正義とは

 「正義とは共同的・長期的な合理性」と言っていた人がいた。うん?よくわからない。共同的とは国とか地域とか、ある集団にとってということだろう。長期的も抽象的だが、ある一定以上の年月ということか。つまり、「ある国にとって、ある時期において、自国に都合のよいこと」ということになる。そう考えれば、ある面、納得できる。

 ある時期、ある国にとっての正義は、別の国にとっては正義でないことも大いにある。広島の原爆投下は当時の米国にとっては正義だったのかも知れないが、日本にとっては全くの不正義である。ある国のある時期に正義であったものは時間が経過すれば不正義となることもある。広島の原爆投下は世界平和を願う多くの国々にとっては今や不正義と評価されているであろう。しかし、米国にとっては今もなお正義だと思っている人は根強く存在する。

 今の正義は将来、正義ではないかも知れない。過去の正義は今思えば正義でないことも証明されてきた。つまり、正義とは当事者と時間軸の変化の中で変化するものである。であるから、現代社会における常識(正義)は未来永劫、常識(正義)である保障はない。

 とてつもなく極端な話をしよう。殺人はほんとうに不正義なのか。現代社会では誰が考えても罪であり不正義の象徴である殺人という行為であるが、未来永劫、不正義であり続ける保障はあるのか。「人間の本能こそ尊ぶべきであり、人間の本能に沿って殺人した人を間違って処刑した時代が過去にあった」と、未来の教科書に書かれることは絶対にないのか。誰も保障できるものではない。

 これは極端な例であるが、要するに、この世の中のさまざまな問題において、どちらが正義であるかというと、絶対的なものはないと考える。正義というのは人間の煩悩が作り出したひとつの概念ではないのか。

 まして、国に正義はありえない。尖閣諸島の問題にしても、北方領土の問題にしても、相手方が不正義だと言い切れるのか。相手方の主張は、戦争に負けた日本は黙りなさいと言っているのだ。まだほんとうの意味の終戦に至っていない。戦争に勝った国が正義、負けた国が不正義という考え方が根底にある以上、世界平和はほど遠い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

頭の中でぐにゃぐにゃになっていた事が整理整頓されたように感じます。geotechさんの文章の魅力にはまっていく私です。

>戦争に勝った国が正義、負けた国が不正義という考え方が根底にある以上、世界平和はほど遠い。

これは永遠にないのかもしれない・・・私が生きている間は。

Re: No title

おしゃれな猫さん、こんにちは。

もうPC直ったのですね。随分と苦労されたようで。
やっぱ、PC依存症ですね。

> 頭の中でぐにゃぐにゃになっていた事が整理整頓されたように感じます。

実は、自分自身の考え方を整理するために文章化しているのですよ。

> geotechさんの文章の魅力にはまっていく私です。

えっ (?_?)、なんと光栄なことです。

今後ともよろしくです。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR