温泉の定義

 昭和23年に制定された温泉法には以下のように温泉が定義づけられている。

(定義)
第二条  この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。
別表 
  一 温度(温泉源から採取されるときの温度とする。)摂氏二十五度以上     
  二 物質(左に掲げるもののうち、いづれか一)
     物質名            含有量(1キログラム中)
溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1000ミリグラム以上
遊離炭酸     250ミリグラム以上
リチウムイオン        1ミリグラム以上
ストロンチウムイオン 10ミリグラム以上
バリウムイオン 5ミリグラム以上
フエロ又はフエリイオン 10ミリグラム以上
第一マンガンイオン 10ミリグラム以上
水素イオン 1ミリグラム以上
臭素イオン 5ミリグラム以上
沃素イオン 1ミリグラム以上
フッ素イオン 2ミリグラム以上
ヒドロひ酸イオン 1.3ミリグラム以上
メタ亜ひ酸      1ミリグラム以上
総硫黄         1ミリグラム以上
メタほう酸     5ミリグラム以上
メタけい酸      50ミリグラム以上                 
重炭酸そうだ   340ミリグラム以上                   
ラドン 20(百億分の一キユリー単位)以上
ラヂウム塩 1億分の1ミリグラム以上 


 これを要約すると、まず温度が25℃以上あれば問題なく温泉である。また25℃以下の水でも水に溶け込んだいろんな物質の総量が1kg中1000mg(一杯のユニットバスの水に缶ビール1本位)あれば温泉となる。さらに水素イオンなどであれば1kg中1mg(一杯のユニットバスの水にスポイド数滴位)あれば温泉となる。つまりこれらの条件はandではなくorであるところが味噌である。
  
 日本の地温勾配(地下で次第に温度上昇する割合)は平均して1m当り0.03℃であるから、1000m掘れば30℃となる。地上温度が仮に0℃であっても深さ1000mの地下から汲み上げた水は、瞬間5℃冷えても25℃だから温泉ということになる。すなわち、1000mも掘れば、日本中どこでも温泉法でいう温泉が出るわけである。

 かって、景気回復策としてふるさと創生1億円という制度があった。市町村は競って1億円の使い道を模索した。その結果、多くの市町村が採用したのが温泉である。当時、ボーリング井戸掘削工事の単価はm当り10万円であったから、1000mでちょうど1億円になるし、温泉法でいう温泉が確実に出るからである。

 このように一口に温泉といっても、ただの風呂であったり、ほとんど効用のないものまで含まれる。それを承知で温泉を利用しているとすれば、それはそれでよかろうが、温泉という狭義のイメージで利用していたとすれば、多少騙された気分になろう。

 そこで、温泉を利用するにあたって最小限のチェックをしていただくことを薦める。まず、「成分表が掲げられているか」という点。成分表すらないとなれば、非常に怪しい。名前だけの温泉ということになる。次に、「温泉としての認可書が掲げられているか」という点である。温泉法に照らし合わせて確かに温泉ですという県知事の認可書です。最後に、成分表をよく見て、どの点で温泉なのか、どの成分が特化しているのかをチェックする。源泉の深さを確かめる。1000mに近い深い源泉はかなり無理があろうし、浅くてもちゃんとした成分があればその方が良質なことが多い。携帯で成分表を撮影して帰ってよく吟味するまですれば、温泉の通に一歩近づく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR