スマートフォン戦争

 
先週、「ケータイ依存症」をここで記事にしたところ、多くの方から反響があった。ありがとうございました。コメントの多くが、多かれ少なかれ私も依存症である、という内容であった。これほどまでに「ケータイ依存症」が浸透(進行)しているのかと、改めて実感したところである。

 しかしその直後、友人から「ケータイ」という言葉自体がもう死語に近い、という指摘を受けた。確かに。既に普及しているiPhoneに続いて、最近、auとNTTドコモからも新しいスマートフォンが相次いで発表され、3社三つ巴のスマートフォン戦争がもう間近にあるのが現実である。

 若者に人気でテレビコマーシャルでもお馴染みの、例のiPhone。確かに格好よくて、あんな風にモニターを指で広げたり縮めたり、いろんなソフトを搭載しているし、欲しいと思っていた。しかし、au派の私としてはsoftbankに乗り移ることができず、また機能的にもケータイであるようだけどケータイでないところがあるので、拒絶していた。実際にiPhoneを持っている人の多くが、別にケータイを持っているのである。

 しかし、11月にauが売り出すスマートフォンIS03にはGoogleが開発に携わった「Android」というグローバルなOSを採用している。おまけに、今までと変わらぬ携帯電話機能やサービス(高画質カメラ、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、LISMO)を搭載しているという。こりゃ、誘惑に負けそうである。NTTドコモも同じような機能のGALAXYSを発売するという。

 このようなスマートフォンは、もはや「ケータイ」ではなくてパソコンそのものである。モバイルにケータイ機能が付いていると考えた方がよかろう。このように「ケータイ」が日々、進化している現状にあって、求められるのは消費者の賢明な選択である。今のケータイの機能も十分に使いこなせない人にスマートフォンは必要ないのだ。電子書籍といっても、やはり紙のものでしょうという気持ちも多くの人にあると思う。そして最も危惧するのは、スマートフォンが必要でない人のための簡単「ケータイ」がこの世からなくなることである。技術革新には常に弱者のためのフォローが求められる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね。そんなことも考えられます。
車でカセットがもうつかえないでしょう~(車を買え変えたから)
CDを買え替えるのが腹立たしいです。

よく似たことがありますよね~
テレビだって・・・・

Re: No title

かお~るさん、こんにちは。
いつもコメントありがとう。

ほんと、電化製品の進化に我々は振り回されていますよね。
昔はよかった。洗濯機だってテレビだって、なかなか壊れなかったよね。

今後ともよろしくです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR