ニセコの温泉開発

 北海道の友達からニセコで温泉候補地を探してくれとの依頼があった。ニセコには既に温泉の泉源は数箇所あるが、どこも水量が激減しているので代替水源の井戸を掘りたいらしい。一昨年、富良野プリンスホテルの温泉井戸候補地を頼まれて成功したので、柳の下・・・・のつもりで、また頼んできたのであろう。

 限られた範囲内で探すこと、必ず温泉がでること、格安の調査費でと、注文だけ立派である。本来なら低調にお断りする案件であるが、この友達、憎まれない友により仕方なく応諾した。

 温泉候補地を探すといっても、資料もほとんどないし、地下1000mのことだから何もわからないのが正直なところである。かといって、広島から北海道まで現地調査に行ったら相当な旅費になる。そこで「見てきたような嘘を言う」地質屋さんの本領発揮となる。

 地形学的にどうとか、地質学的にどうとか、はたまた地下水の水脈がどうとか、屁理屈に屁理屈を重ねた理論武装により候補地を絞った。作業の大半は、空中写真による地形判読から地下水脈の可能性があるリニアメントという構造を抽出する。作業日数2日で〆て50,000円。特別バーゲンの格安小商いであった。来年にはその結果がわかる。

ニセコ
(写真はGoogle 3D画像を引用・編集)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR