アナログへの郷愁






 仕事柄、よく観察する。観察の対象は、山であったり、岩石であったり、自然災害であったりと、いろいろである。時間をかけて観察すればするほどに、いろいろなことが分かってくるものだ。ただし、山も岩石も自然も、なにも喋ってくれないので、自ら山や岩石や自然の中に深く入り込み、よく観察して新しい発見をしなくてはならない。観察してスケッチして、さらにまた観察して、目の前の岩石の生い立ちや形成過程を思い巡らすと、いろいろと想像できてくる。深海で堆積した粘土と砂が海底地すべりによって大きく移動し、その後、恐竜がいる時代に火山爆発があって火山灰が積もり、さらにその後の断層活動によって地層がずれて今ここにある、といったようなストーリーが思い浮かぶ。そういう訓練と知識を積み重ねていって、ようやく精度が高い推理ができてくる。最終的には岩石の前に座って、岩石と会話できるようになれば一人前である。


 大学を出て入社したての頃、例えばダム建設予定地の地質を調べるために地方の現場に出張したとすると、「地質図ができるまで帰って来るな!」と上司に言われたものだ。それだけ、ちゃんと時間を掛けて観察して来いということだったのだろう。複数の社員で出張に行くと、夕飯の後、ワイワイガヤガヤとひとしきり人生論をぶちまけた後、深夜まで汗とインクの匂いの中で畳の上の地質図と格闘した。その精神を受け継いで、起業後も、社員には無駄を承知で自分で納得するまで徹底的にやるように指導した。その積み重ねが、根に足がついた真の技術力を磨き、ひいては人間形成に欠かせないと自負するところである。


 ところが時代が変われば変わるもの、今では余裕が全くない。「まだできないのか、適当に済ませて早く帰れ!」と上司から言われるのが関の山。社会全体、世の中のすべてがその調子である。新幹線や高速道路が整備されて泊まりの出張が少なくなる。必然的に出張先で会社の愚痴を言い合ったり、人生の議論をしたりすることもない。パソコンの急激な発達によって、なにもかもがあっと言う間に計算できたり、まとめたりできる。会話はメールかLINEが主流となり、実際に相手の目や表情を伺いながらの会話がなくなってきている。


 この発展した近代社会の恩恵に預かりながら、この情報社会の先端ツールにどっぷりと浸かっている身ではあるが、これではいけないという思いが強い。例えば私の仕事の関係で言うと、難しい計算を昔はすべて手計算でやっていたのが、今ではソフトを使って瞬時にできる。すごく便利な世の中なのだが、若い技術者は手計算でやった経験がないため、本質的にどのような計算をしているのか理解してない。計算する上の適用条件を把握してない。入力する値にどのような意味があるのか無知である。その結果、出力されたとんでもない値にも、おかしいと気づかないのである。


 技術に関わる問題だけではない。ライフラインが整備されてどこにでも短時間に行ける便利な世の中にあり、ギガからテラ、ペタへと大容量の情報社会の恩恵に与っている。しかし一方、地方ではかつては賑わった商店街がどこもシャッター通りと化し、人と人のふれあいが希薄になり誤解から摩擦になることが多くなっている。事の本質を理解しないで、メデイアに誘導された情報を信じる。ゆっくりと全体像を考えることなく、目先の数字にとらわれる。そもそも、人生とはなにかを考える余裕すらなくなっている。社会の効率化や迅速化に待ったをかけるつもりはないが、ときどきはスローの時間を持つのも大切だと感じるのです。人の話に耳を傾ける、各駅停車に乗って地元の人と触れ合う、大自然の中で過ごす、人それぞれの方法で、今一度立ち止まってみることも必要かなと。そうしないと、社会にも個人にも大きな落とし穴が待ち受けているように思えてならないのです。





スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR