葬られる事故原因





 博多駅前の陥没事故の放映を見ていて、オヤッっと思った。地下鉄工事にナトムが採用されていたからだ。NATM(ナトム)とはNew Austria Tunnnel Method の略である。アルプス山脈を擁するオーストリアで生まれた画期的なトンネル工法である。


 NATM(ナトム)という言葉の響きは懐かしい。もうかれこれ30年も前のことか、NATM生みの親であるチューリッヒ工科大学・コバリ博士を会社に招いて勉強会を催した。博士は広島の仏通寺がお気に入りであった。先端的な工学博士が竹林の中の侘びとさびを好んだのも印象的であった。


 それまでトンネルといえば鋼製の支保工で支えるのが常識であったが、NATM(ナトム)は地山の挙動を計測しながら工法にフィードバックする柔軟な工法である。この工法によって関越道や上越新幹線などの難工事を乗り越えてきた。そして今ではトンネルといえばNATM(ナトム)と言うほどに常識になってきた。


 NATM(ナトム)は確かに優れた工法であり、山岳トンネルで大きな効果を発揮する。しかしNATM(ナトム)には欠点がある。遮水性である。だから市街地の地下トンネルに採用しているのに驚いた。なぜ一般的なシールド工法や推進工法を採用しないでわざわざNATM(ナトム)を採用したのか。しかも岩盤の起伏が著しい博多駅前で。遮水性をどのように保ったのか。幸いにも死傷者がでなかったものの、大惨事を招きかねない大事故に謎が深まるばかりであるが、不思議なのは施工業者の名や施工の詳細、原因について誰も語らないことである。猛スピードで陥没を埋め戻したように、原因も葬られているように思えてならない。




スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR