父から娘へのメッセージ(その一)

 娘の結婚式は両親への感謝の言葉というラストシーンを迎えていた。イベント業に勤める娘の職場の若者が企画した楽しい式がようやく静寂を取り戻した一瞬である。

 会場のうしろに両家両親が立ち並ぶ見慣れた場面、真っ暗な会場の中でスポットライトがお台の花嫁一身に当てられ、やがて娘が語り始めた。

「お父さん、お母さん、長い間ありがとう.小さなちいさな生命(いのち)を大切に育ててくれてありがとう.お父さん、大学生のとき、私に家を出て行けって言ったよね.あの時のことがなかったら、多分、今の私はないと思います.生きることの大切さ、生きていくことの難しさ、人のやさしさ、何も学べなかったと思います.家を出るときお父さん言ったよね.何をやっても良い.だけど、自分のやったことには責任もてって.その言葉を大切に生きてきました.お父さんの積極的で何にでも前向きな性格に私はそっくりです.これからも、厳しく、そして少しだけやさしく見守ってください・・・・・」

 娘が大学生の頃、家を出るときの言葉、実を言うと、正確ではなかった。さすがの娘も、これだけは晴れの舞台で言えなかったのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR