福島への想い、その実と虚







 福島原発は未だ終わっていない。それどころか未だ収束のメドすら立っていない。そのことを国民の誰しも重々、認識しています。その一方で、福島を見殺しにはできない、応援したいという想いが国民の誰しもあることも事実です。


 しかし、あなたは福島にボランテイアに行きましたかと尋ねると、NOと言う。では、あなたは福島のために何をしましたかと尋ねると、せいぜい募金の寄付程度です。それどころか、近所で福島県産の野菜やお米の応援バザーがあっても、買わないあなたがいます。それを責める私も、積極的に買って応援するかと言えばしない卑怯者です。被災地に寄り添うという言葉だけが空虚に通り過ぎます。


 「食べて応援」というキャンペーンや慰問で福島をたびたび訪問し応援した有名人が多くいます。北斗晶さん、大塚範一さん、今井雅之、さとう玉緒さん、坂本龍一さん、、西川きよしさん、松方弘樹さん、渡辺謙さん、地井武男さん。その著名人の多くが既に癌でお亡くなりになったか、癌との闘病生活をしておられます。


 このように、福島と癌の因果関係をこじつけるのは、全く千万、差別極まりなく、失礼なことです。しかし、まったくのデマと言えるのでしょうか。福島の医師が岡山に移り住み、福島の米農家が自身では他県産を買って食べているという現実。福島の子どもの甲状腺癌は180人以上であり、チェルノブイリの5倍以上という現実。それを無視できますか。


 福島のことを言うと過剰反応は凄いですが、誰かがきちんと言わないといけないのです。子どもの甲状腺癌の実態など、福島=癌を払拭するためには情報公開をすべきなのです。福島由来の放射性物質は約200種あって、実際に対策を行っているのはセシウムだけという有りさまであり、つまりセシウム外の対策の現実を公表すべきなのです。情報公開、この国に欠けているのはこのことです。




スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR