老いのはじまり






 今思えば、それは日常のなんでもないことから始まった。家を出てふたりで車で出かける。しばらく走って、「鍵かけたかしら」と彼女が言う。「では戻って確認しようか」と言って戻る。100%鍵はかかっている。家を出て5分や10分の近場であれば、穏やかな会話で済み、素直に確認作業に従った。しかしそれが30分も走ってとか高速道路に入ってとかになると、「いい加減にしろ!」と次第に語気を荒げるようになった。それでも鍵以上に「ガス消したかしら」と言われると、泣く泣く戻らざるを得ない。しかし、これまで不安が的中したことは100%ない。この不安行動は、「ガスよし、戸締りよし、電気よし」と、運転手のように声出し指先確認することで、ほぼ事態は沈静化した。


 それからしばらくして、トイレの電気のつけっ放しが多くなった。最初の頃は「トイレの電気、つけっ放しだよ~」と普通に注意した。たまに私にもあることなので、その場で互いに注意し合った。しかしそれが再々になると、注意していいものかどうか悩んだ。ただの消し忘れでなければ、本人に注意することで本人が傷つきはしないものかと。それで次第に告げずにそっと消すようになった。本人が傷ついて悪い方向になることを考えれば、電気代なんて知れたものである。


 「つけっ放し」や「やりっ放し」などの「ぱなし生活」が続いてからしばらくして、同じことを口にすることが出てきた。最初は、「それはさっき聞いた」「それもさっき聞いた」とつっけんどんに答えた。しかしそれが二度目になり三度目になると、恐くなった。果たして、「それはさっき聞いた」「それもさっき聞いた」と正直に返答していいものだろうかと。今は、ぐっと躊躇してから半分聞いた振りなどをしている。酔ってからの会話という分、多少の気休めもある。


 福岡の施設に暮らす義父から今日も彼女に電話がかかっていた。義父からの電話は何時間にも及ぶ。昔話、それも自慢話を延々と繰り返す。その話は何べんも1万回も聞いたと言っても繰り返す。ガラ携を彼女は耳に当てたまま炊事をしたり、たまに置いたまま用事をする。聞いてない相手に延々と話を繰り返す義父の声が漏れる。それでもたまには耳にして相槌を打たないと「ちゃんと聞いているのか」と怒鳴るらしい。義父の症状は最近さらにエスカレートし、安倍総理と友だちだとか、あの大学は私が建てたとか、この世はばい菌だらけだとか、訳のわからぬ話に彼女を含めて親戚一堂が当惑している。


 さて最初の話に戻るが、「鍵をかけたかどうか不安」というのは、年齢の問題ではなく気が小さいという本人特有の精神状態だと理解していたが、そうでもないらしい。最近、私にもそういう要素が出始めている。会社を出て「エアコンを切ったかなぁ」「プリンターの電源切ったかなぁ」と確認に戻ることが多くなったからだ。


 頭の中でどのようなことが起こっているのかわからない。人によっても環境によっても違い、必ずしも年齢だけの問題ではない。しかし言えることは、最初は小さな不安が能に働き、それが次第次第に能にダメージを与えて損傷していくのではないのか。そう考えると、鍵の掛け忘れ不安から義父の症状に至るまでも、程度の差はあれ、すべては繋がった老いの推移ではないのかと思う。


 人は誰しも老いる。体の老いはジムに行くなり散歩をするなりそれなりにカバーできるが、精神的な老いはどのように抑制すればよいのか。これは私の持論である。鍵の掛け忘れ不安のように、精神的な老いはすべては不安から始まる。声出し指先確認のように、不安に正面から対峙して丁寧に解決する。解決できればくよくよしなくなる。どうにかなると能天気に気構える。デジタル機器を積極的に楽しむ。楽しい行事に積極的に参加する。要するに、いつも頭を使って楽しく飲んで食べること。それが精神的な老いを抑制する良薬だと思うのである。




スポンサーサイト

核の矛盾




 北朝鮮が行った5回目の核実験に対して国際社会の非難が高まっている。安全保障と国際社会の平和と安定への脅威であると各国が非難し、日本政府はアメリカ、韓国と協調して北朝鮮への制裁を強化する構えである。


 しかし制裁といっても、中国が裏で支援している以上、何も変わらないのです。北朝鮮にとっては制裁は痛くも痒くもなく、間違いなく今後も核実験を続ける。北朝鮮を国際社会から孤立させるという手法とて、中国とロシアの反対では骨抜きなものになることは必至。もはや国連は不要で無意味な存在と化している。


 北朝鮮を核保有国として認めないアメリカであるが、認めようが認めまいが、北朝鮮の核保有はもはや現実である。核は既にアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国が保有し、インドとパキスタンも保有を表明している。


 核兵器のない平和社会を実現しようといくら叫んでみたところで、核兵器先制不使用の宣言すらできないのが現実である。核不拡散、核兵器撲滅に関するどのような提案も、どれもこれも綺麗ごとで説得力はない。


 なぜ説得力がないのか。少し冷静に考えてみらたすぐにわかる。核保有国が非難するから説得力がなく、自ら保有する核を手放す決意もなく相手を非難するから説得力がないのである。北朝鮮からしてみれば、自分は持っていて相手に持たせない、それはないでしょ、と思うのは当たり前。ピストルを持っている相手からピストル持つなと言われて、決闘しかけられているようなものである。


 北朝鮮を核保有国として認めないアメリカの態度は、手のひらで太陽を隠そうとしているようなもの。核不拡散、核兵器先制不使用に関してアメリカが毅然とした態度で対峙し、決死の覚悟でもって率先して行動する以外に解決の道はないと思う。


 アメリカが過去に繰り返してきた核実験は許されるというのか。なぜ北朝鮮が核実験を行ったらいけないのか。先に核を保有する国が核を手放さなさず、相手には保有を認めない。核の矛盾についての根源的な議論をしない限り、核のない平和の実現は無理である。




広島カープの優勝に寄せて





広島の地の人間ではない

原爆に関わることもない

最初から応援してきたわけではない


それでも長くここ広島に住みつき

樽募金の時代からの貧乏な歴史を聞くと

目頭が熱くなり応援したくなるのが人情


お荷物で弱小チームと揶揄されたチームに

それでも孤高に異常なまでの熱烈な応援をし続けてきた

そんなファンに頭が下がる思いでいる


そんなチームが真赤激の旗印のもとに

若いヒーローとベテランが駆け巡り

25年振りのリーグ優勝を目前にしている


いま広島は真っ赤に染まっている

この赤は涙の赤であり執念の赤でもある

燃え滾った心の赤でもある


選手は決して器用ではない

ただ広島を思う気持ちと心意気は半端ない

金だけではないと吠え続けてきた


そんなチームとファンを祝福するVである

素直に喜び

素直に祝福して祝杯しよう








カープ

新編・血液型民族移動説





 以前にも拙ブログにおいて紹介した血液型からみた民族移動説であるが、さらに考察を加えてここに紹介する。


 前回もそうだが、血液型の話を披露するたびに嘲笑を買う。「科学者の端くれと思いきや、ただの下手な占い師だ」との罵(ののし)りを受ける。そこは、馬耳東風でスルーし、汚名挽回のため、地球における血液型偏差の実態と原因を民族ルーツの観点から考察してみた。


 下の表は、W・ゲーラー著.石山昱夫訳:「遺伝血清学」(学会出版センター)に掲載してあったものを抜粋・編集したものだ。世界のいろいろな民族のABO式血液型の割合を表にしたものである。日本人が書いた本ではないのに日本の検体数が一番多い。外国ではABO式血液型と性格・人間性について話題に上ることが少ないのに、日本人の血液型への関心度が高いという裏づけであろう。






血液型表



 さて、この表から何がわかるのか。ともかく、国(民族)によって血液型の割合がかなり違うことだけは理解していただけると思う。そこで、私は血液型と民族移動という観点で整理してみた。代表的な民族と血液型偏差が大きい特徴的な民族を抽出し、血液型割合が似た民族を隣り合わせにしてレーダーチャートにプロットした。血液型割合によるカテゴリー分類とグループ名称は私が勝手に名づけたものである。




血液型図




 まず、スペイン、フランス、ドイツのヨーロッパ大陸においてはA型がO型を少し上回る。これを「EU型」と称した。同じヨーロッパでもイタリアとイギリスでは逆にO型がA型を少し上回る。そして、イギリスから移民したアメリカも酷似する。これらを「英米型」とした。「英米型」にはオーストラリア原住民も含む。
 

  「EU型」はA型がO型を少し上回るが、北欧に行くとノルウエー、スエーデン(ラップ族)とA型の割合が増し、O型を引き離してくる。しかし、北欧とソ連との間には明瞭な壁がある。ソ連は「EU型」と似ているようであるが違う。決定的に違うのはB型が台頭してきている点であり、その結果、A型とO型の割合が低くなっている。そして驚くことに、そのソ連に日本は酷似するのである。このグループを「日ソ型」とした。


 ソ連と陸繋がりのモンゴル(カルムック族)はといえば、これがソ連と全く異なる独自の世界を築いている。世界では非常に珍しいB型優勢の民族である。これを「蒙古型」と称した。


 同じ日本でもアイヌ族はどうかというと、「日ソ型」とは全く違うのである。A型とB型が同じ割合であり、AB型も台頭する。このアイヌ族の血液型割合は、驚くことに朝鮮と似ている。これを「朝蝦型」とした。


 朝鮮はさぞかし中国と似ているのではと思いきや、中国(広東族)は世界でも珍しくO型が卓越する。これを「広東型」とした。さらに、南米のペルーやブラジルは国が違えども同じインデイオ族である。「インデイオ型」と称することにしたインデイオ族の血液型は100%、O型というから仰天である。
 

 このようにしてみると、血液型と民族とは強い相関関係があることがわかる。そして、その国(民族)の血液型形成は、民族移動に伴って伝承・醸成されているのではないかという仮設が成り立つ。私は、これを「血液型民族移動説」と勝手に命名するのである。


 例えば、イギリスからアメリカへ、欧州から北欧へと民族が移動することにより、血液型の伝承と変化がもたらされたと考えられる。さすれば、日本のルーツはソ連にあり、アイヌのルーツは朝鮮半島にあるということになる。人類がこの地球に誕生して後、日本列島とソビエト大陸が陸繋がりにあった時期が長い。その後、今の北海道が日本本土と分離した後、朝鮮半島と今の北海道が陸繋がりにあった時期がある。


 このように考えれば、大陸の移動が民族の移動をもたらし、それが血液型の伝承となったであろうことが容易に推測できる。南アフリカを起源とするホモ・サピエンスはヨーロッパのネアンデルタール人、東アジアの北京原人、オーストラリア先住民へと分化し、各々特有の血液型を保有していたと考えられる。さらに、民族の移動と繁殖によって血液型が伝承・変化していったのではないだろうか。その中で、インデイオだけは人類誕生から南米の地に居座り、インカ帝国という巨大な文化都市を形成したと考えられる。


 単に血液型による性格判断とか人間分析という狭い了見ではなく、地球の歴史と人類誕生、民族のルーツ、民族移動、文化の伝承という総合科学的観点から血液型を論じるのも、また夢のある話ではないだろうか。






プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR