女性力のさらなる活用

 女性が社会進出してもう100年も経とうか。しかし、まだまだ道半ばであり、社会は女性の活力を十分に活用しているかといえば否定的な思いが強い。それに加えて、ここにきて女性の社会進出に関して気になるデータを目にした。

 「夫は外で働き妻は主婦業に専念」という古典的な考え方に賛成する既婚女性は、40代で最も少なく、若くなるにつれて増加するという。とくに20代では5割近くになるという(国立社会保障・人口問題研究所2008年調査結果)。つまり、専業主婦願望の若い女性が増加の傾向にあるのだ。以前は男子以上に自立志向が強い女子ばかりであったのに、これはどうしたことか。

 また、別のデータによると、東京の独身女性の4割が年収600万円以上の結婚相手を望んでいるのに対して、その条件を満たしている未墾男性は3.5%であったらしい(山田昌弘・中央大教授の調査結果)。年収600万円以上の若いイケメンの独身男性なんて、ちょっとやそこらいようはずがないのに、どうしたものか。

 こうした現象の原因を考えるに、若い女子世代は別に昔の姿を望んでいるのではなく、閉塞状態の不景気な今日において、自己防衛の思いに走っているのではないかと思う。ただし世間知らずの思いであることも否めない。経済的に安定した主婦の座が就職より狭き門であるのは今や常識のようである。これに加えて離婚率の増加を勘案すれば、ようやく手に入れたに思えた主婦の座を易々と手放している現実もある。

 私は、かねがね女子には男子と違ったパワーがあると思っている。それは、シニアを見渡しても明白である。男子の朴訥とした素朴さ、おひとよし、遠慮がちな面に比べて、女子のしなやかさ、したたかさ、前向きな姿勢、切り替えの早さは見事なまでである。

 若い女性の主婦願望を改善するためにもシニア女性の活力を活かすためにも、女子の社会進出への戸惑いや不安、障害を少しでも解消すべく努力することが喫緊の課題である。その努力とは何か。託児所や保育園を増やすとか育児休暇の徹底など、国がその気になればすぐできることである。民間企業では既に女子ならではの観点からの開発・分析が行われているが、こうした取り組みを国レベルで実施すべきである。シニア女子の復活を創作する環境作りなど、やれることは山ほどある。大げさに言えば、日本女子のパワーを活用することが将来の日本のGNPを押し上げる原動力になることは間違いない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひと言

若い男性で、年収600万以上は少数でしょう。
現実は夫の給料が安く、生活費・教育費・ローンの支払いの為等、共働きをせざるを得ないと思います。
私にも心当たりがあります~
だから、仕事が大変でも必死に働いてこれたのです。
でも、今から思えば働く事によって社会に参加し、世間への視野が広まったように思います。
だから、チャンスがあれば女性が結婚後働く事はいい事かも知れない。
シニアの女子のしなやかさ・・・には、思わず苦笑いです。

精神と経済の自立

は、若いころからの希求です。
女性が夫におもねることなくきちんと
発言するには、自らも収入の手立てを持っていること。
このことを若いころから大事にしてきました。

しかし一方では、夫の社会生活に縁の下の力持ちの
ごとく、間接的に関わることもりっぱな生き方とも思っています。

まこさんが言われているとおり、仕事を通して視野がずいぶん
広がりますし、糧にもなりますね。

女性の社会進出、これからは中国並みに
結婚しても共稼ぎが主流になるのでは?

そのための育児支援等、もっと充実させて欲しいですね。

Re: 精神と経済の自立

しあわせさん、おばんです。

> このことを若いころから大事にしてきました。

しあわせさんは、しっかり者ですが、世の中、男子に頼った方が楽という
女子が多いのも、残念ながら事実ですね。

> しかし一方では、夫の社会生活に縁の下の力持ちの
> ごとく、間接的に関わることもりっぱな生き方とも思っています。

逆に、夫が妻の縁の下をしてもよいわけで。
私なんか、できればそうしたいです(笑)。

> まこさんが言われているとおり、仕事を通して視野がずいぶん
> 広がりますし、糧にもなりますね。

そう、お金の問題だけじゃなくて、人間成長の面からも社会参加をする
必要を感じます。

> そのための育児支援等、もっと充実させて欲しいですね。

そうそう、あまりにお粗末ですからね。
せっかく意欲があっても断念している女性も多いのでは。

Re: ひと言

まこさん、こんばんは。

> 若い男性で、年収600万以上は少数でしょう。

ですよね。多かったら、私は働く意欲がなくなりますぅ。

> 現実は夫の給料が安く、生活費・教育費・ローンの支払いの為等、共働きをせざるを得ないと思います。

それが現実でしょ。
私の場合もずっと共働きです。

> でも、今から思えば働く事によって社会に参加し、世間への視野が広まったように思います。

働いている女性と全くの専業主婦じゃ、雲泥の差ですよ。

また、ご訪問くだされ。

おはようございます

>専業主婦願望の若い女性が増加の傾向にあるのだ

これは私も少し前に耳にしましたが、驚きました。
その時の私の感想ですが、「楽をしたいと言うの?」でした。
相手の条件を堂々と言う・・・夫に働いてもらい自分は?と。

専業主婦願望の若い女性がすべてだとは思わないのですが、
安易に考え過ぎてはいないかと思いました。

私には娘が二人息子が一人います。どの子にも「女性が社会に出て働く事で、日本が元気になる」と話しています。
女性が結婚後、仕事を辞めずに家事・子育てと仕事を両立できるような社会になって欲しいと思います。

社会で働くことの喜び、自分の世界・視野が広がる事の満足感など、私はしっかりと感じています。

Re: おはようございます

おしゃれな猫さん、おはようございます。

> これは私も少し前に耳にしましたが、驚きました。

やっぱりそうなんだ。

> 私には娘が二人息子が一人います。どの子にも「女性が社会に出て働く事で、日本が元気になる」と話しています。

さすが!それでこそ日本の母だ。母の鑑だ(ちょっと褒めすぎ・・・・)。

> 女性が結婚後、仕事を辞めずに家事・子育てと仕事を両立できるような社会になって欲しいと思います。

そうだよね、早くそうなって欲しい。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR