にしない人とはどんな人か。自分に自信がある人、他人に何と言われようが確固たるポリシーを持っている人、もしくは非常に鈍感な人か、いずれかであろう。ここで鈍感な人は、そもそも嫌われていると感じない場合も多いので、ますます嫌われることの弊害が少ない。だから、ここでは鈍感な人は問題から除外しよう。

 自分に自信がある人とは、本人の人間性を超えて自信過剰であることもあろう。確固たるポリシーを持っている人も、そのポリシーなるものに客観性がなく、世に認知されないこともあろう。

 こうして考えると、普通の人だったら他人に嫌われことに少なからず嫌悪感をいだくものである。すごく落ち込んだり、相手に憎悪を感じたり、避けるようになったり、その程度は人によってさまざまであるが。

 逆に、人は本能的に他人に褒められたいとも思う。相手が誰にしろ、褒められると嬉しいものである。とくに好きな人や大切な人に褒められると、なお嬉しい。褒められるという行為にはネガテイブなことが少なく、ポデイテイブになる。親にほめられて伸びる子供、上司に褒められて成長する社員、師に褒められて上達する教え子など、褒められることにより人は成長する。

 嫌われることにしても褒められることにしても、人はなぜこれほどに他人の評価を気にして生きているのか。一人ぼっちでは生きていけないことを承知した上で、できるだけ気持ちよく生きたいと願うからであろうか。そうだったら、嫌われるような言動を慎めば、少なくとも嫌われることは避けられる。自分の言動に自信がない場合はどうか。それだったら、自己主張しないで目立った言動を避ければよい。つまり、自我を捨てて生きてさえいれば、嫌われることも褒められることもないであろう。果たして、そうした生き方は人間本来の生き方であろうか。

 人にはそれぞれに好き嫌いがあり、人にはそれぞれに自我がある。それを互いにぶつけ合う。だから摩擦もおきる。その摩擦を英知でもって解決するのもまた人間の技ではないのか。私はこれからも人の評価を気にしながらも、人間らしく生きていきたい。嫌われもしよう、憎まれもしよう、たまには褒められることもあって欲しいと思う。私は生身の人間だから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

我が家の日めくりカレンダー

ちょうど、本日、24日の日めくりカレンダーには

50%というタイトルで

皆が好意的なら
うぬぼれてダメになる。

皆が批判的なら
萎縮してダメになる。

自分を最も
向上させてくれる、

好意50%
批判50%

という小林正観氏の言葉が書かれています。

私も何事も素直に受け止めて、自省しながら
少しでも成長していきたいです。

geotechさんも素敵なイヴをお過ごしくださいね。

ううーん・・・

おはようございます~
他人の評価は、まったく気にならないことはないですが
気にかけないようにしています~~
人間、所詮人の価値観に合わせて生きられないですものね。

他との関係のなかで案外、嫌われたり嫌ったりしたひとが
その後強い友情に発展することがあります。

>摩擦を英知でもって解決するのもまた

このことに凝縮されていますね。



No title

デイル・カーネギーの『人を動かす』を
もう一度読んでみたくなりました。(^-^)

Re: 我が家の日めくりカレンダー

夕里子さん、おはようございます。

> ちょうど、本日

いや~、good timingですね。
運命的なことを感じますね。
(ちょっとオーバーか?)

> 好意50%
> 批判50%

いや~、いい言葉ですね。
いただきます。

> 私も何事も素直に受け止めて、自省しながら
> 少しでも成長していきたいです。

夕里子さんのその姿勢、素敵です。

Re: ううーん・・・

しあわせさん、おはようございます。

> 他人の評価は、まったく気にならないことはないですが
> 気にかけないようにしています~~
> 人間、所詮人の価値観に合わせて生きられないですものね。

ふんふん、なるほど。
しあわせさんには、その強さがありますね。
だから耐えれた、耐えたからそう思うようになった。
貴女の声を聴いて、安心しました。
この人はしっかりものだと・・・・・・。

またお話しましょうね。

Re: No title

rippleさん、おはようございます。

> デイル・カーネギーの『人を動かす』を
> もう一度読んでみたくなりました。(^-^)

そうですか、私は読んでいないので、読んでみます。
また、教えてくださいね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR