物の心、人の心

 会社を設立した時、お金がなくて会社の備品を探しに中古家具屋を廻った。とある中古家具屋でスチール机やロッカー、回転椅子などを買い揃えた。戦争で片足が不自由な当時70歳の店長と交渉して、どれも新品値段の2~3割で買い取った。

 それから15年、事務所を引っ越すことになり、当時の中古家具が不要になった。しかしどれも愛着があり、廃棄するにも勇気がいった。同じことなら同じ家具屋で引き取ってもらおうと久しぶりに店長に電話したところ、しわがれの懐かしい声で快く引き取っていただけることになった。

 事務所に引き取りにきた店長はもう85歳になっていた。一段とやせ細り、足もほとんど片足の不自由な状態になっていた。店長はひととおり処分品を見て廻り、どれもこれも大切に使っていただいて・・・・・と感謝の意を示しながら、しかし今では時代も変わって、灰色の文具機はたとえきれいでも人気がなくて処分になると、うらめしそうに漏らした。結局のところ、ほとんど処分対象となり本来であれば処分費用をいただくところだけど、当時お世話になったことだし、大切に使っていただいたのでと、逆に数万円を申し訳なさそうに私に渡した。とんでもないと引き返したが、せめてものお礼ですと店長は固辞した。

 トラックに中古家具を積み込むのを汗しながら一緒に手伝った後、冷たいお茶を出した。ひとしきり、昔はよかったという話をした後、店長は玄関先で深々と頭を下げた。帰り際、店長にお茶とお菓子の袋詰めをそっと手渡した。

 あの店長は今ではもう90歳になるけど、元気にしているだろうかと気にかかる。この時代にあんな店長なんかもういない。物だって使い捨ての世の中、人の心だって殺伐としている。物を大切にし、人と人との会話にも心があった少し前のことが懐かしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいお話です

心が温かくなりました・・・

物を大事に使う事、これは昔はあたりまえでしたよね。
「使い捨て」の時代になり、人間もそれに気がつき始めて
きたようにも思いますが、今までの無駄使いは戻ってきません。

geotechさんと中古家具店の店長さんとのやりとり、今の時代にはめったに見られない光景です。

私の父も独立して仕事を始めたのですが、やはり苦労したようです。
ちょっぴり涙・・・

Re: いいお話です

おしゃれな猫さん、こんにちは。

師走もさっと過ぎ行くようで早いですね。
もうすぐクリスマスですね。

> 心が温かくなりました・・・

いつもありがとうございます。

> geotechさんと中古家具店の店長さんとのやりとり、今の時代にはめったに見られない光景です。

悲しいことです。

> 私の父も独立して仕事を始めたのですが、やはり苦労したようです。

そうですか、独立というのは大変なことですね。
親の代からというのであればそうでもないでしょうが、
ゼロからの独立は大変です。

風邪が流行ってますから、気をつけてくださいね。
では、また。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR