つばめの話






 広島市内に「つばめ交通」という老舗のタクシー会社がある。広い車庫に何十台ものタクシーが納まり、そこから頻繁に出たり入ったりする。その車庫に今年もつばめ一号がやってきたそうな。毎年、車庫のあちこちに巣を作り、子作りに精をだす。巣から藁が落ち、糞が落ち、直下の商売物の大切な車を汚す。汚しては洗車し、洗車しては汚すことを、何十年も繰り返していると言う。それはそれは途方も暮れるような洗車の作業なのだが、「つばめ交通」の繁栄はつばめのお陰と、会社は洗車を厭わない。その話を聞いて、できるだけ「つばめ交通」に乗るようにしている。



つばめ交通



 同じく、わが家のガレージにも毎年、つばめが巣を作る。昨年は風が強くて、作っては落っこち、貼っては剥がれ、最後まで不完全な巣となり、今もその残骸を残す。別の場所に新たに作ればよかろうものを、毎年、同じ場所に作る。残骸の上に作ると剥がれやすくなる。だから、つばめ一号がやってくる前に残骸を除去して、巣作りの準備しておかねば。


ツバメ


 どういう訳か、つばめは毎年、同じ場所に巣を作ろうとする。雨よけ、風通し、湿度や温度、壁の凹凸や材料の調達などの巣作り環境に加えて、家主の人柄も配慮しているのだろうか。ほんとうのことは、つばめに聞いてみなければわからない。タクシー会社と同様、巣の直下にある愛車の洗車を頻繁に行う季節になった。


 話変わって、広島市内に「つばめ」というラーメン屋がある。醤油とんこつの広島ラーメンの店はどこも美味しいが、とりわけ「つばめ」は一押し。いつ行っても満席。なんでも、麺がなくなり次第閉店という。美味しい店にはタクシーやダンプのドライバーが集う。当然、「つばめ交通」のドライバーも見かける。この店のオーナー、麺一筋でつばめ御殿を建てたと聞く。


つばめラーメン


 つばめに纏わる言い伝えは全国にある。「つばめが三度巣をかけると千万長者になる」(愛知)、「つばめは火事を出す家には巣作りしない」(秋田、山形、山口)、「つばめが巣をかける家は縁起が良い」(千葉、新潟、愛媛)、「つばめは田の神様を負うてくる」(広島)などなど。いずれにしても縁起の良いつばめを今年も迎える季節になった。




スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR