トンネルを抜けたその先





 ここ1ケ月間、夢遊病者の如く、夜な夜な会社に出ては仕事を続けてきた。異国の地のプロジェクトに携わることになったからである。それこそ、寝る間も惜しみ不眠不休で没頭してきた1ケ月間であるが、ここにきて、ようやくトンネルを抜けた。この間、ちっとも身体はきついとは思わなかった。それどころか、使命感に充足され、探求心に自己陶酔し、心地よいとさえ思った。好きな仕事をしていられることに、改めてありがたいと思う。

 そんなわけで、ブログも長い間お休みした。この間の世の移ろいに疎く、季節の移ろいにも不感症であった。ようやくトンネルを抜け出て、気がつけば既に盛夏。異常気象のせいなのか、歳のせいなのか、「例年になく今年の夏は暑い」をまた今年も更新している。世間を見渡せば、国会ではなにやら戦争法案なるもので騒々しい。国民に不人気なその戦争法案を是が非でも通したいあまりに、同じく不人気な新国立競技場計画を白紙撤回すると言う。もっとも、そんな見え透いた愚策は国民はお見通しであり、内閣支持率は右肩下がりとなっている。

 それにしてもなんだね。新国立競技場の白紙撤回によって、関係者の責任逃れの撤退の早いこと。なかんずく、「私はかえって迷惑している」発言には呆れてしまうね。仮にも元総理。日本を背負う政治家の自覚もなければ、品位のかけらもないね。それに、銀座のぼったくりバーのママみたいな人から毒牙の洗礼を受けて、足を洗えず関係者が右往左往しているさまは、なんとも情けないね。どうやらビールも飲まないのに法外な請求をされているとか。
 
 トンネルに入る前からギリシャ問題は承知していたが、トンネルを抜けると、結局は最悪のシナリオに落ち着きそうな事態を知る。まあね、あんなプライドだけ高くて働かない国民に、貸す方も貸す方だろうと思うが、ことはEUだけに収まらないので、いずれ日本にも飛び火するだろう。中国の減速と相まって、世界経済は当分、不安定な乱高下が続きそうである。

 そんなわけで、トンネルを抜けたその先は、暑くて騒々しくて不安定な世情である。私もボチボチと日常生活を取り戻していこうと思う。





スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR