「余震」と「予震」






 大きな地震の後に、残されたストレスが徐々に発散する地震が「余震」である。一方、大地震の前にはその予兆を知らせる地震があると言われ、それを「予震」という。ただし、気象庁および日本地震学会は「予震」という定義を認めたがらないようである。

 「余震」と「予震」の違いは、「余震」は本震に比べて規模が小さく時間とともに規模も頻度も少なくなりやがて消滅するのに対して、「予震」は来るべき大地震の前兆であることである。従って、「余震」が想定内のある意味安心できる地震であるのに対して、「予震」は将来の大地震を予兆する非常に不安な地震といえる。そういう意味で、「余震」と「予震」は絶対的に性質が異なるのであって、「余震」とみなすのか「予震」とみなすのかによって事の重大性は正反対に違ってくるのである。

 さて、2011年3月11日の東日本大震災以降、4年が経過した今もなお東北・関東を中心に地震が多発しており、昨日も関東地方で最大震度5弱の地震が発生した。昨日の地震も含めて、気象庁は3.11以降に東北・関東を中心に発生した地震をことごとく3.11の「余震」としている。

 しかしながら気象庁は、震源の深さと場所、時間系列、メカニズムなどの観点から、3.11の「余震」で間違いないという明確な証拠を示していない。気象庁に限らず、学会も大学も多くの学者も「余震」として処理している。なぜなら、「余震」として片付ければ説明が楽だからであり、国民に要らぬ不安を煽り面倒なことにならないからである。

 人心を惑わせ要らぬ不安を煽ることがいいわけがない。しかしだからといって、3.11と同等以上の大地震の「予震」の可能性について言及しないで済むはずがない。軽々と「余震」を言うなかれ。あくまでも「余震」を貫くならば、明確な証拠を示すべきである。

 「余震」と「予震」、たったひとつの字の違いで明暗を分けるのである。国民は余りにも予断をもって事の真相を見間違えることのないようにと願うばかりである。ついでながら、人の愛にも「予震」と「余震」がある。愛の予感と愛の残り火。




スポンサーサイト

ユッタリズムの勧め




 今の世、知りたいことの大概はパソコン検索という万能の武器で調べることができる。そのせいで、辞書や書物で地道に調べる機会がめっきり減った。検索によっていとも簡単に調べることができる便利さはあるものの、苦労して調べない分、忘れるのも早い。書き留めないから頭に残らないというデメリットもある。

 今では文章も表計算も、すべてパソコン上で処理する。紙の上よりはるかに早く正確であり、訂正や編集が容易である。しかしその代償として、漢字が書けなくなってきている。暗算ができなくなっている。思考する機会が少なくなっている。

 昔は天気や気温の変化を肌や五感で感じ、花鳥の移ろいを見て悟った。それによって雨具や日傘を用意したり、服装を変えたり、身支度したりしたものだ。それが今では、移り行く天気や気温、雨雲の変化まで、刻一刻とスマホで知ることができる。

 すべてがこの調子で、今や何から何まで、至れり尽くせりの時代である。欲しいものをいつでも手に入れることができ、調べたいことをいつでも知ることができ、その場で予約し、その場で決済することができる。さらに将来、科学技術の加速度的な進化によって、この今ですら想像できないことができる時代になるであろう。

 こんな時代に生きていて、大いなる危機感を覚える。考えることが苦手になり、想像力が低下し、大切なものを忘れ、五感が低下し、なによりも人として生きる基本的な姿勢が失われることへの危機感。人間は万能であるという錯覚に陥り、いつかまた自然の猛威に襲われるであろう危機感。人類が開発したコンピューターによって人類自身がサイバー攻撃を受けるであろう危機感。

 こうした危機感から逃れるため、できるだけ日常生活の中にユッタリズムを取り入れようとしている。携帯電話も通じないテレビもない山小屋にたまに篭るのもそのひとつである。薪ストーブを炊いて、山菜を取って、ぼんやりと過ごす生活の中で、自身の人生の見落とされていた何かを感じることがある。

 仕事では難しい解析や計算をたまには手計算でやってみる。すると、計算の本筋が理解できて、パソコンの計算結果を鵜呑みにする過ちを防ぐことができる。毎日、日記を手書きで書く、新聞の活字を何度も読み返す、知らない言葉をいちいち辞書で調べて帳面に書き留める、料理はレシピに頼らず舌で覚える。できるだけ自然に親しみ、花鳥の移ろいに五感を研ぎ澄ます。昔の大学時代のノートや苦労して作って綴じた資料を取り出して読むと、記憶が甦り新鮮さを覚える。

 能率的でスピーデイーな現代だからこそ、たまには非効率的なやり方でゆったりと過すのも良い。これからも、時代に逆行したユッタリズムをできるだけ生活の中に取り入れようと思う。





謝罪と反省




 ガキの喧嘩であれば、どちらが先に手を出そうが喧嘩両成敗となる。武士道の世界においても、またしかりである。しかしそれが国同士の喧嘩となれば、そうもならないらしい。互いに虐殺し合った国同士の戦争の場合、どちらに戦争の大義があろうとも、どのような非合法な手段を使おうとも、勝者が正義であり敗者が不正義となる。この理不尽な暗黙のルールは、勿論、戦勝国によって作られたものである。

 先の大戦の責任に対して隣国はわが国に謝罪するように再三求める。それも総理が代わるごとに、何度も何度も執拗に繰り返し求める。過去に戦後補償を済ませ、求めに応じて謝罪した歴代総理もいるにもかかわらずである。そして今なお謝罪を強要する。世界が民主主義の潮流にあってなおこの現実である。これが国というもの、これが戦争というものである。

 安倍首相の米議会演説に万雷の拍手が浴びせられ、日米の絆が強固であるという精神が米議会議員の大方に受け入れられたようである。しかし、演説の中で先の大戦に対する反省の表明はあったものの、謝罪の言葉はなかった。「反省」は自動詞であり自身の行為を指し、「謝罪」は他動詞であり相手に対する行動である。安倍総理の考えの根底には、戦争を引き起こしたことへの反省は大いにするが、どちらが悪いかというとお互いさまだとの考えがあるのだと思う。その結果が、反省はするが謝罪しない理由だと推測する。

 ある世論調査によると、日本人の50%が謝罪を述べる必要はないと答え、30%が反省する必要すらないと答るという。つまり大多数の国民が謝罪することに「ノー」と言う。では、どうするのがいいのか。あくまでも謝罪を拒否するのか。謝罪する気持ちがなくとも隣国と仲良くするために上辺だけでも謝罪した方がいいのか。それとも理不尽を承知で、「我々は一方的に侵略して多大な不幸を招いた」と断腸の思いで謝罪するというのか。

 そこで問題になるのが「勝者が正義、敗者が不正義」という論理である。この理不尽な論理が通用するというなら、ベトナム戦争の終結はどのようになったというのか。サイゴン陥落によって、アメリカは共産主義陣営に謝罪したというのか。大義なき戦争と言われたアフガニスタン戦争やイラク戦争はどのように終結し、誰が誰に謝罪したというのか。先の大戦以降、どの戦争においても誰も謝罪していないのである。

 そもそも「勝者が正義、敗者が不正義」という考えがある以上、戦争はなくならない。「戦争そのものが不正義」という考え方を共有し、戦争に対する新しい秩序構築が芽生えない限り、世界の平和は訪れないと考える。その糸口となるような戦後70年談話になって欲しいと願うばかりである。





プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR