事業仕分けと国家財政

 特別会計にメスを入れた事業仕分けの第3弾が終了し、事業仕分けのほぼ全容が明らかになった。もともと事業仕分けは、国家予算の見直しにおいて、国民への透明性を確保しながら、予算執行の現場の実態を踏まえて、そもそも事業が必要か否かを判断するものである。無駄をなくすのは大変、結構なことである。また、国家予算の使い道について少なからず透明性を垣間見ることができ、国民の関心が高まったという点で、事業仕分けの試みに対して素直に評価したい。

 しかしながら、特別会計を対象にした今回の事業仕分けにおいては、重点施策の財源として活用できると期待した「埋蔵金」がほとんど発掘できていない。それどころか、廃止や予算縮減の判定が出た一部特会にしても、法改正など多くのハードルが待ち受ける。無駄削減などで巨額の財源を捻出できるという政府・民主党の見通しの甘さが改めて露呈した形で、増税論議が勢いを増す可能性が高まったように思える。

 廃止や予算縮減と判定しても、実際には手を変え品を変えて復活しているという事実を我々は見逃すことができない。なぜなのか。それは、事業仕分けという行為そのものが制度として法制化されていないからである。よって、で強制力がないのである。

 基本的なことに立ち返ろう。家計を例にすればわかる。家計が苦しいといって主人の小遣いの使途に無駄があるとか、光熱費のこの部分に無駄があるとか、重箱の隅をつっついて騒いでいるのである。それは順序が違うのではないか。まずもって、家計がどの程度に苦しいのか財務諸表(貸借対照表)を明らかにしなければならない。次に、財務諸表という共通認識のもとに、大きな入り(収入)と出(支出)についての問題点について議論することから始めるべきであろう。

 蓮舫行政刷新担当相のさっそうとした姿は格好いい。パフォーマンスとしては良い。しかし、国家財政はパフォーマンスだけでは良くならない。地に足がついた基本戦略を立てるべきではないか。それにはまず、国家の予算と仕組みの透明性が最重要と考える。与野党ともこれに及び腰である。小泉純一郎の政策は良いとは思わない。小泉純一郎の性格も個人的には嫌いである。しかし、彼のように命をかけたリーダーシップが国家の長に求められる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>事業仕分けという行為そのものが制度として法制化されていないからである

まったくその通りと思います。

>彼のように命をかけたリーダーシップが国家の長に求められる。

小泉サンはちょっと疑問ですヨー。
願わくば、彼の実像を調べてみてくださいな。
リーダーシップのない口先だけ吼える男だと
わたしは思っています。

Re: No title

おはようございます。

辛口のコメント、ありがとうございます。

小泉さんのこと、そのやり口も人間性も嫌いだし
間違っていると思います。

ただ、北朝鮮に自ら行ったこと、口先だけでも
命をかけた発言、そのようなパフォーマンスも
総理には必要だと思っています。

さて、しあわせさがしの旅の結末は、どうなるのでしょうか。
その方が私にとって気がかりですぅ。

では、また。


No title

ふふっ、旅の結末
ご心配いただき、ありがとう。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR