信なくば立たず





 トランプ次期米大統領が立候補に名乗りをあげたとき、聴衆は異口同音に悪たれと馬鹿者呼ばわりした。大統領選終盤においては、あの愚か者の暴言者が大統領になるはずがないと高をくくった。そしてその愚か者がまさかの勝利を収めた瞬間、米国人ならずとも世界が凍え切った。発する言葉は、「なぜ」と「まさか」。同じ事をイギリスのEU離脱の折にも経験した。


 トランプ氏のビジネス選挙戦の勝利なのか、国民の愚かさなのか、その原因はわからない。しかし国民投票で決する限り「なぜ」と「まさか」が繰り返され、我々はこの不確実性社会における民主主義のあり方を問うことになる。


 そしてさらに深刻なことは、そのような愚か者をSNSの世界に放し飼いにしたとき、世界が翻弄させられ、混乱と悲劇を起こしかねないということだ。北米のモーターショーにおいては、トランプ氏のツイッターのつぶやきに呼応し、名高いメーカーのトップがこぞってメキシコ工場撤退を決定したり、アメリカへの投資を約束したり、雇用に貢献すると発表した。まだ大統領に就任してもいないトランプ氏の発言、それも正式会見ではなく、ただのつぶやきに、なぜ世界のトップはひざまづき迎合するのか。


 トランプ氏の言う自国第一主義では世界の経済も平和も守られる訳がない。そればかりか牽引国の暴挙がてぐすねを引いていた赤軍団の暴発の連鎖ともなりかねない。それがわかっていて、政治経済のトップはなぜ反発せず迎合するのか。世界の経済と平和を維持するには決死の覚悟と信が必要である。彼の言動が米国の悲劇、そして世界の悲劇の連鎖の始まりとならぬよう、世界のトップは信をもってあたるべきである。




スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR