「すずめ」から「めじろ」へ





 鳥の話ではありません。「すずめ」とは、広島市民なら誰でも知っている中華そばのお店の屋号なのです。広島市内の平和大通りに近い天満川に面したところにある、目立たなくて小汚い小さなお店なのです。私が住んでいるところからだと車で30分はかかりますが、食べたいとふと思いつくと居ても立っても居られなく、自然に車が向いている、そんな感じのお店です。

 ここのラーメンは生粋の広島醤油豚骨ラーメンです。脂っぽくない醤油豚骨出汁に、麺は細めのストレート麺、具は多めの自家製チャーシューに茹でもやしと刻み青ネギとシナチク。いたってシンプルでオーソドックスなのです。





すずめラーメン



 博多の長浜ラーメンのような脂ぎった豚骨出汁でもなければ、名古屋のあっさりした薄口醤油出汁でもなく、東京のようなラーメン紛いの擬ラーメンでもありません。こくがあり、どんぶりを抱えて最後の一滴まで吸いたい出汁なのです。店には一応レンゲを置いていますが、レンゲを使う人や出汁を残す人は、よそ者だとジロリと睨まれます。

 よく東京なんかで、太いもやしとか、人参、玉ねぎ、煮玉子、ワカメ、ストかまぼこ、ほうれん草などが入ったラーメンを見かけますが、そういうのは邪道です。ラーメンはあくまでシンプルでなければなりません。出汁が主役でそれを引き立てる麺と具でなければなりません。

 私のラーメン談義はさておき、この「つばめ」は変わったお店です。戦後しばらくしてオープンした60年の創業だそうですが、その当時から開店は午後3時。限定400食、なくなり次第弊店し、午後5時には閉店のときもあります。スープに納得できなくてお店を開けない日もあります。メニューは中華そばと瓶ビールのみ。中に入ると整理券を受け取り、即座に一(杯)とか二(杯)とか注文をしてさっと席につかねければなりません。そのリズムが狂うと客に顰蹙を買います。広島人は全般にイラッチなのです。

 次から次に客が途絶えることなく行列ができるときもあります。天満川沿いに自家用車の他に、タクシーやトラックも違法駐車しますが、違反で捕まることはありません。どうもお店周辺は違法駐車特区のようです。



すずめ行列




  ところが、この「すずめ」が後継者の体調不良で今年4月末に閉店したのです。これまでも店舗拡大の話が幾たびかあったようですが、自分の眼の届かないところでの営業は味を守れないと頑なに断ったようです。昨年末から閉店話が噂され、常連客の中から店の味を絶やしてはいけないとの話が盛り上がり、ついに常連客の中から後継することになったそうです。最初、今のオーナーは頑固として首を横に振らなかったのですが、数ヶ月修行を積んで味に納得できたたら許可することになったそうです。そして今年2月から3ケ月間、修行を終えて無事オーナーの許可が下り、昨日、6月18日後継店がオープンしました。その名が「めじろ」です。

 たかが中華そば店の話ですが、味へのこだわり、後継することの難しさ、中華そばを通しての人間の営みなど、感慨深いものです。それというのも、中学生時代にラーメンの屋台を押しながら嫌というほど中華そばを味わった経験から、私には中華そばの味へのこだわりが人一倍あるからです。それに、味へのこだわりから店をよく閉店していた育ての親父の姿が「すずめ」の親父と重なったからでもあります。





スポンサーサイト

覚悟の受け皿






 口永良部島の噴火と避難から早2週間以上が過ぎた。屋久島に避難している住民の一部が避難所から町が用意した町営住宅へ入居を開始するなど、早くも避難は長期化の様相を呈している。気象庁が一旦出した避難指示を解除するには、噴火状況など眼で見える変化とともに、それ相応の具体的な裏づけデータが必要となる。無論、常時収集可能な地震回数の減少も有力な判断基準となるが、決定的には山体の地下温度や歪といった噴火に関わる直接的なデータが決め手となる。しかし、その詳細なデータを得るには今の観測体制では無理である。ということは、新たに観測機器の設置が必要であり、それには長期を要する。つまり、長期の避難は必至ということになる。

 長期の避難は誰のせいでもない。国を責めても始まらない。避難解除を出そうにも出せない国の事情もある。しかし現実問題として、長期避難となれば住民それぞれに苦悩を伴い、場合によっては自己責任でもって島に帰りたいという方も出よう。家畜も家族であり、どうしても牛や鶏を見放すことができない人もいよう。島ならではの生活様式でないと体が順応できない人もいよう。それよりも何よりも、生まれ育った島から離れたくないという思いを募らせる住民もいようと思う。人生設計を左右する案件に真剣に考え抜いたあげく、覚悟をもって島に帰りたいという人が仮に出た場合、誰が止めることができるであろうか。人間が自由に生きる権利を誰が剥奪することができようか。そのような場合、無論、自己責任を明確にした上であるが、それを許すことしか方法はあるまいと思う。

 2000年に噴火した三宅島の噴火に伴う全島避難においては、避難指示が解除されたのは実に4年半振りのことである。子どもの成長を考え合わせれば、何もかも生活様式を一変させるに足る4年半である。この間、住民はどのように人生設計を修正して、どのように実行できたのか。4年前の東日本大震災以降も、我々は繰り返し、避難指示と人生設計の選択に苦悩する人々を見てきた。彼らの必死の決断に周囲はどのように答えたのか。

 事は災害に限らず、我々は自身の人生設計を大きく変える決断をしなければならないときがある。例えば、会社をリストラされたときに、今後どのようにして家族を守る方法を選択するのか。自身が癌に侵されたときに、どのような治療を選択するのか。家族が重篤な病に陥ったときに、介護のために人生設計をどのように軌道修正するのか。いろいろな人生における重大な岐路の局面において、人は覚悟をもって選択を決断するときがある。また決断しなければならないときがある。そのとき最も必要なものは、本人の覚悟を認めて受け止める受け皿であろう。家族であり兄弟であり、友人や仲間であり、もっといえば病院であったり社会であったり国であったりもする。生きるための本人の選択と覚悟を最も尊重し、それをしっかりと受け止めることができる人や組織の受け皿でありたい。口永良部島の避難に関するニュースを見ながら、ふと、そういう風に思った。




ドローンへの思い






 今、何かとお騒がせのドローンであるが、私にとってドローンの出現は感慨無量の思いでいる。というのは、私の仕事の中には、切り立った断崖斜面を観察したり、災害直後の斜面を調査したり、広大な地すべり斜面を調査することが多々あり、そんな場合、鳥の如く飛んでつぶさに見れたらどんなにいいだろか、そんな思いがずっとずっと焦がれてきたからである。

 そんな願いから、鳥になって山から山へとすいすいと飛ぶ、そんな夢を常々、何度も見てきた。現実には相当危険な斜面を恐る恐る登ることもあるが、断崖絶壁の場合はプロのロッククライマーにお願いする。といっても、所詮は人任せでやるせない。




クライミング



 どうしても岩壁を真近に見たいとの思いから、20年前、泥臭いひとつの試みを行なった。高価なラジコンを買う資金はなく、さりとてゆっくり考えている暇もない。だったらと、ゴミ袋気球なるものを試作した。

 家庭用ゴミ袋にヘリウムを吸入して閉じた気球にカメラを搭載し、糸をつけて下からカメラ操作するものである。安価で手軽なのだが難点が多い。カメラの向きまで操作できないし風に左右される。そこで早朝の凪(風がぴたりと止む一瞬)を狙って気球(ゴム袋)を浮かせて写真を撮りまくる。この方法で使える岩壁の写真数枚から立体画像を作成して、それをもとにスケッチした。

 そのときの苦労からすれば、ドローンは夢のような機器である。比較的安価に手に入り、風に関係なく好きなときに飛ばせる。それも垂直に飛び立って水平移動できる。まるでオスプレイの模型版のようである。これだと垂直に切り立った岩壁のスケッチも可能だし、災害発生直後の現状確認もできる。

 実際に、昨年起きた広島土砂災害においては、ドローンが災害直後の画像を空から送信し大活躍をした。GPSや赤外線の搭載によって、遭難者の捜索、災害の規模算定、測量図と用途はさらに広がる。さらに馬力が増えることで、緊急物資の輸送へと用途が広がり、ドローンの可能性は留まるところを知らない。
 
 ドローンを飛ばすことに対する規制がない現状、ドローンによる事故が問題になっている。しかし、ドローンによる夢の実現を阻害することがないようにしてもらいたいものである。過日、純国産飛行機YS11が復活した。ドローンから宇宙船へと、空への男のロマンは果てしない。





プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR