今、広島が燃える







 今、広島の街が燃えている。真っ赤に燃えるカープのユニホームが街に溢れ、青のイメージカラーのローソンだってマツダスタジアム周辺では赤に変身。Jリーグのサンフレッチェは現在、優勝目前、早くも優勝パレードの準備が進む。広島駅周辺の再開発が急ピッチで進み、広島市内や宮島を訪れる外国人観光客の増加が著しい。しかし、こうした活況を支える人の心と組織があることを忘れてはならない。

 広島に一風変わった組織がある。その名は「郷心会」という。マツダ、広島銀行、中国電力、広島ガスなどの県内有力企業が名を連ねる。郷心会の最大の目的はマツダ車の販売拡大にある。そのマツダ車は本年度、新型デミオのデビューが好調であり、今やその技術は世界のトヨタも秋波を送る存在となっている。




demio
(写真はマツダのCMページから引用。ちなみに私も1台購入しました。)




 郷心会の設立は、オイルショックの影響でマツダ(当時の東洋工業)が窮地に陥り、広島の街全体が低迷した時期である。広島商工会議所が発起人となってマツダ車の買い支えに躍起となり、そうすることこそが広島の街を盛りたてる方策だという信念であった。一企業を地域が組織として支援する例は全国で他にない。

 広島の街を地域で支える精神の原点は樽募金にある。設立直後に経営難に陥ったカープを、市民が樽募金で支えて経営難を脱したという有名な話である。なけなしの財布から樽に募金したと言う人の話を聞くと泣ける。原爆直後、焼け野原の広島の街を復興したいと願う市民の熱い思いがカープ球団の存続を守り、広島の街に明かりを灯したとも言える。その熱い精神が現在の広島東洋カープへの異常とも思える市民の応援に引き継がれている。

 広島の地に移り住んで早、35年。最初は、井の中の蛙とも思えるこの田舎街の偏重的な考え方を蔑(さげす)み、違和感を感じていた。カープの帽子は許されてもドラゴンズの帽子を被ったわが息子をとがめた学校に抗議したことも。転勤族が日曜日に集り、日頃言えぬ広島の悪口をさんざんしたことも。しかし井の中にどっぷり入ると、私自身も徐々に蛙となり、その人情も捨てたものではないと思えるようになった。

 地方創生、脱・一極集中が霞ヶ関で叫ばれて、やれ交付金だの、ふるさと納税だのの施策がなされているが、これらは小手先のまやかし行政と思えてならない。真の地方創生とは、街を思う市民の熱い思いと組織が基本だなぁと、広島の街にいてつくずく思う今日この頃である。





スポンサーサイト

マンションの安全性に関して




 連日報道されている横浜市の分譲マンションの基礎杭問題に関して、10月21日付で国土交通省から関係団体あてに要請が行われました。この要請は、連日の調査結果の発表や報道を鑑み、建築物等の安全性についての国民の不安払拭に万全を期するために関係団体あてに行ったものです。

  関係団体とは、不動産業団体・建設業者団体となっており、横浜市の分譲マンションにおける基礎ぐいに係る問題を踏まえた対応の要請として、以下のことが記されています。

 1.居住者等において建築物等に関する不安が広がることのないよう、売主、事業主及び元請企業として、居住者や国民の不安払拭のために積極的な対応を講じること。また、建築物の安全確保や居住者等の不安の増幅防止のために機動的な対応を図る必要が生じた場合には迅速かつ誠実な対応を速やかに講じること。

 2.旭化成建材(株)において、過去10年間のくい施工工事(約3000件)についてデータ改変等の調査が進められているところであるが、より確実かつ厳正な調査の実施を図るため、売主、事業主及び元請企業として主体的に調査を実施し、責任ある対応を行うこと。

  詳しくは下記のページをご覧ください。
「マンション建設に関する国交省の通達」
http://isabou.net/Convenience/aviso/index.asp

 現在、マンションに住まれている方、マンションを購入される予定の方でマンションの安全性に不安を覚えている方は、以上のことを念頭に、関係先に問い合わせるなどの対応をすることをお勧めします。




情報拡散の時代を生き抜くために






 『WHO理事会は2014年5月の理事会で“抗癌剤を用いる癌化学療法は極めて危険性が高く、加盟国政府に全面禁止を勧告する”と決議。一方、大量の抗癌剤の在庫を抱える日本の厚生労働省はWHOの抗癌剤禁止ニュースの配信を差し止めたという・・・・・』

 これは最近、Facebookに掲載された記事である。情報のソースは『「新医学宣言「いのちのガイドブック」』(船瀬俊介著)という本である。Facebookに掲載されると、たちまち3万人を超える人が“いいね”とし、さらに「え~、知らなかった」とシェアされて拡散増殖中である。

 その真偽を確認すべくネット検索していたら、ブログ「うさうさメモ」にたどり着いた。「うさじま」という名の女性が主宰するブログであり、科学・医療の気になる情報を調査して発信している。このブログにおいては、この件に関してWHOのHealth Topicや2014年理事会の内容を自ら翻訳して解説している。その結果として「WHOは抗癌剤を禁止する勧告は出していないし、2015年4月現在、化学療法を癌の治療法の一つに推している」と、この噂が偽りであると明言している。
(詳細はhttp://d.hatena.ne.jp/usausa1975/20150427/p1)


 私は個人的には抗癌剤治療に反対であり自然治癒力に期待したい考えであるが、Facebookのソースである船瀬俊介氏の著書を読んでいないし、2004年WHO理事会の内容を自ら確認して翻訳していないので、どちらが正しい情報なのか私には現時点で断定することはできない。

 似たような情報に、「牛乳は毒」論争がある。牛乳を飲むことによって体内のカルシウムが尿と一緒に排出されてしまうとか、骨粗しょう症にかかりやすくなるという情報である。某タレントがテレビ番組で自分の子どもには牛乳を飲ませないと発言したことが物議の発端である。同番組で内科医が「根拠がない話」と一刀両断する一方、昨年のイギリス医学誌でスウエーデン研究チームが「牛乳摂取量の多い人は少ない人に比べて寿命が短く、女性では骨折が増える」と発表しているらしい。

 この件をきっかけに牛乳を飲まない人が増加する一方、牛乳を推進する農水省と民間人が加わった「牛乳論争」が巻き起こり続けている。「牛乳は毒」論争には尾ひれがあって、すべての牛乳は微量ながら福島発の放射能を含有しているという情報が飛び交い、子どもを持つ母親の間では牛乳を子どもに飲ませない運動が進んでいる。また、各種NPO法人は各メーカーの牛乳製品のセシウムとストロンチウムの含有量を測定して公表し、そのことで健康被害との関係からさらに議論が過熱している。

 抗癌剤や牛乳だけではなく、今やこの種のとくにネガテイブでセンセーショナルな情報がFacebookやTwitterで飛び交っている。原発に関するもの、TPPに関するもの、安保法制に関するものなどもそうである。これら人の生命と財産に関わる情報の拡散によって、国民は惑わされ疑心暗鬼になり、社会の混乱を招いているといっても過言ではない。

 本来、人の生命と財産に関わるこれら情報は国の責任でもって正しい見解を示すべきである。しかし国の情報管理が信用できないとなれば、個人個人で情報拡散のこの時代をを生き抜く術を考えなければいけない。まずはそのような情報に一喜一憂しないで、冷静に真偽を見極める生き方が求められる。ソース(情報元)が信頼できるのか自ら確認すること。センセーショナルで新たな真理を見つけたような情報には警戒し、その理屈を確認することが必要である。そうしたことに時間をかけたくないという人や面倒だと言う人は、FacebookやTwitterなどに手を出さず、できるだけ情報を耳にしないことをお勧めする。知らないほうが良い場合もあるので、ある意味ひとつの賢い生き方である。いずれにしても、情報拡散のこの時代を生き抜くために、ひとりひとりが冷静に判断することが求められる。




軋轢(あつれき)





 どのような組織、団体、分野にも、昔から引き継がれし悪しき軋轢という風習がある。同じ組織、団体、分野にありながら、別々の村(集団、一派)を作り、互いに相手を非難したりの軋轢を展開する。建設関連においては昔から「建築」と「土木」の軋轢があり、横浜のマンション事件を見ていて、根本原因がそこにあるように思えてならない。
 
 次々に発覚する偽装の経過を見るにつれ、これは単に下請け会社の一個人の問題ではなく、もっと根が深い組織的なことが原因だと思う。なぜなら、下請け会社に偽装するメリットはなにもなく、基礎工事を発注した建設会社に非がなければ建設会社は悠然たる振る舞いをすればいいものをそうでもないからである。

 一般的にマンション建設工事は、地盤調査に始まり基礎工事、設計、建設、監理、販売という流れで行われる。マンション建設の中枢は設計・建設・監理にあり、これを担う建設会社が軸となる。同じ建設会社においても設計・建設・監理を担う「建築」と基礎工事や地盤調査を発注・監督する「土木」に分かれていて、昔から両者に軋轢がある。






マンション




 一級建築士の集団たる「建築」は地盤を扱う「土木」を見下げ、上から目線で指示する傾向にあり、「建築」が上で「土木」が下という上下関係が歴然とある。「建築」は常に顧客である販売会社の顔色を見て、工期などの要望に答えるために「土木」に無理難題を向ける。「土木」から上げられた地盤に関するデータに「建築」が詳細に目を通すことはなく、「土木」に意見を聞くでもなく独断で設計に走るのである。

 すなわち、マンション建設において最も基礎的で重要な地盤に関するデータがないがしろに扱われて淡々と設計・建築が進められているのが実情である。おまけに建築工事を監視すべき監理業務も同じゼネコンが行っているので、工事のチェックもままならない状況にある。建築基準法など建設に関わる法律やシステムの改正を国レベルで行うことが急務である。






横浜マンション事件に警告





 横浜のマンションにおいて沈下に伴う変状が発生し、その原因が地盤調査の不足と偽装にあることが判明した。この事件、私としては別に驚かないでいる。むしろ氷山の一角であると確信する。というのは、地質を扱う場末の私のところにもマンション建設に伴う地盤調査の報告書作成の依頼があり、長年の経験からそう思うのである。

 通常、長方形のマンション1棟を建設する場合、よほど地盤条件が面的に変化がないことが事前にわかっている場合を除いて、マンションの4隅に1箇所ずつ、計4本の地盤調査を行う。しかし、4本の地盤調査があった記憶が少ない。毎回、本数が不足して解析困難との忠告をするが梨の礫である。

 ということで緊急に、私が扱った最近のマンションをチェックしてみた。結果はA~Nの14棟のマンションのうち、地盤調査を4本実施しているマンションは1棟であった。平均では1.6本の地盤調査しか実施していない。つまり、マンション1棟に対して1本の地盤情報を4隅にまで展開しているマンションが多いのである。

 


地盤調査



 勿論、水平方向に地盤の変化が少ない場合はそれで難を逃れているだろうし、建設時に杭の入り方によって施工変更したものもある。しかし、基本的に地盤調査の数が不足しているのである。

 安価なマンションを建設して完売するための手立てとして、最も削り易く、しかしながら最も重要で基礎的な地盤調査を削除した結果である。建設許認可時にこれをチェックするシステムもなく、発覚しても処罰はないから、野放しとなる。

 他のマンションについて総点検を実施するらしい。しかし仮に問題が発覚しても、法的にも実務的にも完全に建替えることは不可能である。今既にマンションを購入していて変状が発生している場合は、管理組合を通じて建設時の地盤調査の詳細を請求・閲覧すべきである。また、これからマンションを購入する予定の方は、適正な地盤調査が行われているかどうか審査すべきである。場合によっては私が無償で協力することはやぶさかでない。





日本人の心の襞(ひだ)







 日本人を長らくやっていると、日本人っていいなぁと思う一方で、日本人って面倒くさいなぁと思うことも多々ある。それは概ね人間関係においてであり、自分のこともそうだし、他人の人間関係を傍でみててもそう思う。

 日本人というのは、人間関係において何かと摩擦を避けようとする。まだ摩擦が生じていないのに摩擦を予見し、その時点で相手と接触することを避けようとする。なんとなく気まずい雰囲気とか、なんとなく意見が合わないとか、なんとなく反りが合わないとかを察知し、うやむやのうちに縁遠くなる。

 なんとなくでもこうだから、意見が違うとか、相手の非礼とか、はっきりした理由があったらなおさらのことである。無論その場合は、意見の違いを追及することもなく、相手の非礼に抗議するわけでもなく、うやむやのうちに解消しようとする。

 抗議したり反論したり、意見の相違を議論したりしても溝が埋まることはないと確信している。そうすることによって返ってややこしいことになり、関係がさらに悪化し、自身が傷つくことを恐れているのだ。奥ゆかしいといえば奥ゆかしい。大人の人間関係といえばそれまで。上手な人付き合い法といえばそうなのかも知れない。ただ私としては、そういうことに不満を禁じえないことがある。

 同じことを欧米人と比較した場合、恐らくであるが、彼らはどういうことなのかを追求し、議論を求め、場合によっては相手に抗議をするであろう。そして、とことん議論を尽くした上で白黒決着して着地点を見出すであろう。当然のことながらその結果、完全決別もあるし以前より信頼関係が生まれることもある。

 人間関係に限らず、物事の解決方法における日本人と欧米人の違いは、狩猟民族と農耕民族、大陸文化と島国文化によるの血の違いであろう。日本人の中にもうやむやを嫌う人間がいて、そこで忸怩たる思いの不完全燃焼の決着となることも多い。私もどちらかと言えばはっきりしたいタイプであり、自分でもゲルマン民族の血が混じっているとさえ思うことがある。


 日本人の人間関係の処方と欧米人のそれと、どちらが賢いのかどちらが良いのか一概には言えない。ただ、人間関係も社会環境も益々多様化・システム化し、凄まじいスピードで変動している現代において、従来どおりの日本人の人間関係や物の考え方を押し通して済むのかというと、少し疑問に思う。否が応でも白黒決着すべきこと、否が応でも人間関係の清算が求められること、曖昧では通せないことが多くなるのではと思う。素朴で朴訥とし機微に富んだ日本人らしい人間関係を残しつつ、明確化を求められる機会に備えるとしよう。




野菜生活








 健康診断の結果、糖尿の気があると診断された。細身で甘いものをほとんど食べない私にとっては、まさに青天の霹靂、狐につままれた思いであった。総合病院の糖尿内科で詳しく検査した結果、血糖値とHbA1cの値とも確かに糖尿病判定の限界値に達していたので、要経過観察と相成った。

 では何が原因なのかと栄養相談を受けた結果、どうもアルコールが原因のようである。だって糖質ゼロのビールと糖質ゼロの焼酎を主に飲んでるのになんで、と反論する。すると、焼酎は糖質ゼロであってもアルコール類の中でカロリーが一番高く、アルコールの度数が進むとインスリンの分泌を低下させ、結果、血糖が下がらないという。関連して肝機能や高血圧にも影響があるという。若くて可愛いドクターの的確な分析に納得した。

 では、どうする。酒なんか絶対に止められないし、焼酎止めて日本酒一辺倒にしたらそれこそもっと血糖値は上がる。では今までどおり酒飲んで改善する方法は何かと、あくまで強気。ネットを駆使していろいろ模索した結果、たどりついたのが野菜生活である。

 それまで進んで食べなかった生野菜をその日から大量に食べるようにした。キャベツ、青紫蘇、キュウリ、キャベツ、ダイコン、ニンジン、玉葱、赤カブ、とうもろこし、パプリカなどを切り刻んで別々のタッパに保存し、毎食、ボウルにトッピングして食べるようにした。問題は食べる順番であり、最初に食べるのがポイント。それに加えて、ニンジンりんごジュースを飲み始めた。

 野菜生活を1ケ月も続けると、生野菜がほんとうに美味しいと思えるようになった。そして再検査した結果、血糖値はものの見事に改善された。血圧も初診の前後で歴然と低下していた。そして2ケ月後の検査でも改善状況の持続が確認され、もう総合病院に来なくていいからと、若くて可愛いドクターに見放される結果となった。今になってつくづく思う。あれがヨボヨボのドクターでおぼつかない説明だったら、頑張れなかったなぁと。頑張った動機がいささか不純であるものの、結果よし。





血圧


プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR